八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「無料塾」が開講 進学に向け学習支援

開講した「無料塾」石垣教室。定員40人に達するまで入塾者を募っている=15日夜、アルファ進学スクール開講した「無料塾」石垣教室。定員40人に達するまで入塾者を募っている=15日夜、アルファ進学スクール
大学等進学促進事業 定員まで随時募集
 沖縄県子育て総合支援モデル事業(大学等進学促進事業)の今年度「無料塾」石垣教室が15日夜、同事業を受託するアルファ進学スクールで開講した。塾に通うことが経済的に困難な高校生を対象に、県が費用を負担して進学に向けて学習支援する取り組みで、八重山では4年目。  ことしの塾生は15日時点、1~3年生各2人の計6人。定員40人に達するまで募集する。  同塾は月~金曜日の午後3時から午後9時30...
本文を読む

5.15平和行進 住民投票条例案否決に抗議

旧県道から一部造成工事の現場を確認する平和行進参加者=15日午後、旧ジュマールゴルフガーデン入り口付近旧県道から一部造成工事の現場を確認する平和行進参加者=15日午後、旧ジュマールゴルフガーデン入り口付近
陸自造成現場も確認 配備ありきの姿勢糾弾
 復帰47年目の15日、5・15平和行進(同実行委員会主催)が於茂登集落入り口から新栄公園まで約12㌔のコースで行われた。ことしは平得大俣への陸上自衛隊配備計画に焦点を当て、一部で造成工事が行われている旧ジュマールゴルフガーデンの現場を確認、その後の集会で「石垣市議会の住民投票条例案否決により、市民の意思を直接示す機会は得られていない」と抗議する大会宣言を採択した。  行進は午後1時すぎ、8...
本文を読む

津波想定し避難訓練 ひばりの保育石垣のいえ

津波被害を想定して避難訓練する園児たち=15日午前、南の美ら花ホテルミヤヒラ美崎館津波被害を想定して避難訓練する園児たち=15日午前、南の美ら花ホテルミヤヒラ美崎館
園児ら指定ビルに移動
 企業主導型保育園「ひばりの保育石垣のいえ」(佐々木健一園長、園児15人)は15日午前、津波避難訓練を行った。  園児や保育士らは、津波被害を想定して同園がある美崎町のホテルククルから、津波避難指定ビルの南の美ら花ホテルミヤヒラ美崎館屋上に避難。9階建て(約30㍍)の建物を非常階段を使い、一生懸命上った。  避難時間は11分5秒。東里香絵保育事業開発部管理室長は「初めて避難ビルを使っての...
本文を読む

去る13日午前、与那国島で午前9時10分…

 去る13日午前、与那国島で午前9時10分までの3時間雨量が276・5㍉という観測史上最大の猛烈な雨が降り、島が水につかった。▼床上浸水9軒、床下浸水18軒が発生。島の道路のいたる所で冠水。通学時に危険があるとして比川小学校が休校、給食が届かず久部良中学校は午後から休校するなど、島の生活が混乱した▼この事態に石垣島気象台が3回にわたり、50年に1度の記録的な大雨として記録的短時間大雨情報を発表。...
本文を読む

陸自配備の賛否を問う住民投票条例案を否決 市議会特別委

平得大俣への陸自配備の賛否を問う住民投票条例案に挙手で賛成する野党4人(左側)。与党5人の反対数で否決された=14日午後、市役所会議室平得大俣への陸自配備の賛否を問う住民投票条例案に挙手で賛成する野党4人(左側)。与党5人の反対数で否決された=14日午後、市役所会議室
与党の反対多数で 参考人意見聴取も質疑なし 6月定例会の採決に注目
 平得大俣への陸上自衛隊配備の賛否を問う住民投票条例案を審議している石垣市議会の特別委員会(長山家康委員長、10人)は14日、市役所会議室で、与野党が推薦した各3人の参考人から意見を聴取した後、与党の多数で採決することを決めた。この結果、条例案は与党の反対多数で否決された。6月17日招集予定の6月定例会で報告され、採決される。住民の直接請求で提出された前回の条例案は可否同数となり、「議論不足」を...
本文を読む

旧八重山病院 今年度下半期に解体へ

今年度下半期に解体工事が計画されている旧県立八重山病院の建物=13日午後、石垣市大川今年度下半期に解体工事が計画されている旧県立八重山病院の建物=13日午後、石垣市大川
跡地にサッカー場提案も
 沖縄県病院事業局は、石垣市大川にある旧県立八重山病院建物の解体工事を今年度下半期(10~3月)に計画している。解体に係る請負工事、現場管理業務など含む事業費は概算で4億1867万円。設計業務費は入札を控えているため、明らかにしていない。  旧病院施設には、石垣市所有の夜間救急診療所分と八重山広域市町村圏事務組合所有の伝染病隔離病舎があり、それぞれの所有部分は市や同組合が解体費を負担。県は、...
本文を読む

沖縄はきょう本土に復帰してから47年目の…

 沖縄はきょう本土に復帰してから47年目の記念日を迎えた。今年も本島と先島地方で平和行進が行われ、反戦平和を訴える▼復帰当時の沖縄地方は雨だった。平和な沖縄の実現など、祖国復帰へのさまざまな感慨を込め;涙雨;と言われた。あれから47年の歳月が流れたが、平和行進に象徴されるように基地の重圧にあえぐ沖縄の現実は変わらない▼沖縄はこれまで幾度か「世替わり」の歴史を体験してきた。明治政府による琉球処分、...
本文を読む

与那国島で記録的大雨 3時間276.5㍉、観測史上最大

祖納を通る県道約200㍍にわたって冠水、川と化した=13日午前10時すぎ祖納を通る県道約200㍍にわたって冠水、川と化した=13日午前10時すぎ
全世帯に避難勧告、けが人なし
 与那国島地方は13日、東シナ海に発生した前線の影響で湿った空気が流れ込んで雨雲が発達、記録的な大雨に見舞われた。与那国空港では午前9時10分までの3時間に276・5㍉、同10時10分までの6時間に393・5㍉の雨が降り、いずれも観測史上最大となった。町役場によると、同日午後6時半現在、9軒で床上浸水、18軒で床下浸水が確認された。ケガ人はいない。島内の至るところで道路が冠水、通行止めが相次いだ...
本文を読む

大浜小で海保安全教室

プール開きを前に練習用の人形とAEDを使い全職員が心肺蘇生法などを学んだ=13日午後、大浜小学校体育館プール開きを前に練習用の人形とAEDを使い全職員が心肺蘇生法などを学んだ=13日午後、大浜小学校体育館
職員がAEDの使用法学ぶ
 石垣海上保安部は13日、大浜小学校で安全教室を開き、心肺蘇生法や自動体外式除細動器(AED)の使い方などを指導。全職員が学んだ。  同保安部の安谷屋航大、三角達也、宮城永健の3氏が講師を務め、子どもだけで海に行かせないことや海の危険な生物、溺水者が出たときの対応、リーフカレントに流された時の対処法などを説明した。  安谷屋氏は「とにかく浮力を確保してほしい。また、溺れた人を見つけても不...
本文を読む

「万物の霊長」。生きとし生けるもので…

 「万物の霊長」。生きとし生けるもので最もすぐれたもの。すなわち人類をいう。中国の史書「書経」に由来する。思い上がりである▼国連の科学者組織「生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム」が6日、「世界で100万種の動植物が絶滅の危機にひんし、人類による生態系喪失がかつてない速度で進んでいる」との評価報告書を発表した。地球規模の抜本的保全策を訴えている▼報告によれば、世界...
本文を読む
キーワード検索フォーム