八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

八重農が酒造免許取得  焼酎など6次産業化へ

雨の降る中、酒造りに使うこうじ用の米を脱穀する生徒たち=11日午前、名蔵地区の水田雨の降る中、酒造りに使うこうじ用の米を脱穀する生徒たち=11日午前、名蔵地区の水田
地域産業担い手育成も
 八重山農林高校(山城聡校長)のアグリフード科が、6次産業化と地域産業の担い手育成の新たな取り組みとして酒造免許を取得した。自ら育て収穫した米から醸造する技術を生徒たちに学んでもらおうと昨年12月に申請、5月17日付で石垣税務署から免許通知を受けた。取得したのは泡盛や焼酎を製造できる「単式蒸留焼酎製造免許」。将来的には、地元酒造会社に協力を求めるなどして製品化も視野に入れている。  同科では...
本文を読む

島外向け新米初出荷 品質一番良いと太鼓判

万歳三唱で超早場米の初出荷を見送る関係者ら=10日午後、JAおきなわ八重山地区ライスセンター万歳三唱で超早場米の初出荷を見送る関係者ら=10日午後、JAおきなわ八重山地区ライスセンター
JAライスセンター
 JAおきなわ八重山地区ライスセンターは10日、2019年産水稲一期米(ひとめぼれ)の島外向け出荷を開始した。初荷は全量1等米108㌧。本島に海上輸送され、各地のファーマーズマーケットで15日から販売される。  5月15日から始まった収穫ですでに600㌧余りが同センターに運び込まれており、約209㌧が精米された。うち1等米が石垣島産で約188㌧、西表島産で約7㌧、2等米が石垣島産で約13㌧と...
本文を読む

八重山病院、放射線治療外来を開設 

県立八重山病院に初めて開設された放射線治療外来で診察を行う戸板孝文医師=4日午後、八重山病院県立八重山病院に初めて開設された放射線治療外来で診察を行う戸板孝文医師=4日午後、八重山病院
毎月第1火曜日午後 専門の2医師が診察
 沖縄県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は4日、がんの放射線治療外来を初めて開設した。毎月第1火曜日の午後、沖縄本島にある県立病院の専門医師が診察に当る。八重山病院に放射線治療の設備がないため、治療は従来通り本島の病院となるが、初診が可能になった。診察を通して放射線治療についての情報を提供し、患者を設備が整った本島でスムーズに受診できるようにする。  月1回開設する外来は、県立中部病院の放射線治...
本文を読む

沖縄公庫八重山支店 18年度融資実績10.3%減

資金繰り改善で需要減 設備資金が全体の6割 好況背景に高水準維持
 沖縄振興開発金融公庫八重山支店(比嘉努支店長)が5月31日までにまとめた2018年度の融資実績は、前年度比7億2200万円(10.3%)減の59億4800万円となった。史上2番目に高かった17年度まで右肩上がりで推移してきたが運転資金の減少が影響した。融資件数も59件(10.3%)減の514件にとどまったが、好況な八重山経済を背景に設備資金を中心に資金需要は引き続き高水準を維持している。 ...
本文を読む

産地協議会 空港で石垣産パインPR 

3種類のパインを試食する観光客ら。「おいしい」と満足していた=5月31日午後、南ぬ島石垣空港3種類のパインを試食する観光客ら。「おいしい」と満足していた=5月31日午後、南ぬ島石垣空港
観光客「おいしい」と大好評
 石垣市パインアップル産地協議会(会長・天久朝仁石垣市農政経済課長)は5月31日、6月1日の「世界に誇る日本の夏の味覚 石垣島パインアップルの日」のプロモーションとして南ぬ島石垣空港で試食会を開いた。ボゴール、ソフトタッチ、ハワイ種のパインを用意、南国の甘酸っぱい香りを漂わせ、観光客らに「甘くておいしい」と大好評だった。  パインの拠点産地を周知し、試食を通してブランド力を高めることを目的に...
本文を読む

DMO登録後初の社員総会 機能強化など事業計画決定

2019年度事業計画案などを審議する社員ら=30日午後、はいむるぶし会議室2019年度事業計画案などを審議する社員ら=30日午後、はいむるぶし会議室
ビジターズビューロー 観光地戦略策定へ
 【小浜】一般社団法人八重山ビジターズビューロー(会長・中山義隆石垣市長、13社員)は30日午後、はいむるぶし会議室で、観光庁の日本版DMO法人正式登録後初となる2019年度第5回定時社員総会を開き、DMO団体としての機能を強化することなどをメーンとする事業計画を決めた。  DMOの専門家で構成される外部有識者委員会の助言を受けながら八重山圏域を訪れる観光客へのマーケティングの実施、収集した...
本文を読む

大量の不法投棄ごみ確認 関係機関が3カ所パトロール

大量のごみが不法に捨てられた宮良牧中地区の現場。関係者がごみの種類や量などを確認した=30日午後大量のごみが不法に捨てられた宮良牧中地区の現場。関係者がごみの種類や量などを確認した=30日午後
禁止看板近くにも投棄
 県八重山保健所(森近省吾所長)は30日、石垣市や八重山署など関係機関と不法投棄県内一斉パトロールを実施。保健所の不法投棄監視員や市のパトロール、住民などからの通報で見つかった3カ所を回った。  宮良牧中地区の現場入り口には市が立てた不法投棄禁止の看板があるにもかかわらず、コンクリートや廃材、自動車のタイヤ、パレットなど産業廃棄物が約3立方㍍捨てられており、廃棄物の重みでガードレールが壊れる...
本文を読む

キャッシュレス化促進 石垣市観光交流協会

第56回通常総会で大松宏昭会長(左)のあいさつを聞く会員ら=23日夕、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート第56回通常総会で大松宏昭会長(左)のあいさつを聞く会員ら=23日夕、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
人材不足など課題山積
 一般社団法人石垣市観光交流協会(大松宏昭会長、332人)は23日夕、2019年度第56回通常総会を石垣市内ホテルで開き、3月の理事会で承認された事業計画などを報告した。今年度も誘客・広報・受け入れ対策・交流など観光と地域環境の各振興事業に取り組むほか、クレジット・電子マネー決済の端末導入などキャッシュレス化の取り組みを強化する。  2018年の石垣市への入域観光客数は、台風の襲来や悪天候で...
本文を読む

ひとり親家庭を支援へ ランドセル購入費捻出

自販機の売り上げからランドセルの購入費用を寄付する事業をPRし、自販機の設置者を募集する八重山JCと市ひとり親家庭福祉会の会員ら=22日午後、市商工会館1階の事務局自販機の売り上げからランドセルの購入費用を寄付する事業をPRし、自販機の設置者を募集する八重山JCと市ひとり親家庭福祉会の会員ら=22日午後、市商工会館1階の事務局
八重山青年会議所 自販機設置の協力呼び掛け
 八重山青年会議所(八重山JC・上地誠理事長)は、自動販売機の売り上げの一部を市ひとり親家庭福祉会(前里和江会長)の新小学1年生のランドセル購入費用として寄付する「自動販売機を通じた共生社会推進事業」を実施する。上地理事長らが22日、石垣市商工会館内の事務局で会見し、自販機の設置に協力を呼び掛けた。  同事業は設置する自販機の収益からランドセルの購入費を捻出するとともに、地域にひとり親家庭の...
本文を読む

安全運転呼び掛け 比川小学校

大きな看板の前で安全運転をアピールする比川小の児童ら=15日午後、比川集落内大きな看板の前で安全運転をアピールする比川小の児童ら=15日午後、比川集落内
看板設置し、注意喚起
 【与那国】「登下校いつもの道こそ要注意」をスローガンに実施されている春の全国交通安全運動の一環で、比川小学校(東濵一郎校長、児童14人)の児童らが15日午後、比川集落内の県道沿いでドライバーに集落内を運転する際の安全運転を呼び掛けた。  学校の近くには、以前、テレビドラマで使用した撮影セットがあり、観光客の車での往来がある。中には車で行き止まりとなっている通学路にうっかり入り、校門前などで...
本文を読む
キーワード検索フォーム