八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「マンゴー」の検索結果は以下のとおりです。

石垣島の夏の味 全国へ パイン、マンゴー出荷式

出荷式でパインとマンゴーを運ぶ関係者。今年度の出荷目標は6万個=21日午前、八重山郵便局駐車場前出荷式でパインとマンゴーを運ぶ関係者。今年度の出荷目標は6万個=21日午前、八重山郵便局駐車場前
出荷目標は6万個 八重山郵便局
 日本郵便㈱八重山郵便局(西里博務局長)は21日午前、局駐車場前で2019年度「パイン・マンゴー出荷式」を行った。式には行政や関係企業・団体の代表らが出席し、石垣島夏の味覚の全国出荷を祝った。関係者によるとパインは豊作でマンゴーは例年並み。今年度は6万個の出荷を目指している。  主催者あいさつで西里局長は、「今年のパインはよくできている。玉が大きいので喜ばれると思う」と特徴を述べ、「八重山の...
本文を読む

夏の味覚 全国へ届けます

石垣島産パインの「ゆうパック」を発送車両に積み込む関係者ら=21日午前、八重山郵便局石垣島産パインの「ゆうパック」を発送車両に積み込む関係者ら=21日午前、八重山郵便局
パイン・マンゴー
八重山郵便局が出荷式
 石垣島の夏の特産品パイナップルとマンゴーの旬を全国にPRしようと、日本郵便㈱八重山郵便局(西里博務局長)は21日午前、同局でパイン・マンゴーゆうパックの出荷式を行い、出席した生産農家など関係者らが、夏の味覚の本格的な出荷シーズン到来を喜んだ。ことしの同局の出荷目標は、パイン4万7000個、マンゴー1万3000個、合わせて前年実績を約1万個下回る6万個を計画している。同日までにパイン約2200個...
本文を読む

本格的な収穫可能に JA生産部会

共選マンゴーの出荷を喜ぶJAマンゴー生産部会の部会員ら=1日午後、JAおきなわ磯辺集荷場共選マンゴーの出荷を喜ぶJAマンゴー生産部会の部会員ら=1日午後、JAおきなわ磯辺集荷場
共選マンゴーを初出荷
 JAを通じた一元集荷、市場出荷を目的に2014年5月に設立されたJAおきなわ八重山地区営農振興センターマンゴー生産部会(仲本長照部会長、会員12人)は1日、共同選別品の出荷を開始した。JAが全量を買い取り、ファーマーズマーケットゆらてぃく市場などで販売する。部会発足3年目の今期から本格的に収穫できるようになっており、3~4㌧の出荷量を見込んでいる。  JAは国の特定地域経営支援対策事業を導...
本文を読む

過去最高229㌧見込む

八重山地区の2017年産マンゴーは過去最高の229㌧の生産が見込まれている=2013年6月11日(資料写真)八重山地区の2017年産マンゴーは過去最高の229㌧の生産が見込まれている=2013年6月11日(資料写真)
17年八重山地区の生産マンゴー
来月中旬、収穫ピーク
 【那覇】県農林水産部は20日、県内の2017年産マンゴーの生産見込み(13日調査時点)を発表した。八重山地区は、昨年が不作だった反動でことしは過去最高の229㌧を見込む。県全体でも2055㌧とかつてない生産量を予測する。収穫期のピークは、加温栽培が7月上旬、無加温栽培は7月下旬(八重山は7月中旬)の見通し。  各地区の生産状況は5地区全てで増産。平年と比べて本島北部は38%増の570㌧、中...
本文を読む

南国の味覚 全国へ

八重山特産のパインとマンゴーの「ゆうパック」を全国に向けて発送する関係者=14日午前、八重山郵便局八重山特産のパインとマンゴーの「ゆうパック」を全国に向けて発送する関係者=14日午前、八重山郵便局
パイン、マンゴー「ゆうパック」出荷式
八重山郵便局、8万個目標
 八重山特産のパインとマンゴーの「ゆうパック」出荷式が14日午前、日本郵便㈱八重山郵便局(平良貢一局長)で行われた。同局によると、ことしの出荷式は昨年に比べて15日早い。昨年は台風などの外的要因が少なかったことでことしは例年よりも豊作となり、出荷量の大幅増を見込んでいる。本年度のゆうパック目標総取り扱い個数は昨年度実績を1万8545個上回る8万個としている。出荷式には航空輸送を担当する企業や生産...
本文を読む

