八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

西表糖業 郡内トップで操業開始

1万1000㌧余の生産量を見込み、郡内5糖業のトップを切り今期操業を開始した西表糖業=5日午後、同糖業1万1000㌧余の生産量を見込み、郡内5糖業のトップを切り今期操業を開始した西表糖業=5日午後、同糖業
生産量は1万1260㌧見込む
 【西表】八重山郡内の糖業のトツプを切り西表糖業(上原直彦社長)の今期操業が5日、始まった。今期は収穫面積約170㌶、10㌃当たりの単位収量6・626㌧で、生産量は約1万1260㌧を見込んでいる。操業終了は来年4月11日を予定している。  同日午後4時から関係者を招いて工場内で行った製糖開始式で上原社長は「4月11日までをめどに1万1000㌧のサトウキビを原料に1600㌧の黒糖を製造する。安...
本文を読む

一部着工の中止求める 陸自配備計画

請願文を読み上げる石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会と4公民館の館長ら=5日午後、大浜信泉記念館請願文を読み上げる石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会と4公民館の館長ら=5日午後、大浜信泉記念館
玉城知事と県議会に請願書
市民連絡会4公民館長
 平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会(上原秀政氏ら共同代表5人)と4公民館長は5日、「経過措置期間の部分着工で環境アセスを逃れるような進め方は、本来、環境を保全すべき国の責任を放棄している」として、「県環境影響評価条例の趣旨を踏みにじる一部用地造成着工の中止を求める意見書」を防衛省沖縄防衛局に提出するよう求める請願書を県議会に提出した。玉城デニー知事...
本文を読む

陸自住民投票の実施を 求める会

1万5135筆の署名簿(左)を提出し、地方自治法に基づく審査を求める石垣市住民投票を求める会の渡久山修副代表ら=4日午後、石垣市選挙管理委員会事務局1万5135筆の署名簿(左)を提出し、地方自治法に基づく審査を求める石垣市住民投票を求める会の渡久山修副代表ら=4日午後、石垣市選挙管理委員会事務局
署名1万5135筆超提出
 石垣市住民投票を求める会(金城龍太郎代表)は4日、地方自治法に基づき、平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票の条例制定を求める直接請求の署名簿を、市選挙管理委員会(辻野ヒロ子委員長)に提出した。2日まで署名簿を回収した結果、署名数は全有権者(12月1日現在3万8799人)の約4割に当たる1万5135筆に達した。同法が規定する50分の1の署名数775人(9月20日時点)を上回るのは確...
本文を読む

竹富島入域料の委託難航

自然環境保全や農村集落景観を守るため「入域料」の導入を予定している竹富島。徴収業務のめどは立っていない=11月22日自然環境保全や農村集落景観を守るため「入域料」の導入を予定している竹富島。徴収業務のめどは立っていない=11月22日
船舶3社、徴収業務に二の足
 竹富島が来年4月1日の実施を目指す、入島する観光客らから任意の入域料300円を徴収する計画について、徴収業務委託候補の船会社3社が受託に二の足を踏んでいることが分かった。徴収方法案は、船賃に入域料を上乗せし、その一部を船会社に手数料として支払う徴収方法案となっているが、船会社側は、利用客への理解や経理業務に「不安要素がある」と懸念。町は船会社に協力を仰いでいるが、調整は平行線をたどっている。 ...
本文を読む

ポナン社が与那国初視察 フランスのクルーズ船社

与那国島へ初めてのクルーズ船寄港に向けて、久部良漁港を視察する伊地知亮日本駐在マネージャー(右)=1日午前、同港(YVB提供)与那国島へ初めてのクルーズ船寄港に向けて、久部良漁港を視察する伊地知亮日本駐在マネージャー(右)=1日午前、同港(YVB提供)
周遊観光寄港地を開拓 日本最西端の海底遺跡評価
 【与那国】小型船で秘境地周遊や極地探検などを展開するフランスのラグジュアリークルーズ船社「ポナン」の日本駐在職員が1日、新たな寄港地開拓の視察で初めて与那国島を訪れた。同社は2022年に、富裕層のフランス人観光客をターゲットに本島や慶良間諸島、八重山を周遊する新設コースを構想。視察では、日本最西端の島での海底遺跡や染め織り体験など「体験型商品」を高く評価した。小型クルーズの寄港実績の積み重ねが...
本文を読む

石垣侵攻想定し作戦分析

石垣島が侵攻された場合を想定した奪回のための作戦分析図(原本を一部省略した)※OR=作戦分析石垣島が侵攻された場合を想定した奪回のための作戦分析図(原本を一部省略した)※OR=作戦分析
防衛省 12年に離島奪回文書
住民保護触れず
 防衛省が2012年3月に、「南西諸島での将来における戦い方」として石垣島が侵攻されたことを想定し、島しょ奪回のための作戦を分析していたことが分かった。奪回に必要な戦力をはじき出している。同省によると、これらの成果は、現行の防衛計画大綱と中期防衛力整備計画に反映された。赤嶺政賢氏(共産)が11月29日の衆院安全保障委員会で、同省の内部文書として取り上げた。  赤嶺氏が入手した文書は、同省内部...
本文を読む

観光客増で過重負担

急患搬送業務の負担軽減や設備改善について意見する分団員ら=11月28日夜、干立公民館急患搬送業務の負担軽減や設備改善について意見する分団員ら=11月28日夜、干立公民館
西表西部地区
消防分団、体制強化訴え
 【西表】西表西部地区消防分団(上原、西表、白浜、船浮)は、観光客の増加などに伴って急患搬送業務で過重な負担を強いられていることが分かった。町によると、同分団の緊急出動件数は2017年で168件と他島に比べて多い。当番時には緊急連絡専用電話を24時間携帯して消防からの通報に対応しなければならず、精神的・肉体的な負担を招いている。このため分団員のなり手も少ないという。同分団は11月28日夜、干立公...
本文を読む

反対、賛成団体が声明、要請書 陸自配備計画

手続きを中止・停止して説明会を開催すべきだと声明を発表する石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会の共同代表(前列)ら=29日午後、大浜信泉記念館手続きを中止・停止して説明会を開催すべきだと声明を発表する石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会の共同代表(前列)ら=29日午後、大浜信泉記念館
 石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、反対、賛成の団体が29日午後、防衛省の説明会に先立ち、声明を発表したり要請書を採択したりするなど、それぞれの立場をアピールした。測量などの業務に加え用地造成工事の入札を12月に予定するなど配備に向けた同省の手続きが進む一方、平得大俣への配備計画の賛否を問う住民投票に向けた署名運動が追い込みに入る中、双方の対立が先鋭化する格好となった。 &nbs...
本文を読む

賛成、反対の230人参加 陸自配備市民説明会

防衛省本省や沖縄防衛局の職員(手前)に質問する出席者ら=29日夜、市民会館大ホール防衛省本省や沖縄防衛局の職員(手前)に質問する出席者ら=29日夜、市民会館大ホール
中国脅威で早期整備をー賛成派
民意と環境配慮に懸念ー反対派
 石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、防衛省沖縄防衛局は29日夜、市民を対象にした住民説明会を市民会館大ホールで開いた。防衛局によると、出席者は約230人。質疑応答で賛成派は中国の脅威論や災害時への対応の観点から早期の配備を求め、反対派は民意と環境への配慮に懸念をあらわにした。  平得大俣について防衛省側は▽市有地とゴルフ場など一定の地積がある▽島の中央部の高台に位置している—こと...
本文を読む

招待者16カ国など35人

最終の第4回実行委員会で運営マニュアルなどを確認する委員ら=29日午後、市民会館中ホール最終の第4回実行委員会で運営マニュアルなどを確認する委員ら=29日午後、市民会館中ホール
中国欠席、ピースベル実行委
 世界平和の鐘設置30周年記念事業ピースベルアイランド・イシガキ2018実行委員会(会長・中山義隆市長)は29日、最終の会議を市民会館中ホールで開き、運営マニュアル案を承認した。招待者は16カ国、1地域、1団体から計35人となっている。中国は欠席。  同事業は12月9日に前夜祭、歓迎夕食会、同10日に記念式典、交流昼食会。夕食会以外は新栄公園世界平和の鐘鐘楼前で行う。   前夜祭は午後5...
本文を読む
キーワード検索フォーム