八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

八重山の魅力感じて 空、海の玄関で歓迎催し

1日の2017人目の来島者となった田嶋範之さん家族4人(中央)=1日午後、南ぬ島石垣空港1日の2017人目の来島者となった田嶋範之さん家族4人(中央)=1日午後、南ぬ島石垣空港
観光の日
 八重山の特産品を味わい、島々の魅力を感じてもらおうと「観光の日」の1日、3市町各地でパイナップルや黒糖、トロピカルジュースを振る舞う「歓迎レセプション」が行われ、関係者らが旅行客に島の味をPRした。  南ぬ島石垣空港では、市観光交流協会青年部(田中誠司部長)がカットパイン100㌔とちんすこうなどを提供。2017年にちなみ、同日2017人目の来島者に航空各社が記念品を贈呈した。  石垣港...
本文を読む

中国人留学生 男女7人を正社員採用

中国福建省からやって来た(右から)張怡婷さん、童富敏さん、楊媛媛さん=7月31日午後、市役所中国福建省からやって来た(右から)張怡婷さん、童富敏さん、楊媛媛さん=7月31日午後、市役所
ロイヤルマリンパレス 海外客の対応に期待
 石垣市と竹富町でホテルを経営する㈱ロイヤルマリンパレス(吉田貴紀代表取締役社長)は、ことし4月に中国福建省から男女7人を正社員として新規採用した。7月31日午後、先行して3人が石垣に到着。そのうち1人が石垣市役所で転入手続きや、在留カード交付の申請を行った。ほか2人は1日に、竹富町役場で同様の手続きを行う。  3人とも大学などで日本語を習得しており、発音も流ちょう。吉田社長は「中国語と日本...
本文を読む

「白タク」横行、石垣港視察 「違法行為が産業に」

横行している白タク行為について、疑われているグループを注視する県ハイヤー・タクシー協会の東江一成会長(右)と伊良皆高司支部長=27日午前、石垣港周辺横行している白タク行為について、疑われているグループを注視する県ハイヤー・タクシー協会の東江一成会長(右)と伊良皆高司支部長=27日午前、石垣港周辺
県ハイヤー・タクシー協会 来月、方針確認へ
 石垣島にクルーズ船で訪れる外国人観光客を対象に白ナンバーの自家用車両やレンタカーで有償の乗合やタクシー類似行為などを行う「白タク」行為について、県ハイヤー・タクシー協会の東江一成会長が27日午前、石垣港周辺で違法行為の現状を視察した。東江会長は「合法と違法の中間にあるグレーゾーンな行為も見受けられた。全国的に八重山は(白タク行為が)ひどいので、関係機関を巻き込んで解決したい」と総括した。 ...
本文を読む

就業体験で人材確保 八商工の生徒16人が参加

収穫された規格外パインをカットパインに加工する八商工の生徒=24日午後、同加工場収穫された規格外パインをカットパインに加工する八商工の生徒=24日午後、同加工場
夏場の繁忙期パイン加工場
 規格外などの石垣島産パイナップルを仕入れてカットパインとピューレに加工している「石垣パイン加工場」は24日から、八重山商工高校情報技術科の生徒16人を就業体験の一環として受け入れ、労働力を確保している。パインの収穫ピークを迎えている夏場の繁忙期に加工場の稼働率を上げる考え。単月最大の加工処理能力を現状の2.8㌧から3.7㌧への向上を見込んでいる。  加工場では現在、職員3人が加工業務に従事...
本文を読む

保全修理施設新設を 民間船会社3社が要請

市に船舶保全修理施設の新設要請を行い、漢那政弘副市長らと意見交換を行う民間船会社の代表者ら=25日午後、市役所庁議室市に船舶保全修理施設の新設要請を行い、漢那政弘副市長らと意見交換を行う民間船会社の代表者ら=25日午後、市役所庁議室
高速船
 石垣島と周辺離島を高速船で結ぶ民間船会社の八重山観光フェリー㈱(大松宏昭代表取締役社長)、㈲安栄観光(森田安高代表取締役)、石垣島ドリーム観光㈱(丸尾剛代表取締役)の3社は25日午後、離島航路を利用する観光客の増加で所有船舶の大型化に伴い、定期検査や整備が可能な船舶保全修理施設の新設を石垣市に要請した。実現すれば、造船業の雇用拡大や船会社の整備費用の負担減による経営安定化などが図られると強調し...
本文を読む

サンドルチェ販促展開 試食で「酸味無くおいしい」

県が展開した販促活動で、果汁糖度19度以上の新品種パインアップル「サンドルチェ」を買い求める観光客ら=24日午後、JAゆらてぃく市場県が展開した販促活動で、果汁糖度19度以上の新品種パインアップル「サンドルチェ」を買い求める観光客ら=24日午後、JAゆらてぃく市場
県園芸振興課
 県が品種改良に取り組み、今年3月に商標登録した果汁糖度19度以上を誇るパインアップル「サンドルチェ」(沖農P17)の販売促進活動が24日午後、JAファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」を会場に県内で初めて行われた。試食・販売コーナーには訪れた観光客や地元客からは「酸味が無くておいしい」と驚きの声が多く上がり、買い求める姿が目立った。沖縄独自のブランドパインを目指す県園芸振興課の担当者...
本文を読む

ミサイル基地ストップ 市民大集会

「ミサイル」「基地」の文字に大きくバツ印を付けたプラカードを掲げ、配備反対を訴える参加者ら=22日夜、石垣市民会館大ホール「ミサイル」「基地」の文字に大きくバツ印を付けたプラカードを掲げ、配備反対を訴える参加者ら=22日夜、石垣市民会館大ホール
600人が島の未来へ 陸自配備反対を訴え 高良氏、市民の自治強調
 石垣市議会野党連絡協議会(5人)と、配備先候補地周辺の4公民館長も加わる石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会が22日夜、配備反対の意思を示す署名を呼び掛ける「みんなで決めよう 島の未来 市民大集会~市民ファーストでミサイル基地ストップ~」を石垣市民会館大ホールで開催した。石垣島への陸自配備計画に対する住民投票条例案が6月定例市議会(知念辰憲議長)で7対13の賛成少数で否決されたのを受け、2...
本文を読む

モリンガ生産増目指す 栽培農家ら事業組合設立へ

15人の農家らが栽培しているモリンガ=15日午前、伊原間の根間建有さんのほ場15人の農家らが栽培しているモリンガ=15日午前、伊原間の根間建有さんのほ場
拠点産地へ市も支援
 栄養が豊富で健康と美容に効果があると言われるモリンガを栽培する農家らの任意団体「石垣島モリンガ組合」(砂川拓也組合長、33人)が8月以降、肥料や種子、資機材の購入など共同事業を行う事業協同組合の設立を目指している。モリンガの加工販売を担う沖縄モリンガ有限責任事業組合(LLP)の設立に伴うもので、同組合では「販路があれば安心して作れる」(砂川組合長)と生産拡大につなげていく考えだ。  同組合...
本文を読む

ANA、新型機が就航開始 座席数、約1.2倍に

羽田—石垣線で14日から運航を開始したANAの787—9型機(手前)。従来機より座席数も貨物量も拡大している。羽田—石垣線で14日から運航を開始したANAの787—9型機(手前)。従来機より座席数も貨物量も拡大している。
羽田—石垣 観光客131万人達成に期待
 従来機より約1・2倍の座席数、搭載貨物量を誇る全日本空輸(ANA)のボーイング787—9型機が14日、羽田—石垣線で就航を開始した。観光のトップシーズンとなる夏休み期間の8月末まで定期運航する。期間中の提供座席数は前年同期比17.9%、5880席の増。観光業界は、昨年以上の送客で入域観光客数131万人の目標達成に期待を寄せる。  9型機は、現行8型機の胴体を延長したモデルで、細長くすらりと...
本文を読む

JTA機 イリオモテヤマネコを特別塗装

イリオモテヤマネコのペイントが施された主翼先端部と、デザインを担当した客室乗務員の塩崎綾香さん=12日、那覇市のJTAメンテナンスセンターイリオモテヤマネコのペイントが施された主翼先端部と、デザインを担当した客室乗務員の塩崎綾香さん=12日、那覇市のJTAメンテナンスセンター
世界遺産登録の取り組み後押し 15日に初便が新空港到着
 【那覇】日本トランスオーシャン航空(丸川潔社長)は12日、2018年の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」世界自然遺産登録を目指す国・県の取り組みを後押ししようと、主翼先端のウィングレットに国指定特別天然記念物イリオモテヤマネコのイラストを施した特別塗装機を、那覇空港内にある同社メンテナンスセンターで公開した。初便は15日午前9時10分、南ぬ島石垣空港に到着する。運航期間は2020年3月...
本文を読む
キーワード検索フォーム