八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

移住定住支援、北西部などで実施へ 支援協議会

石垣市の要望で保育士に限定して行われた県の移住体験ツアー。定員を上回る参加があった=2月24日午後、石垣市役所会議室石垣市の要望で保育士に限定して行われた県の移住体験ツアー。定員を上回る参加があった=2月24日午後、石垣市役所会議室
4月に計画案答申 住まい確保が重要課題
 石垣市移住・定住支援協議会(会長・本村真琉球大学教授、20人)で支援計画の策定作業を進めている石垣市は、これまでに素案をまとめた。移住検討者への効果的な情報発信、移住者と地域をつなぐネットワークの構築、仕事・住まいの支援、専門性を有する人材の移住・定住支援について具体的な施策を盛り込んでいる。協議会の意見を踏まえ、4月に2017年度から5年間の計画をまとめ、北西部など人口が減少している地域で事...
本文を読む

ヤギ肉高騰、キロ当たり800円→1200円

数量限定や販売停止となっているヤギ汁=9日、市内飲食店数量限定や販売停止となっているヤギ汁=9日、市内飲食店
消費量増影響、昨年の1.5〜2倍 値段据え置きに限界
 石垣市内のヤギ料理店で、ヤギ汁などの提供を制限する動きが広がっている。地元や観光客による消費量の伸びに供給が追いついていない上、ヤギ肉価格が高騰しているためだ。店側は「需要と供給のバランスが崩れている」と悲鳴を上げ、常連客は「よく食べていたヤギ料理が限定メニューになって食べられない日もある。残念」と肩を落とす。沖縄の名物料理の現状はどうなっているか取材した。(屋比久賢太記者)   ヤギ料理...
本文を読む

第38代ミスに大久、新嵩さん 八重山観光の魅力をPR

第38代ミス八重山南十字星の大久奈織さん(右)と同ミス星の砂の新嵩ひらりさん(左)=18日午前、小浜島はいむるぶしビーチ第38代ミス八重山南十字星の大久奈織さん(右)と同ミス星の砂の新嵩ひらりさん(左)=18日午前、小浜島はいむるぶしビーチ
 第38代ミス八重山の発表が海びらきであり、ミス南十字星に大久奈織(なお)さん(20)=竹富町小浜=とミス星の砂に新嵩ひらりさん(24)=石垣市新栄町=が選出された。2人は特設ステージでお披露目され、YVBの中山義隆石垣市長から認定証を受けた。  大久さんは1996年8月30日生まれ、趣味はDVD観賞で特技は八重山舞踊。新嵩さんは1993年1月20日生まれ、趣味は音楽鑑賞、特技は三線とピアノ...
本文を読む

地域貢献へ決意新た 八重山LCが結成55年式典

長年の協力に対し感謝状を受ける団体の代表者ら=18日夜、ホテル日航八重山長年の協力に対し感謝状を受ける団体の代表者ら=18日夜、ホテル日航八重山
 1962年3月16日に34人で産声を上げた八重山ライオンズクラブ(八重山LC、和泉用允会長、35人)は18日、結成55周年式典を市内ホテルで開催した。姉妹クラブの岡崎LCなど全国各地のLC、台湾の中華民国基隆仁愛獅子會などの会員もお祝いに駆けつけ、八重山LCの活動に期待を寄せた。  和泉会長は「先人が築いた業績を汚すことのないよう精進し、国際的な視野に立つ奉仕団体としてマングローブ事業、青...
本文を読む

がん情報、冷静に判断を 収集の重要性、市民学ぶ

がん情報のさがしかた勉強会in石垣市が開催された=18日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラがん情報のさがしかた勉強会in石垣市が開催された=18日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ
さがしかた勉強会
 がん情報のさがしかた勉強会in石垣市(琉球大学医学部付属病院がんセンター主催)が18日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラで開かれ、市民ら36人が参加した。国立がん研究センターの若尾文彦がん対策情報センター長とNPO法人がんサポートかごしまの三好綾理事長が、がん情報の情報収集に関し講演した。  若尾センター長は、がん情報を見極めるための10カ条として▽情報の偏りのチェック▽数字のトリックに注意▽...
本文を読む

磁気探査でヒルギ伐採 アクセス道路整備

ヒルギが伐採された宮良川上流=17日午後ヒルギが伐採された宮良川上流=17日午後
国指定地への影響懸念
 県が進めている新石垣空港アクセス道路整備に伴う新宮良橋(仮称)の磁気探査業務で、請負業者が足場を設置するため宮良川上流のヒルギ林の一部を伐採していたことが17日、分かった。県八重山土木事務所によると、工事が始まったのは約1週間前。石垣市教育委員会文化財課には14日、市民から連絡があった。下流のヒルギ林は国指定の天然記念物で、土砂流出などで影響を及ぼすおそれがあり、文化財保護法に違反する可能性が...
本文を読む

石垣島、離島認知度1位 八重山、上位占める

県内離島の認知度トップ10ランキング表県内離島の認知度トップ10ランキング表
3位に西表、与那国4位 公庫調査
 沖縄振興開発金融公庫(川上好久理事長)が17日に発表した「沖縄の離島観光に関する意識調査」で、離島の認知度1位に石垣島(83.5%)、3位が西表島(69.2%)、4位に与那国島(54.3%)と八重山離島が上位を占めた。一方、「認知しているが旅行未経験の島」では、1位が与那国島、4位が波照間島、5位に西表島だった。離島旅行の阻害要因は「費用が高い」(40代、44.1%)、「離島旅行に行く必要性は...
本文を読む

島の魅力を掘り起こし メディアツアー始まる

ユーグレナモール内の雑貨店「ひらりよ商店」で取材するメディアツアーの参加者=15日午後、同店ユーグレナモール内の雑貨店「ひらりよ商店」で取材するメディアツアーの参加者=15日午後、同店
専門誌10社県内外発信
 石垣島で活躍するクリエイターを中心にグルメや文化、ライフスタイル情報などを観光コンテンツとして県内外に幅広く発信するメディアツアーが15日から島内で始まり、東京と那覇から約10社の専門誌が島の魅力を掘り起こしている。  参加者は石垣島をクリエイティブで盛り上げる「石垣島クリエイティブフラッグ」に所属するデザイナーのアトリエやユーグレナモール内のオリジナル雑貨店、島内の観光地などを巡った。1...
本文を読む

市、防衛省との調整未公表 陸自配備

手続き前に副市長が面談 中山市長の情報公開に逆行
 石垣市平得大俣東への陸上自衛隊配備計画をめぐり、漢那政弘副市長が1月19日に防衛省や沖縄防衛局などの担当者らと市役所で面談し、今後の手続きの進め方について説明を受けていたことが13日、分かった。3月定例市議会一般質問で長浜信夫氏が明らかにした。沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長が2月7日に中山義隆市長を訪ね、配備に向けた手続きを開始すると伝える前に説明を受けていたことになるが、情報はこれまで公表されて...
本文を読む

決起集会の方針確認 コンドイビーチ

竹富島コンドイビーチ付近で計画されているリゾート事業の阻止活動について意見を交わす住民説明会に参加した地域住民ら=12日夜、竹富島まちなみ館(三浦彰徳通信員撮影)竹富島コンドイビーチ付近で計画されているリゾート事業の阻止活動について意見を交わす住民説明会に参加した地域住民ら=12日夜、竹富島まちなみ館(三浦彰徳通信員撮影)
リゾート阻止で説明会
 那覇市の不動産会社㈱アールジェイエステートが竹富島コンドイビーチ付近で計画しているリゾート事業の阻止に向けて取り組みを進めている対策委員会(水野景敬委員長)は12日夜、竹富島まちなみ館で今後の活動について意見を交わす住民説明会を開いた。住民ら約70人が参加した。今後、同委員会は、開発を許可した県に対するパブリックコメントの実施などを提案し、同社の計画に反対する決起集会を開く方針も確認した。 ...
本文を読む
キーワード検索フォーム