直撃免れ、農家命拾い 台風1号

マンゴーの生育状況を確認するバラビドー観光農園の上間昇代表=7日午後、同園マンゴーの生育状況を確認するバラビドー観光農園の上間昇代表=7日午後、同園
早めの収穫作業で対応
 石垣島への直撃が懸念されていた台風1号の影響で7日は市内農家らも対応に追われた。登野城でマンゴーなどを生産販売するバラビドー観光農園(上間昇代表)では収穫作業を早めて対応し、直撃を免れたことに上間代表(77)は「安心した」と胸をなで下ろしていた。  約4㌶の畑でマンゴーを生産している同園の出荷は今月中旬がピーク。6、7の両日は、通常、午後に行う収穫作業を午前に早め、ハウスにも台風対策を施し...
本文を読む

マンゴー29%収穫減 八重山地区133㌧

色づき始めたマンゴーの実。農家は袋がけ作業に忙しい=25日午後、石垣市嵩田地区内のマンゴーハウス色づき始めたマンゴーの実。農家は袋がけ作業に忙しい=25日午後、石垣市嵩田地区内のマンゴーハウス
ピークは来月中下旬
 【那覇】2016年産マンゴーの生産は、県農林水産部が13日に調査を行った時点で、八重山地区では2014年比29%減の133㌧の収穫が見込まれている。県内5地区全体では同比33%減の計1292㌧。八重山マンゴー研究会の金城哲浩会長は「前年と比べると生産量は6割程度ではないか。農家によってばらつきがある」としている。11、12月の気温が前年より1.2~2.5度高く、1月に寒波に見舞われたことが収穫...
本文を読む

マンゴー収穫量減少か 開花率低く影響懸念

例年だと一面、黄金色に輝いているマンゴーハウス。今期は開花率が悪くなっている=16日、石垣市内のマンゴーハウス例年だと一面、黄金色に輝いているマンゴーハウス。今期は開花率が悪くなっている=16日、石垣市内のマンゴーハウス
7月出荷ずれ込む可能性も
 今期のマンゴーは、開花が遅れた上、開花率も低くなっており、収穫量への影響が懸念されている。宮古でも同様の傾向にある。八重山農林水産振興センター農業改良普及課が調査中で全体的な数字は把握されていないが、生産農家によると、開花率が3割程度にとどまっているハウスも。八重山マンゴー研究会(32経営体)の金城哲浩会長は「7月10日前後の出荷ピークがずれ込み、収穫量も落ちるのではないか」と心配顔だ。 ...
本文を読む

「完熟マンゴーどうぞ」 関東圏へ80㌔初出荷

関東圏向け初出荷されるマンゴーとJAおきなわ八重山支店マンゴー生産部会の会員ら=23日午前、八重山地区営農振興センター野菜集出荷場関東圏向け初出荷されるマンゴーとJAおきなわ八重山支店マンゴー生産部会の会員ら=23日午前、八重山地区営農振興センター野菜集出荷場
JA八重山
 昨年5月に発足したJAおきなわ八重山支店マンゴー生産部会(仲本長照部会長、会員6人)は23日、初荷のマンゴー80㌔を関東圏に向け出荷した。  マンゴーはこれまで、ゆうパックなどで農家が消費者に直接販売しているが、同生産部会ではJAの系統出荷に乗せることで、市場の拡大や大口契約の獲得、価格の安定が図れるとしている。  今期は会員6人が40㌃から収穫、7月末までに1.5㌧の出荷を見込んでい...
本文を読む

パイン、マンゴー出荷 西表島郵便局

ゆうパックの引き渡しなどを行う出席者ら=6日午後、西表島郵便局前ゆうパックの引き渡しなどを行う出席者ら=6日午後、西表島郵便局前
目標は3万1000箱
生産農家ら腕まくり
 【西表】八重山を代表する夏の味覚・パイナップルとマンゴーのゆうパックの出荷が始まり、西表島郵便局(赤山健治局長)で6日、パイン・マンゴー出荷式が行われ、生産農家や関係者らが本格的な出荷開始を祝った。同局では昨年実績を1000ケース上回る3万1000ケースを今年の目標にしている。八重山郵便局でも24日に出荷式を行う。  西表島のパインは6月10日ごろから7月上旬がピークになる見通し。マンゴー...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム