八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

渡久山町議に辞職勧告

竹富町議会議員の渡久山康秀氏に対する辞職勧告決議案などを可決した町議会最終本会議=16日午前、町役場議場竹富町議会議員の渡久山康秀氏に対する辞職勧告決議案などを可決した町議会最終本会議=16日午前、町役場議場
土地取引問題で竹富町議会
 竹富町議会議員の渡久山康秀氏が一定面積以上の土地取引に国土利用計画法が義務付けている届け出を行わず、同法違反を指摘されていた問題で、町議会(新博文議長)は16日、渡久山氏に対する辞職勧告決議案を賛成多数(賛成6、反対2、欠席1)で可決した。決議に法的拘束力はない。閉会後、本紙の取材に応じた渡久山氏は、届け出を行っていなかった事実を改めて認め「県の方から『違反に対する処置はしない』との文書も届い...
本文を読む

石垣ー波照間 大型高速船、9月就航予定

国交省が航路改善計画内諾
 石垣ー波照間航路に大型高速船の導入を目指している竹富町の西大舛髙旬町長は16日、同船の導入に必要な航路改善計画に「国土交通省による内諾を頂いた」と述べた。町議会6月定例会最終本会議の開会前に報告した。  町によると、就航は9月を予定。導入される大型高速船は、県外企業から買い取る中古の双胴客船。総トン数は284㌧で定員は240人。石垣ー波照間間を約1時間15分で結ぶ。同計画が国交省の内諾を得...
本文を読む

ライスセンター稼動せず 与那国町議会6月一般質問

2015年以降、稼働を停止しているライスセンター=15日夕、与那国町製糖工場隣接地2015年以降、稼働を停止しているライスセンター=15日夕、与那国町製糖工場隣接地
精米機など機器類も故障
 【与那国】JAおきなわ与那国支店のライスセンターが2015年以降、電気関係の不具合から稼働していないことが15日、田里千代基氏の一般質問で分かった。町と与那国支店によると、2015年1月の旧製糖工場の解体工事に伴い、共同で利用していた電気関連設備が撤去されたため、配電されなくなった。島内で生産された米は、JA側が輸送費を補助して石垣島に送っているという。与那国支店は今後、施設整備などを行い、来...
本文を読む

給付型奨学金 希望者ゼロ 竹富町議会一般質問

教育委員会「周知不足」
条件面も再検討へ
 竹富町が本年度から取り組んでいる郡内初の給付型奨学金「ふるさと応援奨学生」の希望者がゼロだったことが、15日に行われた町議会(新博文議長)の6月定例会一般質問の質疑で分かった。去る4月1~20日まで募集を行い、問い合わせはあったものの応募がなかった。町教育委員会は「周知不足は否めない」とし、今後、給付対象となる高校生、保護者に周知を徹底するとともに、給付条件を定めた条例と規則の内容についても再...
本文を読む

経費削減も赤字決算

事業報告など承認した㈱八重山食肉センターの株主総会=15日午後、JAおきなわ八重山支店2階会議室事業報告など承認した㈱八重山食肉センターの株主総会=15日午後、JAおきなわ八重山支店2階会議室
八重山食肉センター
第45期 と畜実績 全体的に減
 ㈱八重山食肉センター(代表取締役・中山義隆石垣市長)の2017年度・第45期定時株主総会が15日午後、JAおきなわ八重山支店で開かれた。  同期の売り上げは9258万5233円で、製造原価を差し引いた売上総利益は355万955円。業務体制の見直しや経費削減の徹底で製造原価および一般管理費を前年比で約2600万圧縮したが2577万8452円(前期比400万減)の赤字決算となった。   と...
本文を読む

きょうから公開審査

八重山古典民謡コンクール
3部門に193人が挑む
 第43回八重山古典民謡コンクール(八重山毎日新聞社主催)の公開審査が16日から3日間、石垣市民会館中ホールで行われる。奨励普及賞10人、新人賞60人、優秀賞65人、最優秀賞58人の合計193人が審査に挑む。  審査は16日、最優秀賞の部(1~45番)。17日最優秀賞の部(46~58番)、奨励普及賞の部、新人賞の部。18日優秀賞の部。審査開始は午前9時半から。全審査終了後に合格者を発表する。...
本文を読む

南国の味覚 全国へ

八重山特産のパインとマンゴーの「ゆうパック」を全国に向けて発送する関係者=14日午前、八重山郵便局八重山特産のパインとマンゴーの「ゆうパック」を全国に向けて発送する関係者=14日午前、八重山郵便局
パイン、マンゴー「ゆうパック」出荷式
八重山郵便局、8万個目標
 八重山特産のパインとマンゴーの「ゆうパック」出荷式が14日午前、日本郵便㈱八重山郵便局(平良貢一局長)で行われた。同局によると、ことしの出荷式は昨年に比べて15日早い。昨年は台風などの外的要因が少なかったことでことしは例年よりも豊作となり、出荷量の大幅増を見込んでいる。本年度のゆうパック目標総取り扱い個数は昨年度実績を1万8545個上回る8万個としている。出荷式には航空輸送を担当する企業や生産...
本文を読む

優良繁殖ヤギ19頭購入 市山羊生産組合

在来種ヤギの改良と優良な雌ヤギの増頭を目指して石垣市山羊生産組合に貸与された本島からの優良繁殖ヤギ=13日午後、石垣港在来種ヤギの改良と優良な雌ヤギの増頭を目指して石垣市山羊生産組合に貸与された本島からの優良繁殖ヤギ=13日午後、石垣港
郡内初の純潔米国ボア種も
 石垣市が昨年度から取り組んでいる在来種ヤギの改良と優良な雌ヤギの増頭に向けて、本年度新たに本島から優良繁殖ヤギ19頭を購入して石垣市山羊生産組合(宮國文雄組合長)に引き渡した。このうち、県内に4頭しかいない純血の米国ボア種の雄1頭を郡内で初めて導入。同種をボア種とヌビアン種、ザーネン種の3種を掛け合わせた雌との交配で、1頭の体重が通常の大型種の2倍の約150㌔に成長することから、高品質で肉量の...
本文を読む

無料学習支援塾 市子どもセンター内に開所

「子どもホッ!とステーション未来塾」を運営する山里世紀子代表理事(右から2人目)ら=13日夕、市子どもセンター「子どもホッ!とステーション未来塾」を運営する山里世紀子代表理事(右から2人目)ら=13日夕、市子どもセンター
「子どもホッ!とステーション未来塾」
経済的に困難な世帯などの中学生が対象
 学習の意欲がありながら、経済的に困難などの理由で学習塾に通うことができない主に中学生を対象にした無料の学習支援塾「子どもホッ!とステーション未来塾」が13日、石垣市子どもセンター内に開所した。同センターを運営する一般社団法人HOPE(山里世紀子代表理事)が市から同塾の運営を受託。主に中学生を対象に学習を支援して高校進学を目指すほか、軽食の提供や生活指導を行い、経済的に困難な世帯やひとり親世帯な...
本文を読む

特養支援で1000万円確保 与那国町

離島活性化事業に3644万円
 【与那国】町は、入所者の減少や2015年度の介護保険報酬のマイナス改定の影響で経営の危機に陥っている特別養護老人ホーム「月桃の里」(定員30人)を支援する方針を固め、施設の支援補助金として1000万円を追加する2017年度一般会計補正予算案を、13日の6月定例町議会(糸数健一議長)に上程、承認された。  補正予算は、1億623万円を追加して総額28億2023万円とするもの。通信制高校開設、...
本文を読む
キーワード検索フォーム