八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

キーワード「将棋」の検索結果は以下のとおりです。

最高の環境こそ久宇良の宝

 ▽…久宇良公民館の公認事業認定式と母の日祝賀会の会場は公民館前広場。きれいに刈られた芝生広場に机とイス、料理が並ぶ。心地よい風が吹く。周りを見れば山、海と豊かな自然。県道から離れているため静寂。夜になれば満天の星空。ゆったり、まったりにするには最高の環境。心癒やされる空間。これこそ久宇良の宝、財産だ。  ▽…第5回八重山ジュニア将棋選手権大会では、石垣島の子どもたちだけでなく、西表島からも...
本文を読む

過去最多、小中学生39人が熱戦 八重山毎日杯ジュニア将棋

八重山毎日新聞社杯・第5回八重山ジュニア将棋選手権大会に真剣な表情で挑む子どもたち=13日午後、大浜信泉記念館2階八重山毎日新聞社杯・第5回八重山ジュニア将棋選手権大会に真剣な表情で挑む子どもたち=13日午後、大浜信泉記念館2階
當銘君(大浜中1年)初優勝
 八重山毎日新聞社杯・第5回八重山ジュニア将棋選手権大会(主催・日本将棋連盟八重山支部、共催・八重山毎日新聞社)が13日午後、大浜信泉記念館で開かれ、小学1年から中学3年まで過去最多の39人が腕を競い、當銘征三郎君(大浜中1年)が選手権の部で初優勝に輝いた。  将棋歴4年の當銘君は「優勝を狙っていたのでうれしい。簡単な勝負も、難しい勝負もあった。県大会では3位以内に入りたい」と喜びを語った。...
本文を読む

具志君、珠算1級合格 平真小2年

全国珠算教育連盟主催の珠算検定試験1級合格の賞状を手に笑顔を見せる具志龍之介君=19日午後、たまよせそろばん教室全国珠算教育連盟主催の珠算検定試験1級合格の賞状を手に笑顔を見せる具志龍之介君=19日午後、たまよせそろばん教室
難問すらすら「10段目標」
 全国珠算教育連盟主催の珠算検定試験で、難関の1級に平真小学校2年の具志龍之介君(8)が合格した。検定試験の合格基準は5項目の計算でそれぞれ150点満点の100点以上。具志君は3項目で満点を獲得した。指導するたまよせそろばん教室の玉代勢光子さん(66)は「学校でかけ算九九も習っていないのにすごい。集中力が他の生徒と違う」と絶賛。具志君の将来の夢は父親と同じ税関職員。「(珠算最高位の)10段を目指...
本文を読む

「予定変わり残念」 台風18号

台風の中、宿泊施設内で土産品の手作り体験をして過ごす宿泊客ら=13日午後、アートホテル石垣島台風の中、宿泊施設内で土産品の手作り体験をして過ごす宿泊客ら=13日午後、アートホテル石垣島
観光客ら宿泊先で缶詰
 台風18号の影響で13日は、観光客らが宿泊先で缶詰め状態となり、各宿泊施設では朝から対応に追われた。  石垣市内の大型ホテルでは滞在客の延泊などで満室。施設内のスペースに、臨時に卓球台や囲碁・将棋盤を設置し、大浴場の入浴開始時刻を通常より早めるなど対応した。  担当者は「台風のときは事前に対策会議を開き、宿泊客の安全と、施設内でも快適に過ごせるよう万全の態勢で当たっている」と話した。 ...
本文を読む

サメ肉の効果的な活用を

 ▽…石垣市水産課がサメ駆除を観光メニューにしようという取り組みを始めている。遊泳客に危険で漁業にも被害を与える有害水産生物を観光客とともに捕獲し、漁業環境の保護と観光の振興につなげる狙いがある。ただ、捕獲した後のサメを、どうするかという課題がある。サメ肉をうまく活用できれば、事業効果はさらに高まるだろう。  ▽…白保公民館の第31回産業共進会。農水畜産業など4部門で活躍が認められた地域住民...
本文を読む

パラリンピック日本代表で68歳の選手が…

 パラリンピック日本代表で68歳の選手が最高齢だと話題になった。ところが、先日の島のゲートボール大会では60歳、70歳代は若手で80歳、90歳代の選手もざら。始球式は99歳の女性が務めた。こんな現状を超年寄りばかりのスポーツだと敬遠し小ばかにしている人も▼しかし、生涯スポーツとして考案されたゲートボールは、囲碁や将棋と同じように先を読む頭脳競技なので身体に無理なく楽しめて、健康長寿を願う人には最...
本文を読む

官房長官や自民党幹事長を歴任した…

 官房長官や自民党幹事長を歴任した加藤紘一氏が77歳で亡くなった▼加藤氏は東大を卒業後、外務省に入省。1972年の衆院選で父親の地盤を受け継ぎ、旧山形2区から出馬し、33歳の若さで初当選した▼84年の中曽根康弘内閣で初入閣し、防衛庁長官に就任。宮沢喜一内閣で官房長官、橋本龍太郎首相の下で自民党幹事長に起用され、「政界のプリンス」の異名をとり、当時、首相に最も近い人物として注目を集めた▼しかし、2...
本文を読む

巨大な丸太「奇異な光景に遭遇」

 ▽…石垣島の南西約110㌔の沖合で沈没した木材運搬船から大量の巨大な丸太が流出し、先島諸島の海岸に漂着している。長年、海岸の漂着物を調査している山口晴幸氏も「奇異な光景に遭遇した」と驚いたという。大木なので重機を使わなければならず、撤去には予算がかかる。持ち主は所有権を放棄しているが、費用を負担させられないか。  ▽…八重山将棋まつりの小学生名人戦で3連覇を達成した大江みちる君(大本小6年...
本文を読む

多良間田、先人の残した貴重な足跡

 ▽…八重山在多良間郷友会のメンバーが19日、平久保半島東にある多良間田跡に案内板を設置した。多良間田は1752年編さんの「宮古島記事」で伝承として記されていることから、それより前に多良間の人たちは通っていたことになる。郷友会にとって多良間田は、先人の残した貴重な足跡。誇りでもある。炎天下の作業も何のその。  ▽…辞書引き学習法を指導した中部大学現代教育学部の深谷圭助教授は学習会の中で自身が...
本文を読む

當銘洋介君が初代王者 第1回八重山オール学生将棋選手権

第1回八重山オール学生将棋選手権大会で入賞した當銘研晴君、當銘洋介君、熊木海駆人君、大濱晟椰君(左から)=18日午後、大浜信泉記念館多目的ホール第1回八重山オール学生将棋選手権大会で入賞した當銘研晴君、當銘洋介君、熊木海駆人君、大濱晟椰君(左から)=18日午後、大浜信泉記念館多目的ホール
八将館こども教室が上位独占
 将棋の八重山学生トップを決める第1回八重山オール学生将棋選手権大会(主催・日本将棋連盟八重山支部、共催・八重山毎日新聞社)が18日午後、大浜信泉記念館多目的ホールで開催された。市内の小中学生12人が出場して争った結果、當銘洋介君(11、3級)が初代王者に輝いた。  大会はA・Bブロックの予選リーグを行い、5戦全勝の當銘研晴君(13、3級)と弟の當銘洋介君(11、3級)、4勝1敗の熊木海駆人...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム