八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「不登校」の検索結果は以下のとおりです。

不登校対策 新規3事業を提案

不登校児童生徒の支援不登校児童生徒の支援
石垣市検討会議 家庭教育支援員など配置
 増え続ける石垣市の不登校児童の現状と課題を検証し、改善策を検討する「不登校対策支援事業検討会議」(大濱民江議長)は、9日午後、市教育委員会の石垣安志教育長へ報告書を提出し、新規3事業を提案した。複雑多様化する不登校の要因に多角的に対応するため、新たに▽カウンセラー(臨床心理士)▽家庭教育支援員▽別室登校支援員|を配置し、不登校の未然防止、学校復帰などの支援体制強化を図るもの。いずれも20年度以...
本文を読む

不登校、過去5年間で最多 市教委、早期対応呼び掛け

不登校児童数不登校児童数
兆候ある子どものケアも
 年間欠席日数が30日を超える不登校が石垣市でも増え続けており、2018年度は129人(児童42人、生徒87人)と過去5年間で最多となっていることが、市教育委員会のまとめで分かった。人間関係の悩みのほか、長期休み明けに生活習慣の乱れや宿題をこなせなかった自責などから不登校につながるケースが多い。学校教育課は「1日の欠席でも必ず家庭へ連絡を。子どもたちの少しの変化を見逃さずに声をかけ、早期発見、早...
本文を読む

不登校支援員、来月から2校に配置—石垣市

市不登校対策等支援員配置モデル事業の配置校検討委員会で話し合う委員たち=7日午後、市教委市不登校対策等支援員配置モデル事業の配置校検討委員会で話し合う委員たち=7日午後、市教委
効果的対策検証へ
 不登校やいじめなどの未然防止、早期発見・対応に取り組み、教職員と連携して児童生徒の支援を行うスクールライフサポーターが本年度から石垣市に導入され、6月から真喜良小学校に1人、石垣中学校に1人の計2人配置される予定だ。市では昨年度、不登校の児童生徒が122人に上り、過去5年間で最多を記録。このため、本年度から不登校対策等支援員配置モデル事業をスタートし、サポーターを配置して不登校の早期発見や対応...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム