八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「サガリバナ」の検索結果は以下のとおりです。

新たな観光資源に期待 サガリバナ、星空の魅力

サガリバナと星空の魅力の観光資源としての可能性を探ったシンポジウム=21日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラサガリバナと星空の魅力の観光資源としての可能性を探ったシンポジウム=21日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ
国立公園編入記念式典シンポ
持続的な保全、利活用を〜パネリスト5人が提言
 ことし4月15日に平久保半島サガリバナ群落地が西表石垣国立公園に編入されたのを記念する式典とシンポジウム(主催・環境省那覇自然環境事務所、石垣市、市観光交流協会)が21日午後、市内ホテルで開かれ、関係者や市民多数が参加した。国内では石垣島と西表島のみに分布するサガリバナ群落の貴重性を確認するとともに、自然環境を持続的に保全しながら新たな観光資源としての可能性に期待を寄せた。  式典で自然環...
本文を読む

オリジナル切手贈る 日本郵便

贈呈式に出席した右から写真家の大塚勝久氏、平久保サガリバナ保存会の米盛三千弘会長、環境省那覇自然環境事務所の西村学所長、日本郵便の本間裕二沖縄支社長、漢那政弘副市長、石垣島天文台の宮地竹史所長=21日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ贈呈式に出席した右から写真家の大塚勝久氏、平久保サガリバナ保存会の米盛三千弘会長、環境省那覇自然環境事務所の西村学所長、日本郵便の本間裕二沖縄支社長、漢那政弘副市長、石垣島天文台の宮地竹史所長=21日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ
題材に星空とサガリバナ
 平久保半島のサガリバナと八重山諸島の星空をモチーフにしたオリジナルフレーム切手2種類の贈呈式が21日午後、市内のホテルで行われ、日本郵便㈱の本間裕二沖縄支社長から環境省那覇自然環境事務所の西村学所長と漢那政弘副市長に切手が手渡された。  切手は、平久保半島サガリバナ群落の国立公園指定を記念して作られた「夜を彩る夏の風物詩 国立公園指定記念 石垣島平久保半島のサガリバナ」と、石垣島天文台の設...
本文を読む

市有地以外を除外 国立公園変更案で環境省

久宇良地区の嘉良川流域に自生するサガリバナ群落。市有地16㌶を第1種特別地域に編入することで群落の約6割をカバーできるという(環境省提供)久宇良地区の嘉良川流域に自生するサガリバナ群落。市有地16㌶を第1種特別地域に編入することで群落の約6割をカバーできるという(環境省提供)
市の申し入れで修正
 ゴルフ場付き久宇良リゾート開発計画予定地内にある嘉良川流域28㌶を規制の厳しい第1種特別地域として西表石垣国立公園に編入する環境省の変更案に、久宇良公民館(村山雅庸館長、12世帯)が「開発の可能性がなくなる」として反対していた件で、同省は2日までに28㌶のうち市有地16㌶のみを残し、民有地12㌶を除外する修正案をまとめた。隣接地で予定していた第3種特別地域27㌶も外した。  同省は11月3...
本文を読む

国立公園、石垣北部を追加

西表石垣国立公園変更案(追加)西表石垣国立公園変更案(追加)
西表は面積を全域に拡大 環境省、変更案まとめる
 環境省は25日までに、西表石垣国立公園を拡大する変更案をまとめ、同日からパブリックコメント(意見募集)を開始した。西表島を全域に拡大し、サガリバナ群落がある石垣島北部を追加した。西表島全域の国立公園化は、イリオモテヤマネコの生息環境の保全強化とともに、同省が目指す奄美・琉球世界自然遺産の登録を見据えた手続きとなっており、遺産化に向けて一歩前進する。  拡張面積は陸域で1万8728㌶、海域で...
本文を読む

サガリバナ見ごろ 与那国

闇夜に静かに咲くサガリバナ。幻想的な姿にうっとりさせられる=10日夜、与那国町内之田闇夜に静かに咲くサガリバナ。幻想的な姿にうっとりさせられる=10日夜、与那国町内之田
幻想的光景にうっとり
 【与那国】町内の内之田(うちぬた)地区でサガリバナが見ごろを迎え、連日、見学する人たちが幻想的な花にうっとり。水面に映るファンタジックな世界を楽しんでいる。比川集落から約150㍍離れた林の湿地帯に生えており、同集落に住む東濵安伸県文化財保護指導委員らが観光スポットとしての活用を提案、比川公民館(長浜正敏館長)は町教育委員会に花木とその周囲の保存を要請することにしている。  東濵さんや町教委...
本文を読む

サガリバナにうっとり 平久保

神秘的なサガリバナに見入る子どもたち=5日夜、平久保のサガリバナ群落神秘的なサガリバナに見入る子どもたち=5日夜、平久保のサガリバナ群落
開花式に市民300人
 平久保サガリバナ群落の開花式(平久保サガリバナ保存会主催)が5日夜、現地で行われた。会場には約300人(主催者発表)の市民や観光客が訪れ、ライトアップされた神秘的な雰囲気のサガリバナに見入った。  サガリバナの群落は同保存会会長の米盛三千弘さんが自身の所有する畑の近くで発見。9年前から遊歩道の整備や植樹などを行い、市民が気軽に楽しめるよう整備を進めてきた。昨年は県が主催する「沖縄ふるさと百...
本文を読む

サガリバナを観光資源に 観光交流協会50周年事業

石垣市観光交流協会の50周年記念「さがり花100人植樹事業」でサガリバナが植樹される平久保橋近くの米盛三千弘さん所有の畑=7月10日撮影石垣市観光交流協会の50周年記念「さがり花100人植樹事業」でサガリバナが植樹される平久保橋近くの米盛三千弘さん所有の畑=7月10日撮影
記念植樹に100人募集 11月に平久保群落
 石垣市観光交流協会(宮平康弘会長)は30日午後、事務局で会見し、協会50周年記念事業として11月17日に平久保でサガリバナの植樹を行うと発表した。  同協会の大松宏昭副会長によると、自然景観を保護することに加え、観光スポットとして平久保をクローズアップさせることで、北部地区へ足を伸ばす観光客の増加と星空と並ぶ新たな観光資源としてのサガリバナをさらにPRするのが目的。  植樹は同日午前1...
本文を読む

サガリバナが見ごろ 梅雨明けの夏の夜彩る

 石垣市登野城719、農業、上地和雄さん(65)宅でサガリバナ(サワフジ)が開花し、薄いピンク色とほのかな香りの花が見ごろを迎えている。梅雨明けの夏の夜を飾るのにぴったりで、道行く人々の目を引いている。  このサガリバナは上地さんが12年前に挿し木したもので、今では樹高約6メートルにも成長。今年は4月ごろから花を付け始め、今が真っ盛り。  「3月を除いて年中花を咲かせているが、夏が花の数が多く、...
本文を読む

サガリバナのつぼみ鈴なり

平久保
米盛さんの畑周辺
 石垣市平久保の米盛三千弘さんの畑とその周辺の土地でサガリバナが多くのつぼみをつけ、27、28日ごろには薄紅色の花が開花しそうだ。  サガリバナはサガリバナ科の常緑高木で、奄美諸島以南の南西諸島に自生する。毎年6月から9月ごろまで白やピンクの美しい花を咲かせる。  台風13号の影響で道路近くの木につぼみはあまり見られないが、米盛さんが整備している土地内の木には今にも咲きそうなつぼみが多く見...
本文を読む

今ごろサガリバナ 米盛さんもびっくり

 石垣市平久保の米盛三千弘さんの畑でサガリバナがつぼみを付け今週末に薄紅色の花が開花しそうだ。  米盛さんによると、27日午後4時30分ごろ、つぼみが膨らんでいるのを見つけた。「この時期に咲くのは珍しいので驚いている。長雨と気温、北風が当たらない岩場などが影響しているのでは」と話している。  サガリバナは奄美大島以南の南西諸島に自生し、マングローブの後背地や川沿いの湿地に生育。夜から早朝に...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム