八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

「美崎牛」台湾進出 JA石垣牛に先駆け

台湾出荷に向け、「美崎牛」をトラックから降ろす美崎畜産のスタッフら=16日午後、石垣港台湾出荷に向け、「美崎牛」をトラックから降ろす美崎畜産のスタッフら=16日午後、石垣港
毎月6、7頭出荷へ
鹿児島で食肉処理
 ㈲美崎畜産(美崎伸栄代表)が生産する自社ブランド牛「美崎牛」を販売する㈱美崎牛本店(美崎信二代表取締役社長)は、日本産牛肉の輸入を16年ぶりに解禁した台湾に、枝肉の出荷を開始することになった。春節(旧正月)の2月16日までには消費者に届く見通し。毎月6~7頭の出荷を計画する。JA石垣牛に先駆け、石垣島から民間ブランド牛が台湾市場に進出することになり、現地での反応が注目される。一方、八重山食肉セ...
本文を読む

電動スクーター来月シェア開始 市と台湾メーカー共同事業

17日から市役所第二駐車場で始まった「GO SHARE」の交換式バッテリー用充電ステーション工事=17日夕、同駐車場17日から市役所第二駐車場で始まった「GO SHARE」の交換式バッテリー用充電ステーション工事=17日夕、同駐車場
自然環境配慮し石垣島観光
国内初、住友商事が運営
 台湾の電動バイクメーカー、GOgoro社と石垣市の共同による電動スクーターのシェアリングサービス「GO SHARE」を展開する住友商事㈱=東京都中央区=は、2月からサービスを開始する。1月4日付で沖縄ツーリスト(東良和代表取締役会長、OTS、那覇市)と戦略的パートナーシップを結び、OTSが石垣島観光の新たなアクティビティとして打ち出し、観光商品の創出や機材の保守など総合的なサービス管理を担う。...
本文を読む

八重山闘牛界に新風 初の女性組合長に上地かおりさん

女性初の組合長として活躍する上地かおりさん=16日午後、字大川の黒島牧場女性初の組合長として活躍する上地かおりさん=16日午後、字大川の黒島牧場
SNSで情報発信、他団体と交流強化
フットワークと求心力でけん引
 八重山闘牛組合で昨年11月、第7代組合長に上地かおりさん(44)=石垣市石垣=が就任した。組合設立55年で初の女性組合長。全国でも初めて。「屈強な男たちの世界」というイメージの強い闘牛界を発展させようと奔走、「私一人で引っ張るのではなく、組合員の皆さんと協力して盛り上げていきたい」と抱負を語る。フットワークの軽さと求心力が魅力。女性組合長の誕生で八重山闘牛界に新たな風が吹き始めている。  ...
本文を読む

市内でパイン栽培習得へ

石垣市のパインアップル農家に派遣されるファン・ティエン・ズンさん(右)とチャン・アイン・ズンさん(左)=16日午前、宜野座村のJAおきなわ教育研修所石垣市のパインアップル農家に派遣されるファン・ティエン・ズンさん(右)とチャン・アイン・ズンさん(左)=16日午前、宜野座村のJAおきなわ教育研修所
外国人実習生、初の受け入れへ
ベトナムの青年意欲
 【宜野座】農業技術伝達による国際貢献と県内農業経営の安定化を図ろうとJAおきなわが2017年から導入している外国人技能実習制度の第2期生の開講式が16日、JAおきなわ教育研修所で行われた。2期生はベトナム人17人。今回、初めて八重山での受け入れが実現、2人が石垣市内のパインアップル農家の下で栽培技術を学ぶことになっている。実習生は2月9日までの約1カ月間、研修所で日本語や生活、交通安全などの指...
本文を読む

インフルエンザ拡大

32868.インフルエンザ発生動向.jpg
八重山管内362人、週264人増
保健所、対策徹底呼び掛け
 八重山保健所管内でインフルエンザの患者数が1月8日からの1週間で362人(定点当たり120.67)に急増し、猛威を振るっている。過去10年間で最多を記録した2016年2月22日から1週間の罹患数369人(同123人)を上回る勢い。乳幼児から児童の間で爆発的に感染が広がっており、保健所は「うつさない対策」「かからない対策」の徹底を呼び掛けている。  同管内では、前週(1月1日から7日)にイン...
本文を読む

