八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「種子取祭」の検索結果は以下のとおりです。

島は祭り一色に 竹富島種子取祭

庭と舞台の芸能、2日間で63演目を奉納
 【竹富】竹富島最大の祭事で国の重要無形民俗文化財に指定されている「種子取祭(たなどぅい)」の奉納芸能が25、26の2日間、世持御獄で盛大に行われた。会場には地域住民や郷友会、観光客など島内外から大勢の観客が詰めかけ、島は2日間の奉納芸能で祭り一色に染まった。  種子取祭は農作物の豊じょうと島民の繁栄を祈願するもので約600年の歴史を持ち、1977年に国の重要無形民俗文化財に指定されている。...
本文を読む

種子取祭もうすぐ本番 竹富島

25、26日盛大に奉納芸能
 【竹富】国指定重要無形民俗文化財の竹富島の種子取祭が、19日のトゥルッキから9日間の日程に入った。  公民館執行部は同日午後8時、玻座間狂言部が待機する国吉家を訪問した。当主の国吉英二さんが「全員の健康と手の誤り口の誤りがないように」と祈願。大山栄一公民館長は「天気にも恵まれて素晴らしい神供物を飾ることができるように」と述べた。  初日は西集落舞踊部、東集落舞踊部、仲筋集落狂言部と舞踊部...
本文を読む

「カタバリ」で豊作祈願 白保で恒例の種子取祭

 白保公民館(山城吉博館長)の種子取祭が14日朝、集落内のオーセ(拝所)で行われた。馬を走らせる「カタバリ」も披露され、住民らが神司とともに今年の豊作と無病息災を祈願した。  この日は早朝から公民館役員らが馬で集落内を回って邪気払い。午前7時ごろから、白保の4御嶽の神司が、オーセでニンゲイフチ(願い口)を唱えて豊作を願った。  このあと、白保郵便局前の国道390号線とオーセを結ぶ一直線の道...
本文を読む

今年の豊作を祈願 登野城字会が種子取祭

 登野城字会(比屋根重雄会長)の「種子取祭」が、19日午後2時から八重山の稲作発祥の地とされるイヤナスオンで行われ、字会役員や地域の稲作農家らが、今年の作物の豊作を祈願した。  種子取祭では、同オンやクバントゥオン(小波本御嶽)の神前に米や酒、昆布、紅白のおにぎりなどを供えて「世願い」を行い、神司の石垣直子さんが、イヤナスオンに手を合わせ豊作を祈った。  神事後は、参加した地域住民らが車座...
本文を読む

雨の中で豊年祈願 平得種子取祭

神司らがユーニガイ
「カタバル馬」も奉納
 平得の種子取祭が9日午前、同地域内の多田浜御嶽と大阿母御嶽で行われた。雨の中、ユーニガイ(世願い)の儀式やカタバル馬の奉納を通じて五穀豊穣(ほうじょう)や地域住民の無病息災を祈願した。  穀物の種子が初めて平得にもたらされたとされる多田浜御嶽には、ススキの葉をいただく苗頭や神司たち、佐久川賢三公民館らが午前7時45分ごろに到着し、稲や粟などの種子を供えてユーニガイの儀式を行った。  この...
本文を読む

仲筋村が30演目を奉納 種子取祭2日間にわたり盛況

 【竹富】国の重要無形民俗文化財「種子取祭(たなどぅい)」奉納芸能2日目は8日、前日に続いて午前9時30分ごろから世持御嶽で始まった。  奉納芸能は庭の芸能と舞台の芸能に分かれて行われ、庭の芸能は2日間通して同じ演目が行われる。舞台の芸能は1日目の玻座間村に続いて仲筋村が30演目を奉納した。  小雨が降る中で行われた2日目の庭の芸能では前日に続いて棒や太鼓、馬乗人などが奉納されたが、芝生が...
本文を読む

竹富島種子取祭、奉納芸能始まる

伝統の祭事に大勢の観客
 【竹富】国の重要無形民俗文化財「種子取祭(たなどぅい)」奉納芸能が、7日から世持御嶽で始まった。庭の芸能と舞台の芸能に分かれて行われる。島最大の行事で、住民や郷友会員をはじめ郡内外から大勢の観光客が詰めかけ、熱気に包まれた。観客は次々と披露される奉納芸能に大きな拍手を送り、カメラを向けていた。舞台芸能は玻座間村に続き、8日は仲筋村が奉納する。  種子取祭は五穀豊穣(ほうじょう)や島民の無病...
本文を読む

しまりのない互選

 市教育委員会の臨時会が1日午前、市教育委員会ホールで開かれた。教育委員長、教育長が互選されたが、先の教育委員長互選では、主立った委員が就任を固辞。先輩・新人委員がお互いを推薦し合い、万才のようなやりとりの末、先輩委員に落着。教育長は当初から候補と目されていた新人委員にほぼすんなり決まったが、何ともしまりのない互選となった。  尖閣諸島海域における中国漁船領海侵犯事件に関する意見書と抗議決議...
本文を読む

「カタバル馬」など奉納 にぎやかに平得種子取祭

 平得公民館(西表修館長)の「2010年度種子取祭」が10日午前9時から、同地域内の大阿母御嶽前で行われ、数々の奉納芸能やカタバル馬が披露され、今年の豊作を祈願した。  種子取祭は、八重山の初代大阿母・多田屋遠那理の故事と結びついた行事で、同御嶽と多田浜御嶽を中心に行われている。  この日は、早朝から、はまかざ(クロイワザサ)の冠を頭につけた神司や公民館役員が、多田屋ブナリ一行がアンナン(...
本文を読む

種子取祭をたんのう 奉納芸能に沸く

庭と舞台で35演目
600年誇る国指定の重要無形民俗文化財
 【竹富】五穀豊じょうと住民の無病息災を祈願する竹富島の「種子取祭(たなどぅい)」は12日、世持御嶽で奉納芸能が行われ、玻座間村の住民らが馬乗者(うまぬしゃ)などの庭の芸能や35演目の舞踊や狂言など舞台芸能を奉納した。1週間ぶりに秋晴れが広がった会場には、地域住民や観光客など島内外から大勢の観衆が詰めかけ、終日、繰り広げられたまつりを楽しんだ。13日は仲筋村が奉納する。  種子取祭は600年...
本文を読む
キーワード検索フォーム