八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

石垣市甘しょ生産組合設立 生産者15人が結束

設立準備会で規約の内容などを確認する生産者ら=9日夜、市役所会議室設立準備会で規約の内容などを確認する生産者ら=9日夜、市役所会議室
石垣ブランドを安定供給へ 市、県の拠点産地化目指す
 石垣ブランドの沖夢紫などの甘しょ生産に取り組む生産者15人が9日、品質の良い原料の安定供給や所得向上などを目的に石垣市甘しょ生産組合(東田盛正組合長)を設立した。3月までに総会を開き、活動計画、収支予算などを決める。石垣市は2007年度に甘しょ産地協議会(会長・石垣克治農政経済課長)を立ち上げ、これまで生産者、加工事業者と連携して産地化を推進。生産者組織の発足を受け、市は4月中に県の農林水産戦...
本文を読む

飲酒運転、16年検挙件数が65件 前年比で19・8%減

31158.png
翌朝、アルコール残った状態多い
 八重山署管内における2016年の飲酒運転による検挙件数は65件と、前年を16件(19.8㌫)下回り、過去5年間で12年に並ぶ少なさとなった。だが、検挙数を時間帯別でみると、午前6時から9時に、全体の36.9㌫に当たる24件が集中し、アルコールが体内に残った状態で運転しているドライバーが多い実態を裏付けた。  なお16年の県全体の検挙件数は、1856件と15年を224件(12.1㌫)上回り2...
本文を読む

石垣空港 中型機対応へ 駐機場拡張、来月中に発注

国際線ターミナルの増改築に合わせ、エプロンも拡張される南ぬ島石垣空港=1月28日午前国際線ターミナルの増改築に合わせ、エプロンも拡張される南ぬ島石垣空港=1月28日午前
19年度供用予定
 【那覇】県は、2013年3月の南ぬ島石垣空港開港以降続いている乗降客の増加に対応するため、石垣空港ターミナル㈱が行う国際線ターミナルビルの増改築に合わせ、エプロンの拡張を計画している。県空港課によると、現在、実施設計の入札に向けた準備を進めており、3月中に発注する予定だ。17年度内の着工、18年度末の完成、19年度の供用開始を目指す。  同課によると、現エプロン北側を約59㍍拡張し、中型機...
本文を読む

防衛局長、「できるだけ早く配置」 陸上自衛隊配備

配備先候補地周辺の地権者らとの調整を開始すると伝える中嶋浩一郎沖縄防衛局長=7日午後、市長室配備先候補地周辺の地権者らとの調整を開始すると伝える中嶋浩一郎沖縄防衛局長=7日午後、市長室
中山市長と面談で言及 計画案は作成の段階で提示 地権者との調整開始へ
 石垣市平得大俣東の市有地と周辺への陸上自衛隊配備計画をめぐり、防衛省沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長が7日午後、市役所を訪れ、昨年12月26日に事実上の受け入れを表明した中山義隆市長と面談した。「南西諸島地域の情勢は大変厳しくなっている。できるだけ早く配置していきたい」として、周辺地権者ら関係者との調整を開始し、具体的な配備計画案を作成した段階で提示する意向を伝えた。ただ、具体的なスケジュールについ...
本文を読む

「高さ制限」ポイントに 風景計画見直し

良好な景観の創出を目的に作成された風景計画。見直しでは高さ制限がポイントとなる(写真は川平石崎=2010年5月31日)良好な景観の創出を目的に作成された風景計画。見直しでは高さ制限がポイントとなる(写真は川平石崎=2010年5月31日)
市民検討会議が発足
 2017年度で風景計画などの見直しを予定している石垣市は1月31日、市民検討会議(議長・漢那政弘副市長、委員15人)を立ち上げ、課題や解決方法の検討を開始した。2月までに3回の会議を持ち、検討結果を中山義隆市長に報告する。市の風景計画は、2007年のスタートから10年が経過。この間、新石垣空港の開港や東日本大震災など社会情勢の変化に伴い、宿泊施設の充実、津波対策などが求められており、高さ制限の...
本文を読む

昨年12月過去最高1.55倍 求人あるが求職者減少

八重山公共職業安定所 有効求人倍率 人手不足への対応急務
 八重山公共職業安定所(仲程通助所長)管内の有効求人倍率が昨年10~12月期で前年同期を0.29ポイント上回る過去最高の1.46倍となった。1倍を超えるのは2016年12月から25カ月連続。このうち12月の単月期は1.55倍で最高値を記録した。仲程所長は「求人に対して求職者が減少していることが有効求人倍率を押し上げている。大手ホテルの開業などで雇用の受け皿が拡大しているが、労働力は縮小しており、...
本文を読む

「違法性なし」を確認 ごみ手数料条例

条例で定める1㌔単位ではなく10㌔単位で計る仕組みとなっている計量器。市は、ごみ手数料引き上げに伴う条例改正案で10㌔単位に修正している=4日午後、石垣市最終処分場条例で定める1㌔単位ではなく10㌔単位で計る仕組みとなっている計量器。市は、ごみ手数料引き上げに伴う条例改正案で10㌔単位に修正している=4日午後、石垣市最終処分場
実施時期先送りで調整
 石垣市のクリーンセンターと最終処分場への直接搬入料金が条例で表記されている1㌔単位ではなく10㌔単位で徴収されている問題で、市議会経済民生委員会から「条例違反ではないか」と指摘されていることに対し、市は4日までに「違法性」がないことを顧問弁護士から確認した。これを受け、処理手数料の引き上げに併せて10㌔単位に修正した昨年12月定例会提出の条例改正案を継続させる方針を固めた。市は「市民に誤解を与...
本文を読む

17年観光客131万人に設定 誘客強化で過去最高目指す

ことしの入域観光客数の目標値として131万人を掲げる左から中山市長、西大舛高旬竹富町長、上地常夫与那国長総務財政課長=3日午後、市役所庁議室ことしの入域観光客数の目標値として131万人を掲げる左から中山市長、西大舛高旬竹富町長、上地常夫与那国長総務財政課長=3日午後、市役所庁議室
YVB
 3市町と3市町観光協会などで構成する一般社団法人八重山ビジターズビューロー(会長・中山義隆市長、YVB)の中山市長らが3日、市役所で会見し、2017年の入域観光客数の目標を131万人に設定すると発表した。過去最高を記録した16年の124万8079人から5.0%増を見込む。空路で102万人(前年比4.7%増)、海路で29万人(同6.0%増)。YVBは▽海外からのクルーズ船の増加▽海外直行便の増加...
本文を読む

香港で石垣島物産販売へ 

石垣市の香港市場プロモーション事業について説明を受ける事業者ら=2日午後、石垣港離島ターミナル会議室石垣市の香港市場プロモーション事業について説明を受ける事業者ら=2日午後、石垣港離島ターミナル会議室
出品説明会に24業者が参加
 石垣市の香港市場プロモーション事業で、現地で開催する石垣島観光物産フェアと現地飲食店に商品を置くプロモーションへの出品物と事業者を募る説明会が2日午後、石垣港離島ターミナル会議室であった。24業者が参加し、事業概要や輸出に関する規定などについて説明を受けた。同フェアとプロモーションは、3月上旬に実施。フェアの開催場所と具体的な日程は市が現在も調整を進めており、現地のスタッフや希望する事業者が直...
本文を読む

過去最高124万8079人 16年八重山の観光客

31107.png
消費額初の700億円台を突破
 2016年の八重山入域観光客数は前年を13万3028人(11.9%)上回る過去最高の124万8079人となった。観光消費額は前年比145億3000万円(22.6%)増の788億6000万円で、初めて700億円台を突破した。昨年は台風などの外的要因が少なく、国内と海外路線の送客が堅調で、観光客数が初めて120万人を突破した。八重山ビジターズビューロー(YVB)が掲げていた年間125万人の目標値を...
本文を読む
キーワード検索フォーム