八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「新石垣空港」の検索結果は以下のとおりです。

石垣空港の課題浮き彫りに エプロンの狭隘さも指摘

 県や3市町、観光関連業者らが2013年度の観光振興などについて話し合う県主催の第1回八重山圏域離島観光振興会議(48人)が5日、市役所会議室で開催され、石垣空港国際線ターミナルの施設・機能の充実強化を求める声が上がったほか、石垣空港の駐機場の狭隘(きょうあい)さなど運用面の課題も指摘された。  国際線は、出国待合所が100席余のスペースしかなく、トランスアジア航空(復興航空)の中型機(A320...
本文を読む

6つの要望付きで適合証交付 石垣空港ターミナル

一部の改善を検討
 石垣市福祉のまちづくり条例に基づき、整備基準に沿った施設整備を促進する適合証制度で、石垣市はこのほど、石垣空港ターミナル(石垣泰生代表取締役専務)に適合証を交付したが、点字ブロックの敷設やベンチの増設など6つの要望が付いたことが分かった。要望は福祉のまちづくり適合証交付審査委員会(小倉隆一委員長)が3月27日に現地調査を行い、審査会で決定したもので、同ターミナルは一部を改善する方向で検討してい...
本文を読む

「施設拡張早めに」仲井真知事

国際線ターミナルビルを視察9月補正で一部を改修
 仲井真弘多知事は2日午後、石垣入りし八重山経済人会議の大浜一郎代表幹事らの案内で南ぬ島石垣空港の国際線ターミナルビルを視察した。視察後、仲井真知事は記者団に「出入国を含め、CIQ担当者も常駐できるように受け入れ能力の拡大を大至急、対応した方がいい。県とも一緒に早めに実現できるよう、実施していかなければならない」と述べ、施設拡大に積極的な考えを示した。  石垣市によると国際線ターミナルビルは、約...
本文を読む

空港管理運用協議会が発足 利便性向上へ意見交換

路線バス・タクシー、乗り場変更も協議
 新石垣空港管理運用に関する連絡協議会が24日、発足した。空港関係団体が相互の連携を密にし、空港の利便性向上に必要な取り組みを行うことが目的。新空港に関する疑問や要望に応える窓口としての機能も果たすことにしており、市空港課に事務局を設置して、要望事項をとりまとめた上で関係機関・団体に照会、回答していく。会長には市企画部の吉村昇勝部長を選んだ。  県や市などの行政団体、石垣空港ターミナル会社や...
本文を読む

空港隣接地にレンタカー集積 利便性向上に期待

 南ぬ島石垣空港入り口に隣接する民有地約2・5ヘクタールで8月末ごろ、700台以上を収容することのできるレンタカーステーションがオープンする見通しとなった。19日、同地で起工式が行われ、近く着工する。空港入り口周辺には、同ステーションの入居業者を含め計8社の進出が予定されている。観光の移動手段として定着しているレンタカーの営業所が空港隣接地の一カ所に集積することで、観光客らの利便性が大幅に向上しそ...
本文を読む

石垣空港線、「十分な議論を」 地権者と意見交換会

沿道区域計画説明
 石垣市都市建設課(入嵩西覚課長)は9日夜、市健康福祉センターで石垣空港線沿道区域地区計画に関する地権者意見交換会を開催した。同課では6月上旬までに計画案をまとめたい考えだが、地権者からは十分な議論を求める意見も上がった。  意見交換会は県が整備を進めるアクセス道路のうち、旧空港北側までの沿線と真栄里公園から東側の国道バイパスの沿線で地区計画を定める作業の一環として開かれた。  同課では、...
本文を読む

新空港郡民の会が解散、関係者招きねぎらう

「37年の悲願達成」
 郡内の24団体で2001年9月10日に設立した新石垣空港早期建設を進める郡民の会(会長・宮城隆会長)は10日、新空港の完成で目的を達成し、組織を解散した。石垣市商工会会館で開いた総会で承認した。終了後の感謝の宴には空港建設に関わった人たちを招き、労をねぎらった。  郡民の会は、新石垣空港建設促進協議会を引き継ぐ形で設立された。県や国への要請活動のほか、開港前には公募で新空港に愛称をつけたり...
本文を読む

空港アクセス、混雑予想 国道などバイクコースに

トライアスロン当日、早めの出発呼びかけ
 新石垣空港への主要なアクセス路となっている国道390号と宮良基幹農道は14日、石垣島トライアスロン大会の影響で混雑が予想されている。一般選手が出場するエイジの部のバイクコースとなっているためで、競技時間帯は空港を行き来する車両の通行が大幅に制限される見通しだ。石垣島トライアスロン大会事務局は「空港利用者は早めに向かってほしい」と呼びかけている。  バイクは登野城漁港をスタートして石垣島一周...
本文を読む

開港から1カ月、利用客から要望・意見相次ぐ ターミナル会社改善に乗り出す

 石垣空港(南ぬ島石垣空港)は7日、開港から1カ月を迎える。八重山観光は1月から好調に推移しており、開港以降はさらに増加しているものとみられ、玄関口の国内線ターミナルビルは利用客でにぎわいをみせている。一方、案内表示が分かりにくいといった運用面の課題も浮上しており、ビルを管理運営する石垣空港ターミナル株式会社が対策に乗り出している。  このうち、案内表示やベンチの設置について同社は、館内の案...
本文を読む

「対策は関係機関合同で」 空港開港で交通量増大

市議会が県や警察に要請
 新石垣空港の開港に伴って国道390号などで交通量が増大している問題を受け、石垣市議会(伊良皆高信議長)は3日、八重山署(小禄重信署長)や県八重山土木事務所(松田等所長)などに交通安全対策を要請した。アクセス道路が開通するまでの間、道路や交通安全に関わる機関が合同で対策を取るよう訴えた。  道路や交通安全に関する機関は、道路が県や市、信号機や横断歩道は県公安委員会、取締機関は八重山署、交通安...
本文を読む
キーワード検索フォーム