「尖閣、日本固有の領土」

日本固有の領土であることを発信する尖閣諸島開拓の日式典=14日午後、市民会館中ホール日本固有の領土であることを発信する尖閣諸島開拓の日式典=14日午後、市民会館中ホール
開拓の日式典で内外に発信
市長、環境保全も訴え
 日本政府が1895(明治28)年に尖閣諸島を日本固有の領土として編入することを閣議決定した日を記念した尖閣諸島開拓の日式典(石垣市主催)が14日午後、市民会館中ホールで行われた。内外から約170人が出席、石垣市の行政区域で日本固有の領土であることを内外に発信した。  中山氏は式辞で、尖閣諸島で故・古賀辰四郎氏の開拓と経済活動に触れた上で「紛れもなく、日本固有の領土としての歴史的事実がある」...
本文を読む

青空に多彩なたこ舞う 新春凧あげ大会

新春最初のたこ揚げイベントで、製作したたこを揚げて楽しむ家族連れ=14日午前、南ぬ浜町新春最初のたこ揚げイベントで、製作したたこを揚げて楽しむ家族連れ=14日午前、南ぬ浜町
親子連れがイベント楽しむ
 新年の空を多彩なたこで彩る「2018年度新春凧あげ大会」(石垣市教育委員会主催)が14日午前、南ぬ浜町で開かれ、大勢の人々が製作した自慢のたこが大空に舞った。伝統だこの完成度と仰角を競う伝統凧部門では長濱慶潤さん(ピキダー)、米盛勝仁さん(八角)、平田ゆあさん(アヨー)が最優秀賞に輝いた。  この日は午前9時の開会式後、各部門に出場するたこのできばえ審査を八重山凧愛好会のメンバーが行って競...
本文を読む

子牛初セリ 平均価格が70万円超

県内トップを切ってスタートした黒島での子牛初セリ=13日午前、黒島家畜市場県内トップを切ってスタートした黒島での子牛初セリ=13日午前、黒島家畜市場
黒島で131万円の最高値 八重山は前年平均上回る
 JAおきなわが運営する県内8家畜市場のうち、黒島家畜市場と八重山家畜市場で13日、県内トップを切って子牛の初セリが行われ、平均価格は黒島で73万3473円、八重山で75万456円と共に70万円を超えた。黒島では131万4360円の最高値がついた。両市場では昨年中盤以降、全国の相場の影響で60万台に落ち込んでいたが、黒島ではこの日の初セリで、八重山では昨年12月でそれぞれ70万円台に乗り、上々の...
本文を読む

泡盛酒甕の魅力学ぶ

陶芸家のポール・ロリマー氏陶芸家のポール・ロリマー氏
陶芸家ロリマー氏が講演
 泡盛の酒甕(さけがめ)について知識を深めようと石垣島みらいカレッジ公開講座「土と泡盛」が13日午後、石垣市商工会ホールで開かれ、窯業事業者や一般市民ら約50人が参加した。沖縄本島を拠点に酒甕づくりを行う陶芸家のポール・ロリマー氏を招き、泡盛甕の魅力について学んだ。  ロリマー氏は酒器により泡盛の味に違いが出るため甕の選び方から使用する土の成分、こだわりの窯だきについて講話し、良い甕の条件と...
本文を読む

島内で特産品など仕入れ 税関空港指定

香港市場に向けた仕入れで地元商品を試食するBRIDGESの又吉真由美代表と道の駅香港の世良田紀子代表(左から)=12日午後、宮城菓子店香港市場に向けた仕入れで地元商品を試食するBRIDGESの又吉真由美代表と道の駅香港の世良田紀子代表(左から)=12日午後、宮城菓子店
香港のバイヤー来島
輸出サポート体制の課題も
 税関空港指定で、昨年12月から香港への国際航空貨物の輸出が始まった新石垣空港。現地で石垣を「一番近い日本」と位置づけ、人に加えて物の動きも活発化するなか、島産品の消費と多品目輸出の拡大に着目した香港の現地バイヤー2人が11日、来島。島内で仕入れた特産品など約170㌔を16日に香港へ出荷する。民間業者が国際航空貨物を利用するのは初めて。一方、手狭で冷蔵機能が無い保全エリアや牛肉の海外出荷に対応し...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム