八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「フルスト原遺跡」の検索結果は以下のとおりです。

広場整備、来年度完了へ フルスト原遺跡

国指定史跡のフルスト原遺跡。写真中央奥の崖下に広場が整備される=2015年3月25日(石垣市教育委員会文化財課提供)国指定史跡のフルスト原遺跡。写真中央奥の崖下に広場が整備される=2015年3月25日(石垣市教育委員会文化財課提供)
歴史遺産の活用を期待
 大浜地区に数多くある文化財を紹介する大浜地区歴史遺産活動事業で石垣市教育委員会は、国指定史跡フルスト原遺跡の崖下で計画する「大浜地区歴史遺産広場」(仮称)の用地を取得し、本年度内で整地と構造物の実施設計を終え、来年度で整備を完了させる予定だ。文化財課によると、インフォメーション広場や駐車場、芝生広場を備えた広場となる。フルスト原遺跡は八重山地方独特のものとなっているが、これまで駐車場が確保され...
本文を読む

フルスト原に大勢の市民 十数年ぶりに遺跡説明会

フルスト原遺跡の出土品に見入る子どもたち=20日午後、同遺跡フルスト原遺跡の出土品に見入る子どもたち=20日午後、同遺跡
石垣市教育委員会
 国指定史跡フルスト原遺跡説明会(石垣市教育委員会主催)が20日、現地で開かれた。説明会の開催は十数年ぶり。約150人の市民が参加し、市教育委員会の学芸員から遺跡の概要や調査の成果、整備方法について聞くとともに、土器や中国産陶磁器などの出土品に見入っていた。  フルスト原遺跡は1978年に国史跡に指定。集落遺跡で石塁(石積の囲い)遺構が連結している。市教委は92年から発掘調査・保存修理事業を...
本文を読む

公園整備来年度完成へ フルスト原遺跡

国指定史跡のフルスト原遺跡(中央の石積が4号石塁遺構、右奥が1号石塁遺構)写真中央奥の崖下に公園が整備される=3月25日(石垣市教育委員会文化財課提供)国指定史跡のフルスト原遺跡(中央の石積が4号石塁遺構、右奥が1号石塁遺構)写真中央奥の崖下に公園が整備される=3月25日(石垣市教育委員会文化財課提供)
大浜地区歴史遺産活用事業 駐車場や散策路など計画
 国指定史跡フルスト原遺跡の崖下約3000平方㍍に駐車場付き公園を石垣市が整備する大浜地区歴史遺産活用事業は、来年度に工事が行われ、同年度内に完成する見通しとなった。当初は本年度で工事を行う予定だったが、用地取得に時間を要しているため、来年度に先送りすることを決めた。2015年度当初予算に計上していた工事費3737万円は12月定例会に上程している一般会計補正予算案で減額している。 市教育委員会文...
本文を読む

「フルスト原」崖下に公園 石垣市

フルスト原遺跡の崖下にあるコンクリート柱と説明版。右側のトンネル壕を遺跡と勘違いする観光客もいるという=18日午前フルスト原遺跡の崖下にあるコンクリート柱と説明版。右側のトンネル壕を遺跡と勘違いする観光客もいるという=18日午前
歴史遺産を活用、駐車場も整備へ
 国指定史跡フルスト原遺跡の崖下約3000平方㍍に、駐車場を備えた公園広場が、2015年度に整備されることになっている。市が一括交付金を活用した大浜地区歴史遺産活用事業として整備するもので、観光客ら来訪者のアクセス環境を改善するほか、フルスト原と周辺の井戸や御嶽を歴史遺産として活用する考え。地域からも「フルスト原遺跡の近くには駐車場が必要だ」との声が挙がっていた。  市教育委員会文化財課によ...
本文を読む

17年から一部開放へ 国指定フルスト原遺跡 史跡の利活用を促進

復元された石塁。屋敷囲いとしての要素が強いと言われている=20日、フルスト原遺跡復元された石塁。屋敷囲いとしての要素が強いと言われている=20日、フルスト原遺跡
保存修理から22年 2億7000万円余を投入
 1978年3月3日に国指定の史跡となり、石垣市教育委員会が92年から保存修理事業を続けている大浜地区北方のフルスト原遺跡は、これまでに石塁遺構(石積み)15基のうち7基が復元されるなど、外観をあらわにしている。市教委文化財課によると、石塁15基のうち復元していない8基については現状のまま残す計画。今後は園路整備、リーフレット作成、説明板設置のほか史跡外に駐車場、広場の整備を行い、2017年度に...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム