八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

「県民投票必要ない」 辺野古賛否

市長、否定的な見解
「県費5億5000万円ムダ」
 辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票について中山義隆市長は18日、「推進派は民主主義の補完にはお金がかかると言っているが、ムダな5億5000万円の県費を使うくらいであれば県民投票は必要ない」と強く否定的な見解を示した。12月定例石垣市議会(平良秀之議長)で前津氏の一般質問に答えた。中山市長は投票経費を追加する補正予算案を今定例会に提案しており、「議会が必要でないと判断すれば尊...
本文を読む

月桃の里に3500万円補助 与那国町

町へのふるさと納税で3500万円の支援の見通しが立った特別養護老人ホーム月桃の里=18日夕、同施設町へのふるさと納税で3500万円の支援の見通しが立った特別養護老人ホーム月桃の里=18日夕、同施設
匿名者の1億円から支出
ふるさと納税
 【与那国】社会福祉法人ダンヌ会(上地国生理事長)が運営する町内唯一の特別養護老人ホーム「月桃の里」(定員30人)に対し与那国町(外間守吉町長)は18日、昨年12月に町出身の匿名者から受けた1億円のふるさと納税から3500万円を来年3月議会に支出で計上することを明言した。12月定例町議会で与那原繁氏の一般質問に答えた。施設は介護保険制度の開始や人口減少などで入所者が低迷。累積赤字の拡大で町に助成...
本文を読む

城間、浅野さんに大賞

「第2回STOP!!飲酒運転・路上寝川柳大会」の受賞者ら=18日夕、八重山署署長室「第2回STOP!!飲酒運転・路上寝川柳大会」の受賞者ら=18日夕、八重山署署長室
2部門に475点の応募
飲酒運転根絶路上寝防止川柳
 地域住民が飲酒運転や路上寝への思いを川柳にすることで、地域ぐるみで二つの根絶を目指そうという取り組み「第2回STOP!!飲酒運転・路上寝川柳大会」(八重山警察署、八重山地区交通安全協会主催)は審査の結果、飲酒運転根絶部門で城間和也さん(33)=登野城=の「ばすきなよ~(忘れないで) あなたが握る 家族の未来」、路上寝防止部門で浅野史也さん(31)=石垣=の「冷たいね 寝転ぶ道より 周りの目」が...
本文を読む

パイン部会がハワイ研修

ハワイ州オアフ島での研修に参加したJAおきなわ八重山地区パイン生産部会の部会員ら(同部会提供)ハワイ州オアフ島での研修に参加したJAおきなわ八重山地区パイン生産部会の部会員ら(同部会提供)
JAおきなわ八重山地区 栽培や販売方法を視察
 JAおきなわ八重山地区パイン生産部会(知念辰憲部会長)は3日から8日までの日程で、ハワイ州オアフ島を訪れ、研修を行った。部会員26人が参加し、ホールフーズマーケットやドールプランテーションで栽培方法や販売方法などを視察した。  知念部会長は「慰労と親睦を兼ねた視察研修で、今回は多くの部会員が参加した。先進地視察は生産意欲の向上につながる。ハワイではほ場の面積が広く、機械化されていた。生果が...
本文を読む

次年度から試験運用

米原海岸の利用ルール作りの取り組みを報告する石垣市の担当者ら=15日午後、県八重山合同庁舎大会議室米原海岸の利用ルール作りの取り組みを報告する石垣市の担当者ら=15日午後、県八重山合同庁舎大会議室
米原海岸利用ルール
運用体制が課題に
 環境省のサンゴ礁生態系保全行動計画(2016~2020年)中間評価会議(石垣市共催)が15日、県八重山合同庁舎大会議室で開かれ、2016年7月に同計画のモデル事業地区に選定された米原海岸について、石垣市環境課が環境保全・安全利用のためのルール作りの取り組みを報告した。19年度に試験運用、20年度に本格運用を予定している。持続的な運用体制の構築が課題として指摘される一方、提言もあった。  米...
本文を読む

宮腰沖縄当相に要請 八重山市町会

八重山市町会から要請を受ける宮腰光寛内閣府特命担当相(右から2人目)=15日夜、あじ彩石垣島八重山市町会から要請を受ける宮腰光寛内閣府特命担当相(右から2人目)=15日夜、あじ彩石垣島
地震・津波観測システムなど
 八重山市町会(会長・中山義隆市長)は15日夜、先島視察のため就任後初めて来島した宮腰光寛内閣府特命担当相に、宮古・八重山での地震・津波観測システムの設置など7項目を要請した。  中山市長、西大舛髙旬竹富町長、外間守吉与那国町長が市内で行われた夕食懇談会に先立ち、「地域の発展のために協力をお願いしたい」と要請書を手渡した。  項目はほかに▽石垣空港の検疫飛行場指定(市)▽新港地区整備事業...
本文を読む

島々の手わざ一堂に 西表島エコツーリズム協

小浜島のウームスづくりを体験する来場者=15日午前、中野わいわいホール小浜島のウームスづくりを体験する来場者=15日午前、中野わいわいホール
植物活用し伝統民具
 植物を活用して作られた伝統民具が一堂に会する「島々の手わざ展」(NPO法人西表島エコツーリズム協会主催)が15日、中野わいわいホールで開催された。会場には島内外から多くの人が来場、西表島と竹富島、小浜島、与那国島、沖縄本島の民具の奥深さに触れ、ワークショップや作り手たちによるトークショーを楽しんだ。2018年度竹富町頑張る地域応援プロジェクト事業の助成を受け実施したもので、協会によると民具の展...
本文を読む

石垣駐屯地「早期着工を」

沖縄防衛局に陸上自衛隊配備計画の早期着工を要請する先島地区商工政治連盟など関係団体の代表ら=14日午後、自衛隊沖縄地方協力本部沖縄防衛局に陸上自衛隊配備計画の早期着工を要請する先島地区商工政治連盟など関係団体の代表ら=14日午後、自衛隊沖縄地方協力本部
地元7団体、防衛局に要請
住民投票「阻止したい」と発言
 【那覇】平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、先島地区商工政治連盟(黒嶋克史代表)と県建設業協会八重山支部(米盛博明支部長)など7団体の代表ら14人が14日、自衛隊沖縄地方協力本部を訪れ、配備予定地周辺の環境整備や地元企業への優先発注など4項目を盛り込んだ要請書を沖縄防衛局の伊藤晋哉企画部長に手渡し、「住民説明会や討論会などで市民への理解は浸透している」として「一日も早い着工を」と求めた。地...
本文を読む

有効署名数1万4263筆

有効署名数が1万4263筆に達した署名簿。19日まで縦覧される=13日午前、石垣市選挙管理委員会有効署名数が1万4263筆に達した署名簿。19日まで縦覧される=13日午前、石垣市選挙管理委員会
住民投票条例請求
市長へ年内に本請求
 石垣市選挙管理委員会(辻野ヒロ子委員長)は、石垣市住民投票を求める会(金城龍太郎代表)から提出された平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う条例制定請求署名の審査を終え、13日から縦覧を行っている。有効署名数は1万4263筆。12月1日現在の有権者数(3万8799人)を基準日とした50分の1の法定署名数776人の18倍に上った。19日まで縦覧する。異議申し立てがなければ、年内に中山義隆市長へ...
本文を読む

義務費該当有無 明言せず 辺野古県民投票

一般会計補正予算案に盛り込まれた県民投票費について審議する委員ら=13日午後、議員協議会室一般会計補正予算案に盛り込まれた県民投票費について審議する委員ら=13日午後、議員協議会室
市、自治法解釈で
 来年2月24日に行われる「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票」の県支出予算が、地方自治法第177条で定める義務費に該当するか否かの解釈について、石垣市は13日、「義務費かどうかわかりづらいところがある」(翁長致純総務課長)と明言を避けた。同予算を審議する市議会総務財政委員会(砥板芳行委員長、8人)で委員の質問に答えた。  県は、義務費に該当し、県と市町村には執行する義務...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム