八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「アクセス道路」の検索結果は以下のとおりです。

磁気探査でヒルギ伐採 アクセス道路整備

ヒルギが伐採された宮良川上流=17日午後ヒルギが伐採された宮良川上流=17日午後
国指定地への影響懸念
 県が進めている新石垣空港アクセス道路整備に伴う新宮良橋(仮称)の磁気探査業務で、請負業者が足場を設置するため宮良川上流のヒルギ林の一部を伐採していたことが17日、分かった。県八重山土木事務所によると、工事が始まったのは約1週間前。石垣市教育委員会文化財課には14日、市民から連絡があった。下流のヒルギ林は国指定の天然記念物で、土砂流出などで影響を及ぼすおそれがあり、文化財保護法に違反する可能性が...
本文を読む

固定資産税を免除 アクセス道路整備を後押し

石垣市が条例改正 Gボール場用地提供にも朗報
 新空港アクセス道路など公共事業に伴い買収される用地や、ゲートボール場など高齢者の健康増進施設として提供される土地を対象に、固定資産税を免除する石垣市税条例の一部改正案が14日、市議会9月定例会の本会議で全会一致で可決された。4月1日にさかのぼって適用される。市税務課によると、高齢者の健康増進に寄与する施設用地を減免対象と明確に位置づけるのは県内初。今後、要綱を改正して明記する。  改正条例...
本文を読む

空港アクセス30日着工 平得交差点からスタート

今月30日に南ぬ島石垣空港と市街地を結ぶアクセス道が着工する起点の平得交差点=24日午後今月30日に南ぬ島石垣空港と市街地を結ぶアクセス道が着工する起点の平得交差点=24日午後
郡内初の4車線道路 八重山土木事務所
 市街地と南ぬ島石垣空港を結ぶアクセス道整備で、県八重山土木事務所は30日、起点となる国道390号と同バイパスが交差する平得交差点から旧石垣空港向け延長約100㍍部分を着工する。2019年度供用開始に向け、総延長8.8㌔のアクセス道整備が具体的にスタートする。用地取得が完了した部分から整備を進める方針で同事務所道路整備班の玉城正教班長は「地権者や地域住民の理解を得ながら、用地取得と並行して工事を...
本文を読む

アクセス道路工事いよいよ本格化 旧空港周辺中心に着工

新県立八重山病院の建設が予定されている旧空港の飛行機駐機場=5日午後。アクセス道整備は旧空港周辺から進められる新県立八重山病院の建設が予定されている旧空港の飛行機駐機場=5日午後。アクセス道整備は旧空港周辺から進められる
まずは平得交差点から100㍍
 市街地と南ぬ島石垣空港を結ぶアクセス道整備で、県八重山土木事務所は、平得交差点から旧石垣空港に至る延長約100㍍の工事を7月ごろに発注することになり、アクセス道路の工事がいよいよ本格化する。旧空港跡地では、26日に石垣市消防本部が移転し、2017年度には新県立八重山病院の開院が予定されていることから、県は旧空港周辺からアクセス道整備を進める方針。  アクセス道路は平得交差点から旧空港西側を...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム