八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「クルーズ船」の検索結果は以下のとおりです。

移動式通路導入へ 新港地区のクルーズ船対応

下船後、テントで待機する乗客(奥)と、傘を差すなどしてレンタカーを予約しようと右往左往する乗客(手前)=16日午前、南ぬ浜町のクルーズ船専用岸壁下船後、テントで待機する乗客(奥)と、傘を差すなどしてレンタカーを予約しようと右往左往する乗客(手前)=16日午前、南ぬ浜町のクルーズ船専用岸壁
炎天・雨天時の不便解消
 南ぬ浜町のクルーズ船専用岸壁、石垣港新港地区旅客船ターミナルで、石垣市港湾課が移動式通路「エプロンルーフ」の本年度内導入に向け準備を進めている。ルーフは、船からバス・タクシー乗り場などに誘導する施設で長さ約40㍍、幅約1・8㍍を予定。さらに駐車場内にトイレを整備するほか、タクシー乗車スペースの一部に屋根付き歩道も計画する。  ターミナルはことし4月21日、暫定供用されたが、日よけ、雨よけの...
本文を読む

マジェスティック・プリンセス初寄港

石垣に初寄港した過去最大の大型客船「マジェスティック・プリンセス」=20日午前、浜崎マリーナから撮影石垣に初寄港した過去最大の大型客船「マジェスティック・プリンセス」=20日午前、浜崎マリーナから撮影
過去最大のクルーズ船
14万3千㌧、乗客3986人来島
 プリンセス・クルーズ社(米国)の最新大型客船「マジェスティック・プリンセス」(英国船籍、総㌧数14万3000㌧、全長330㍍)が20日、石垣に初寄港した。寄港客船で過去最大、乗客も最多の3986人が訪れた。  マ号は同日午前7時ごろ入港。浜崎町の石垣港F岸壁は7万㌧級までが接岸対象で、石垣島と竹富島間の沖合にある検疫錨地に沖泊まり。乗客は自船のテンダーボート(100人乗)で、ユーグレナ石垣...
本文を読む

クルーズ客、石垣の夜満喫

焼き肉店で「石垣牛」に舌鼓を打つ台湾人観光客=12日午後8時すぎ、美崎町焼き肉店で「石垣牛」に舌鼓を打つ台湾人観光客=12日午後8時すぎ、美崎町
1泊滞在、石垣港で初
観光・飲食業界は歓迎
 クルーズ船が寄港地に1泊滞在する「オーバーナイトステイ」が12日、スタークルーズ社のスーパースタージェミナイ(総㌧数5万764㌧、全長230㍍、乗客804人)の寄港により石垣港で初めて実現した。同日夜の中心市街地では飲食を楽しむ台湾人観光客らの姿が見られた。観光・飲食業界からは昼夜を問わない消費を歓迎する声が相次いだ。次回は21日に予定されており、夜の飲食店に客を取り込もうという業界の動きが活...
本文を読む

専用岸壁を初視察 交通対応など確認

クルーズ船新岸壁の暫定供用開始を前に、現地視察で受け入れ対応を確認する市クルーズ船受け入れ連絡協議会の会員ら=10日午後、南ぬ浜町クルーズ船新岸壁の暫定供用開始を前に、現地視察で受け入れ対応を確認する市クルーズ船受け入れ連絡協議会の会員ら=10日午後、南ぬ浜町
防雨対策の指摘も
クルーズ船受け入れ連絡協議会
 海外から寄港するクルーズ船の受け入れ強化を図る「石垣市クルーズ船受け入れ連絡協議会」は10日午後、21日から暫定供用が予定されている南ぬ浜町(石垣港新港地区)のクルーズ船専用岸壁を初めて視察した。二次交通の対応や港に出入りする車両と乗船客の動線確保、白タク防止における入場制限などを確認。市観光文化課が新たに構内で無料利用が可能なWi−Fi(公衆無線LAN)を整備する意向を示す一方、防雨対策を指...
本文を読む

クルーズ船専用岸壁、4月下旬に暫定供用—南ぬ浜町

南ぬ浜町に姿を見せ、暫定供用を控える長さ295㍍、水深9㍍のクルーズ船専用岸壁。エプロンには八重山ミンサーの「五と四」のかすり模様が施されている=11日午後(小型無人機で撮影)南ぬ浜町に姿を見せ、暫定供用を控える長さ295㍍、水深9㍍のクルーズ船専用岸壁。エプロンには八重山ミンサーの「五と四」のかすり模様が施されている=11日午後(小型無人機で撮影)
7万㌧級先行受け入れ
20年春に全面開始予定
 新港地区の南ぬ浜町で整備が進んでいる20万㌧級クルーズ船対応の専用岸壁(全長420㍍、水深10・5㍍)は、4月下旬に暫定供用を予定している7万㌧級クルーズ船の受け入れ可能な長さ295㍍(水深9㍍)岸壁の姿が見えてきた。石垣港湾事務所によると、専用岸壁は段階的に拡張して20年春には全岸壁の供用開始を計画している。石垣市は18年度に雨天や日よけ対応の乗船客専用通路と待機するバスやタクシー乗務員用の...
本文を読む

来年石垣に最多140回 クルーズ船寄港

2018年の寄港計画が過去最多となる140回に上り、諸外国からの来島客増が予想されるクルーズ観光=3月31日午前、石垣港2018年の寄港計画が過去最多となる140回に上り、諸外国からの来島客増が予想されるクルーズ観光=3月31日午前、石垣港
初めて宮古が上回る見通し
 クルーズ船の寄港が増加している石垣港への2018年の寄港計画が過去最多の140回に上っていることが24日までに船舶代理店の沖縄シップスエージェンシー石垣支店(松田新一郎支店長)のまとめで分かった。このうち総トン数が10万㌧を超える大型クルーズ船は32回の寄港を予定。来春には南ぬ浜町で建設中のクルーズ船専用岸壁が一部供用開始することから、石垣港に直接接岸しているクルーズ船を対象に4月中旬ごろから...
本文を読む

イタリア船籍「フォーチュナ号」が初寄港

石垣島に2539人を乗せて初めて寄港した「コスタ・フォーチュナ」=24日午前、石垣島沖石垣島に2539人を乗せて初めて寄港した「コスタ・フォーチュナ」=24日午前、石垣島沖
中国人観光客ら石垣を満喫
船内で市が歓迎セレモニー
 イタリアの巨大な蒸気客船をイメージして造船したコスタ・クルーズ社の「コスタ・フォーチュナ」(イタリア船籍、総㌧数10万2669㌧)が24日、中国人観光客を中心に2539人を乗せ、石垣島に初めて寄港した。  フォ号は中国の厦門(あもい)と石垣を往復する旅程。石垣島と竹富島沖合の検疫錨地に停泊し、乗客は自船のテンダーボートで上陸した。団体のツアー客は大型バス15台で島内観光を楽しみ、個人客は離...
本文を読む

「ダイヤモンド・プリンセス」石垣初寄港

八重山への寄港客船で過去最大級となった「ダイヤモンド・プリンセス」。奥は竹富島=16日午前7時42分、小型無線ヘリで撮影(撮影協力・㈲沖縄シップスエージェンシー)八重山への寄港客船で過去最大級となった「ダイヤモンド・プリンセス」。奥は竹富島=16日午前7時42分、小型無線ヘリで撮影(撮影協力・㈲沖縄シップスエージェンシー)
過去最大級の豪華クルーズ客船
全長290㍍ 「海上のホテル」の呼び名
 世界3大クルーズ会社、プリンセス・クルーズ社(本社・米国)の大型豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」(船籍・英国)が16日午前、日本人客2795人を乗せて石垣港に初寄港した。総トン数11万5875㌧、全長290㍍で、過去最大級の客船。ことしは5回の寄港を予定している。  同船は午前7時30分すぎに石垣島と竹富島沖合の「検疫錨地」に沖泊まり。客室は1353室を誇り、高さは18階建てビルに相当...
本文を読む

クルーズ船 32回石垣寄港 1月~3月

今年3月末までのクルーズ船寄港回数が32回に上り、好調なクルーズ観光では欧州人観光客の姿も目立った。写真はアイダーベラ寄港時=3月31日午前、石垣港今年3月末までのクルーズ船寄港回数が32回に上り、好調なクルーズ観光では欧州人観光客の姿も目立った。写真はアイダーベラ寄港時=3月31日午前、石垣港
前年同期比10回の増加
4万1647人が来島
 石垣市港湾課がまとめたことし1月~3月末に石垣港に寄港したクルーズ船は速報値で、前年同期比10回増の32回、来島人数(乗客)は8118人増の4万1647人となった。初寄港が4件あり、悪天候などによる寄港キャンセルは3件に留まった。来島した外国人観光客は台湾人客に加え、中国厦門(アモイ)発のクルーズチャーターなどで中国人客が増加。初寄港のクルーズ船で欧州系旅行客も増えている。ことしの寄港予定回数...
本文を読む

外航クルーズ船 石垣寄港過去最高の95回

海路からの入域観光客数が過去最高となる25万4000人に上り、好調に推移する石垣市の外航クルーズ観光=28日午後、石垣港海路からの入域観光客数が過去最高となる25万4000人に上り、好調に推移する石垣市の外航クルーズ観光=28日午後、石垣港
ことしの運航終了 来年170回入港見込み
 石垣港に寄港する外航クルーズ船は28日の「スーパースターアクエリアス」で年内の寄港を終えた。石垣市観光文化課によると海路からの入域観光客数(速報値)は前年を5万4000人(27%)上回る過去最高の25万4000人に上った。外航クルーズ船の寄港回数が前年を11回(13%)上回る95回と過去最高を記録し、入域客数を押し上げた。来年はクルーズ船の寄港回数が約170回と見込まれ、年々増加するクルーズ客...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム