八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

船浮の恋物語 新たな装いに

「かまどま之碑」があった場所に新しく建立された「殿様節之歌碑」=3日午後、船浮カマドマ広場「かまどま之碑」があった場所に新しく建立された「殿様節之歌碑」=3日午後、船浮カマドマ広場
かんざし保管に地域住民「念願かなった」
「かまどま之碑」→「殿様節之歌碑」に改修
 【西表】1800年代の、船浮村の絶世の美女と言われたカマドマと船浮役人との恋物語をうたった「殿様節」の歌碑「かまどま之碑」がこのほど改修され、「殿様節之歌碑」に生まれ変わった。52年前に造るられたかまどま之碑には、船浮の住民がカマドマのものとする真ちゅう製のかんざしが収められていたが、老朽化でひび割れを起こすなど保管が困難になったことから、改修期成会(池田米蔵会長)が新しい歌碑の建立を計画。古...
本文を読む

環境管理を官民一体で 土屋氏が応援シンポで講演

基調講話の中で世界自然遺産推薦地域の概要について紹介された=2日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ基調講話の中で世界自然遺産推薦地域の概要について紹介された=2日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ
西表島の世界自然遺産登録
西表島に生息、ニイニイゼミ推薦書に追加へ
 奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島世界自然遺産登録応援シンポジウム(JALグループ主催、沖縄県・竹富町後援)が2日午後、市内ホテルで開かれた。同世界自然遺産候補地科学委員会委員長で琉球大学名誉教授の土屋誠氏による基調講話「世界自然遺産と八重山の自然」の中で、登録の推薦取り下げに関する内容や、推薦地域に選定するための指標も紹介された。今後、国際自然保護連合(IUCN)からの指摘事項に対応し、...
本文を読む

圏域別意見交換 県と八重山3市町長

沖縄振興予算の確保について意見を交わす八重山3市町長と県の担当者ら=1日午後、八重山合同庁舎2階大会議室沖縄振興予算の確保について意見を交わす八重山3市町長と県の担当者ら=1日午後、八重山合同庁舎2階大会議室
離島振興など14項目説明
8月上旬に要請
 2019年度沖縄振興予算の確保に向け、八重山3市町長と県による初の「圏域別意見交換会」が1日午後、八重山合同庁舎で非公開で行われ、中山義隆石垣市長、西大舛髙旬竹富町長、外間守吉与那国町長が出席、県の各部局に要望などを伝えた。  沖縄振興計画が残り3年となる19年度は、振興計画の総仕上げに向けた重要な時期とされ、県は同年度の振興予算確保で各市町村長と認識を共有するため意見交換を行っている。意...
本文を読む

しまの戦争から学ぼう

開幕した平和について考える企画展「しまの戦争の記憶~悲しみを乗り越えて~」=2日午前、八重山平和祈念館開幕した平和について考える企画展「しまの戦争の記憶~悲しみを乗り越えて~」=2日午前、八重山平和祈念館
平和祈念館で企画展始まる
7月1日まで開催
 慰霊の日を控え、八重山平和祈念館(比屋根勉分館長)の企画展「しまの戦争の記憶~悲しみを乗り越えて~」が2日、同祈念館で始まった。戦争遺跡の解説パネルの展示や戦争関連アニメが上映され、八重山地域における戦争の記憶を伝え、平和について考える機会となっている。7月1日まで。  企画展は石垣市内の忠魂碑、慰霊碑、戦争遺跡の解説パネル、戦争マラリアの体験者証言をパネルで紹介しており、初日は親子連れの...
本文を読む

西表、推薦取り下げ決定 世界自然遺産

国内外の観光客でにぎわう西表島の名所、カンピレーの滝。IUCNが「登録延期」を突き付けた勧告では、観光管理計画の実施も求められている=5月28日午前、西表島北西部にある浦内川中流部、カンピレーの滝国内外の観光客でにぎわう西表島の名所、カンピレーの滝。IUCNが「登録延期」を突き付けた勧告では、観光管理計画の実施も求められている=5月28日午前、西表島北西部にある浦内川中流部、カンピレーの滝
政府が閣議で了解
最短で20年夏の登録目指す
西大舛町長「課題に取り組む」
 世界自然遺産への登録を目指している「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」について、政府は1日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に申請していた推薦書をいったん取り下げることを閣議了解した。5月にユネスコの諮問機関、国際自然保護連合(IUCN)が推薦書の抜本的な見直しを求める「登録延期」を勧告したため、政府は来年2月に再申請し、最短で2020年夏の登録を目指す。取り下げの正式決定を受けて、西大...
本文を読む

空路「競争状態にない」 市議会臨時会

石垣ー那覇航空路線の沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業の適用継続を求める要請決議案が提案された本会議。全会一致で可決された=1日午前、本会議場石垣ー那覇航空路線の沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業の適用継続を求める要請決議案が提案された本会議。全会一致で可決された=1日午前、本会議場
意見書・要請決議を可決
離島割継続、県に直訴へ
 バニラ・エアが石垣路線に新規就航する7月1日以降、県が石垣ー那覇間の離島住民割引運賃「沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業」の適用を保留する措置を決めたことに対し、石垣市議会(知念辰憲議長)は1日、臨時会を開き、「格安航空会社の新規就航後、既存航空会社は現状の運賃設定を継続することから、価格競争状態とはならない」として事業の適用継続を求める意見書と要請決議を全会一致で可決した。砥板芳行氏の提案...
本文を読む

高さ17・4㍍で計画 白保リゾート

景観基準7㍍を大幅超
 白保集落北側の東海岸沿いで計画されているリゾートホテル建設をめぐり、施設の高さが石垣市の景観形成基準7㍍を超える地上4階建て17・4㍍で計画されていることを、白保リゾートホテル問題連絡協議会(新里昌央会長)が1日、明らかにした。企業側が市・県に提出した開発許可に係る届け出書に明記されている。  連絡協は、しらほサンゴ村で会見し、「風景計画の審査がされず、開発行為審査が終了する手続きは問題」...
本文を読む

水道水の適切利用訴え 水道週間スタート

第60回水道週間の出発式=1日午前、石垣市水道部庁舎駐車場第60回水道週間の出発式=1日午前、石垣市水道部庁舎駐車場
きょう、親子施設見学会
 「水道水 安全 おいしい 金メダル」をスローガンに第60回水道週間が1日、全国一斉にスタートした。7日まで。同日午前、石垣市水道部庁舎駐車場で開始式が行われ、関係者が水道水の適切な利用をアピールしたほか、石垣管工事事業協同組合加盟28社の職員が市内の家庭を巡回し、給水装置の点検と、チラシを配布した。ことしは、2月以降の降水量が平年の37%と少なく、このまま少雨傾向が続くと給水制限をせざるを得な...
本文を読む

陸自配備「絶対止めて」と訴え

意見交換会には住民一人が出席。中山義隆市長や部課長らが「絶対止めてください」と訴える抗議集会に耳を傾ける=5月31日夜、石垣市健康福祉センター検診ホール意見交換会には住民一人が出席。中山義隆市長や部課長らが「絶対止めてください」と訴える抗議集会に耳を傾ける=5月31日夜、石垣市健康福祉センター検診ホール
戦争体験、80歳男性が唯一出席 
嵩田・川原住民意見交換会
4公民館ら抗議集会
 平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣市は5月31日夜、嵩田・川原地区住民を対象にした意見交換会を市健康福祉センター検診ホールで開いた。川原から戦争体験者の男性(80)が唯一出席、「この施設を造れば標的になる。絶対止めてください」と訴えた。周辺地区住民に限定した意見交換会に反発する4公民館は開始前に芝生広場で抗議集会を開き、「市民全体でもっと綿密に話し合った上で意思決定していくことを...
本文を読む

発達支援システム「すこやか相談窓口」開設 石垣市

すこやか窓口相談の開設を前に看板が設置された=5月31日午後、石垣市健康福祉センターすこやか窓口相談の開設を前に看板が設置された=5月31日午後、石垣市健康福祉センター
保健・福祉・教育で連携
 石垣市は発達支援が必要な子どもの相談窓口として、「すこやか相談窓口」を市健康福祉センター内に開設し、1日から運用開始した。市は臨床心理士、保健師各2人を配置し、毎週水曜日の午前と午後、保護者らから相談を受ける。保健、福祉、教育で連携しながら乳幼児期から就労支援までライフステージに応じ、一貫した支援を行う。発達支援システム構築の第一歩として、支援を必要とする子どもの早期発見・支援に期待が寄せられ...
本文を読む
キーワード検索フォーム