八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

沖縄の政治家としての人生観…

 沖縄の政治家としての人生観、凝縮された言葉が聞く者の心に響く▼歴代の知事は「沖縄の心とは何ですか」と問われ、「ヤマトンチュ(本土の人)になろうとしてもなりきれない心」(故西銘順治氏)、「平和を愛する共生の心」(故大田昌秀氏)、「ウヤファーフジ(祖先)を敬い、誇り高く生きる心」(故翁長雄志氏)と表現。ふるさとにあって、ふるさとの心を失うような社会にしてはならないとの思いであろう▼玉城デニー知事は...
本文を読む

設置責任者の明確化必要 病院隣接ヘリポートで

石垣市議会一般質問 双葉、真喜良道路改善を
 9月定例石垣市議会(平良秀之議長)は9日、一般質問の日程に入り、宮良操、長浜信夫、箕底用一、長山家康の4氏が登壇した。県立八重山病院隣接地へのヘリポート設置について大濵安久消防長は、設置責任者を明確にする必要があるとの認識を示した。宮良、長浜両氏への答弁。  真栄里ヘリポートは市役所の新庁舎建設、旧空港跡地開発などに伴い将来にわたって土地を確保することが困難になっていることから「新石垣空港...
本文を読む

不登校対策 新規3事業を提案

不登校児童生徒の支援不登校児童生徒の支援
石垣市検討会議 家庭教育支援員など配置
 増え続ける石垣市の不登校児童の現状と課題を検証し、改善策を検討する「不登校対策支援事業検討会議」(大濱民江議長)は、9日午後、市教育委員会の石垣安志教育長へ報告書を提出し、新規3事業を提案した。複雑多様化する不登校の要因に多角的に対応するため、新たに▽カウンセラー(臨床心理士)▽家庭教育支援員▽別室登校支援員|を配置し、不登校の未然防止、学校復帰などの支援体制強化を図るもの。いずれも20年度以...
本文を読む

「馬のウンコ踏んだら足早くなるってよ」…

 「馬のウンコ踏んだら足早くなるってよ」。昭和30年代の子らのうわさ話である。馬車がまちなかを行き、4号線に馬ふんが落ちていた頃、運動会が近づくとそんな話でもちきり。新しい運動靴を買ってもらう方にかける子もいた。私は「馬ふん組」だった。結果、馬ふんにそんな神通力がある訳もなく、着順はいつものとおり▼あの頃、運動会は地域挙げての「ハレの日」の行事だった。早朝からゴザを持って場所取りに行き、運動場は...
本文を読む

自然環境保全地域ウミショウブ藻場 網取湾で消失、崎山湾で減少 アオウミガメが採食

崎山湾・網取湾自然環境保全地域崎山湾・網取湾自然環境保全地域
西表島南西部 生態系への悪影響を懸念 環境省、採食防止へ
 【西表】南西部の崎山湾・網取湾自然環境保全地域で、海草「ウミショウブ」の藻場がアオウミガメの採食で消失・減少していることが分かった。環境省西表自然保護官事務所によると、網取湾ではすでに藻場が消失、崎山湾でも全体的に繁茂しているエリアがなくなっている。同事務所は、藻場を利用する魚類など生物の生息・産卵場所がなくなるとして生態系への悪影響を懸念、今年度にアオウミガメの採食防止対策に向けた計画を策定...
本文を読む

過去最多の2592件 救急車「トリプル出動」も

35709.jpg
石垣市消防本部 18年救急出動
 石垣市消防本部(大濵安久消防長)の2018年救急出動件数は前年比99件増の2592件となり、過去最多を更新した。交通事故増加に伴い、救急車を同時に3台出す「トリプル出動」も増えている。3台目は川平か伊原間の出張所の救急車で対応するため搬送に時間を要し、一刻を争う患者には致命的なロスとなりかねない。同本部は8日から始まる救急医療週間で▽適正な救急車の利用▽応急手当ての促進—などを呼び掛けていく。...
本文を読む

新聞記事には多面的に読まないといけない

 新聞記事には多面的に読まないといけないものがある。過日の「元夫に住所通知、DV被害者支援でミス、市と和解」。DVは家庭内暴力、ことに配偶者からの暴力を言うようで、昔からある別居の要因▼夫のDVから逃れて石垣へ移住した女性が住民基本台帳の一部の交付・閲覧を拒否制限できる法律に基づき支援措置を申し出た。ところが、お願いされた石垣市が前住所のある役所へその旨を通知しなかったため元夫に居場所を知られ...
本文を読む

住民投票を求める会 義務付け訴訟提起へ

石垣市に住民投票実施を命じるよう求める義務付け訴訟の提起と仮の義務付けの申し立てを行うことを発表する金城龍太郎代表(中央)ら=6日午後、県庁石垣市に住民投票実施を命じるよう求める義務付け訴訟の提起と仮の義務付けの申し立てを行うことを発表する金城龍太郎代表(中央)ら=6日午後、県庁
不作為の違法性確認も
 【那覇】平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣市住民投票を求める会(金城龍太郎代表)は6日、県庁で会見を開き、市に住民投票実施を命じるよう求める義務付け訴訟を19日に那覇地裁に提起すると発表した。仮の義務付けの申し立ても同時に行う。原告は同会のメンバーを中心に運動に関わっている市民約20~40人になる見通しだ。  義務付け訴訟は、行政が一定の処分をするよう、私人が裁判所に求める抗告訴...
本文を読む

真栄里海岸でごみの種類や量を調査

真栄里海岸で8月の1カ月間、調査を兼ね海岸清掃を行った一般社団法人ビーチクリーンロボットプロジェクト海岸工学会会員のはやのん氏(中央)ら=6日午後、同海岸真栄里海岸で8月の1カ月間、調査を兼ね海岸清掃を行った一般社団法人ビーチクリーンロボットプロジェクト海岸工学会会員のはやのん氏(中央)ら=6日午後、同海岸
海岸工学会
 一般社団法人ビーチクリーンロボットプロジェクト海岸工学会(清野聡子理事長)は8月1日から31日まで毎朝、石垣市の真栄里海岸を清掃し、ごみの種類や量を調査した。同会が製作する海岸清掃ロボットを石垣島で使用するための下調べの一環。   同学会は、九州大学や九州工業大学の研究者、研究広報事業者などで構成。海岸、海浜に対する人々の理解増進に寄与することを目的に、海岸清掃ロボットの開発を含む技術の発...
本文を読む

夏休みが終わった。子どもたちは「はやっ」…

 夏休みが終わった。子どもたちは「はやっ」と思っているだろうが、保護者にとっては「やっと」である。「ぬーかますがやー」と母が口癖のようにこぼしていたのを思い出す。毎日、何を食べさせるか悩みの種だったようだ▼親になってみると、まさにそう。今や共働きは当たり前。一人親世帯はもっと大変だろう。給食はやはりありがたい▼クラブ活動をしていない子どもは、放っておくとテレビやゲーム、マンガばかり。宿題をさせた...
本文を読む
キーワード検索フォーム