八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「クジャク」の検索結果は以下のとおりです。

クジャク卵駆除スタート 黒島、小浜で240個余

インドクジャクの卵を発見した探査犬(町自然環境課提供写真)=9日午後、小浜島インドクジャクの卵を発見した探査犬(町自然環境課提供写真)=9日午後、小浜島
4頭の探査犬が活躍
 竹富町の2016年度「インドクジャク駆除事業」が、4月中旬から黒島と小浜島で探査犬4頭を導入してスタートし、9日までに両地区で卵240個余を駆除した。昨年は22日間で333個を駆除している。町自然環境課によると、探査犬を1頭増やし、昨年の駆除データを活用したことで順調に駆除が進んでいるという。町では引き続き10日から黒島、22日から小浜で駆除作業を行う。  同課の新盛勝一課長は「駆除事業の...
本文を読む

クジャクなど167羽を駆除 竹富町

黒島で駆除されたクジャクやカラス=6月11日(竹富町自然環境課提供写真)黒島で駆除されたクジャクやカラス=6月11日(竹富町自然環境課提供写真)
本年度前期の事業終える
 竹富町は11日までに本年度前期のクジャク銃器駆除事業を終えた。銃器を使用した駆除作業を黒島と小浜で1回ずつ行い、クジャク74羽、カラス93羽を駆除した。環境省の要注意外来生物に指定されているインドクジャクや有害鳥獣のカラスを駆除し、生物多様性の保全や農家への被害防止を図るのが目的。  県猟友会竹富町地区(河合正憲地区長)や地域の安全監視員、町役場職員、八重山警察署の小浜駐在所、西表駐在所か...
本文を読む

探索犬、お手柄! クジャクの卵116個駆除

クジャクの卵を探す探索犬と南西環境研究所の職員=提供・町自然環境課クジャクの卵を探す探索犬と南西環境研究所の職員=提供・町自然環境課
竹富町 次年度から本格導入へ
 竹富町自然環境課(小浜義也課長)は、インドクジャク基礎調査の一環として3~6月にかけ、黒島と小浜島でそれぞれ約10回、実証的にクジャクの卵探索犬を導入した駆除作業を行い、計116個の卵を駆除した。  クジャクは農産物や在来の動植物に被害を与えることから、環境省の要注意外来種生物に指定されている。  今回の駆除作業には、沖縄本島でマングースの探査犬を育成している南西環境研究所(田中順一代...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム