八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「ダイビング」の検索結果は以下のとおりです。

石垣島が1位、18年連続

第18回ダイブ&トラベル大賞2018の受賞者ら=6日午後、池袋サンシャインシティ(八重山ダイビング協会提供)第18回ダイブ&トラベル大賞2018の受賞者ら=6日午後、池袋サンシャインシティ(八重山ダイビング協会提供)
国内ベストダイビングエリア
7位に西表、15位に与那国
 ダイビング専門誌「マリンダイビング」の読者投票などで選ぶ第18回ダイブ&トラベル大賞2018で、石垣島が国内のベストダイビングエリアで18年連続で1位を獲得した。2位の宮古島に600票以上の差。7位に西表島、15位に与那国島、29位に黒島と波照間島がランクインした。  6日、池袋で開催されているマリンダイビングフェアでの授賞式には、中山義隆市長と八重山ダイビング協会の安谷屋正和会長が出席し...
本文を読む

石垣島の海1位 ダイビングエリア国内部門17年連続

第17回「ダイブ&トラベル大賞2017」のベストダイビングエリア国内部門で、17年連続の1位となった石垣島の海(八重山ダイビング協会提供)第17回「ダイブ&トラベル大賞2017」のベストダイビングエリア国内部門で、17年連続の1位となった石垣島の海(八重山ダイビング協会提供)
ポイントやショップ高評価
 第17回「ダイブ&トラベル大賞2017」のベストダイビングエリア国内部門で石垣島が第1位に輝いた。同部門1位は17年連続。月刊マリンダイビングの年間購読者とマリンダイビングフェア参加者の投票(総数6676票)で決定。石垣島は1030票を獲得し、2位の沖縄本島に2倍以上の差数をつけた。投票者からは「潜るエリアが豊富で充実している」「ダイビングショップの親切・丁寧な対応で島のファンになった」などの...
本文を読む

ミッション「マンタ遭遇率を改善せよ」 ダイビング協会が委員会発足

遭遇率低下の改善が課題となっているマンタ(ダイビングセンター・シーバット提供)遭遇率低下の改善が課題となっているマンタ(ダイビングセンター・シーバット提供)
ポイント利用を調整へ
 ダイビングスポットにおけるマンタとの遭遇率低下に歯止めをかけようと、八重山ダイビング協会(園田真会長、96業者)は9日、マンタ保全委員会を発足させた。同協会によると、マンタの人気ポイントでは近年、マンタと遭遇できないケースが目立ち始めている。この日の委員会では、マンタとの遭遇率がほぼ100%だった状態に戻すことを目標にポイントの利用を調整していくため、ルール・規制をつくって周知徹底を図るととも...
本文を読む

欧州からダイビング視察団 業者が八重山の海をPR

 フランスとイギリスのダイビング専門旅行社の担当者ら10人が4日から、県や沖縄観光コンベンションビューローの招きで八重山を訪れている。一行は石垣島や西表島でダイビングを体験した。7日には市観光協会が商談会を市内ホテルで開催し、市内のダイビング業者ら11社23人が売り込みをかけた。  八重山諸島は、世界最大の旅行ガイドブック専門出版社のロンリープラネット社が発行した「ベスト・イン・トラベル20...
本文を読む

海難救助で7人表彰 ダイビング船事故で11管

 八重山ダイビング協会(園田真会長)の2012年度通常総会が27日夜、石垣市商工会2階会議室であり、海難救助に協力した会員7人に第11管区海上保安本部から感謝状が贈られた。  海難は今年4月3日午後2時すぎ、石垣市崎枝観音埼灯台の南西約2キロ沖合で10人が乗ったダイビング船が転覆。現場を通りかかったダイビング船が石垣海上保安部に通報するとともに、他のダイビング船と協力し、漂流していた10人を...
本文を読む

石垣島の魅力PR ダイビングフェスタ開幕、県内外から200人

 3日間にわたって開催される「ダイビングフェスタ石垣島2012」(八重山ダイビング協会主催)の出発式が7日午前8時30分から、浜崎マリーナで行われた。フェスタは大型連休明けの客足が鈍る時期を狙い、石垣島では梅雨の時期でもダイビングが楽しめることをPRするのが目的。県内外のダイビングファン約200人が参加しており、今年で11回目。  出発式で同実行委員会の川島実・実行委員長は「今回は例年にない...
本文を読む

中国人ダイバー誘客へ 上海から6人が八重山視察

 ダイビング人気が急上昇している中国のダイバーを八重山へ誘客する「中国を対象とした八重山ダイビングプログラムの構築」の歓迎式が3日午前、石垣空港で行われ、中国(上海)から視察に訪れたダイバー6人を迎えた。2泊3日の日程で石垣島に滞在し、ダイビング体験やツアーセミナーで中国におけるダイビング環境の現状や中国人受け入れに関する要望などについて意見を交わす。  同事業は県文化観光スポーツ部の201...
本文を読む

石垣島が3年連続世界3位 ダイビングベストエリア

国内は11年続けてトップ
 【東京】国内最大の発行部数を持つダイビング専門雑誌社・水中造形センター(舘石昭社長)の読者が選ぶ「ダイブ&トラベル大賞2011」のベストダイビングエリア賞世界3位に、石垣島が3年連続で選ばれた。国内ベストエリア賞では11年連続1位。またベストホテルは石垣島クラブメッドカビラが8位に入った。表彰式が8日、池袋サンシャインシティで始まった「マリンダイビングフェア・海と島の旅フェア2011」で行われた...
本文を読む

安全管理を監督する機関の設置を

マリンレジャーテーマにフォーラム
 八重山のマリンレジャー環境の安全対策などを話し合う「八重山の海(とぅもーる)遊びフォーラム~安全・安心・楽しさを求めて~」(主催・同実行委員会)が、27日午後6時から市民会館中ホールで開催され、郡内の各関係機関が参加し海の安全管理や医療機関の整備、連携などについて話し合った。  世界各地から多くのダイバーが訪れる八重山だが、一方で減圧症やシュノーケル、ダイビングなどマリンスポーツの事故が後...
本文を読む

減圧症のダイバー急増 県立八重山病院

ダイビング人気が背景、患者の9割に
減圧症対策呼びかけ
 県立八重山病院で減圧症の治療を受ける患者のうち、スキューバダイビングで発症する例が2004年以降増加していることが、同病院のまとめで分かった。治療を受けたダイバーはインストラクター27人、レジャー客24人で、患者総数の9割強を占めている。ダイビング人気の高まりが背景にみられるが、ダイビング産業は八重山観光を支える重要な要素となっているだけに、徹底した減圧症対策が求められそうだ。  減圧症は...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム