八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

「ミサイル基地は危険」「中国攻めてくる可能性」

住民意見交換会に参加する市民。冒頭、中山義隆市長のあいさつを聞く=11日夜、石垣市民会館大ホール住民意見交換会に参加する市民。冒頭、中山義隆市長のあいさつを聞く=11日夜、石垣市民会館大ホール
陸自配備計画 初の住民意見交換会開催
 防衛省の平得大俣地区陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣市は11日夜、全市民を対象にした初の住民意見交換会を市民会館大ホールで開いた。200人余りが出席、中山義隆市長らは「ミサイル基地があると逆に危険だ」「中国が攻めてくる可能性がある」などと反対・賛成双方の意見を聞いた。市は意見を整理して同省に伝え、質問については配備予定地周辺4地区への回答と合わせて公表する考えを示した。受け入れ可否の最終判断に...
本文を読む

沖縄防衛局 6業務の入札公告—陸上自衛隊配備計画

用地測量などを調査へ
反対4公民館「暴挙」と抗議
 平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、防衛省沖縄防衛局は8日、用地測量や補償物件調査など6業務の入札公告をホームページで行った。38筆約47㌶で用地取得に向けた測量を行い、予定地内にある民間ゴルフコースの造成費、建物など補償対象となる物件を調べる予定だ。中山義隆市長と防衛局は「諸手続き」としているが、反対する4公民館などは「地元合意のない中での予算執行で地方自治を踏みにじる暴挙」と抗議し...
本文を読む

グランプリに武藤さん

グランプリを獲得した武藤真登さんの写真グランプリを獲得した武藤真登さんの写真
フォトコン、117点応募
ダイビングフェスタ
 7日から始まったダイビングフェスタ石垣島2018(同実行委員会主催)は9日、石垣市内ホテルでガーデンパーティーとフォトコンテストを行い、閉幕した。フォトコンには117点の応募があり、グランプリには武藤真登さん(58)=東京都=の「カメの映り込み」が選ばれた。  2回目の参加という武藤さんは「ウミガメを追いかけて泳いでいたら、水面に上がる瞬間に撮れた。周囲がすごくいい写真だと褒めてくれたので...
本文を読む

方針案の策定を諮問 市現庁舎跡地利用

2年後に旧石垣空港跡地への移転が予定されている市役所庁舎。跡地利用が課題となっている=8日午前2年後に旧石垣空港跡地への移転が予定されている市役所庁舎。跡地利用が課題となっている=8日午前
新たな「にぎわい」創出へ
 石垣市は8日、外部委員らで構成する市役所現庁舎等跡地利用基本方針策定委員会(委員長・谷口正和石垣市観光アドバイザー、18人)に方針案の策定を諮問した。策定委は10月までの3回の会議で、跡地利用の方向性や導入する機能、具体的な施設などの整備方針をまとめるとともに、概算事業費と事業手法も示す。中山義隆市長はあいさつで「市役所は2年後に移転するが、空白期間がないようにしたい。中心地にふさわしい施設、...
本文を読む

総販売額が1億6552万円 園芸協議会

本年度事業計画などを審議する会員ら=8日午後、大浜公民館本年度事業計画などを審議する会員ら=8日午後、大浜公民館
達成率は59%にとどまる
 JAおきなわ八重山地区営農振興センター園芸協議会(兼浜秀雄会長、6部会157人)は8日午後、大浜公民館で総会を開いた。2017年度の取り扱い実績は野菜類で255㌧、1億6134万円、花き類で8万4459本、417万、総販売額は1億6552万円で、2億8250万円の販売計画に対し59%の達成率だった。オクラ、カボチャ、西表島カボチャ、ゴーヤ、インゲン、花きのすべての品目で、販売量と販売額が前年を...
本文を読む

登録に向け対話強調 竹富町

西表島などの世界自然遺産登録について、今後の対応方針などを質問する地元住民=7日夕、中野わいわいホール西表島などの世界自然遺産登録について、今後の対応方針などを質問する地元住民=7日夕、中野わいわいホール
世界自然遺産推薦取り下げ
西表島で住民説明会 配布資料なく陳謝の一幕も
 【西表】政府が1日に西表島を含む4地域の世界自然遺産推薦をいったん取り下げることを決定したのを受け、竹富町は7日夕、中野わいわいホールで住民説明会を開催した。町と環境省の担当者は国際自然保護連合(IUCN)の延期勧告を「確実な遺産登録の道を示してくれた」と受け止め、観光客数増大で懸念される生活環境への影響や対策については地域住民と意見交換を重ねる姿勢を強調。一方で、1時間超の説明会に配布資料は...
本文を読む

小型バスの無償運行計画 久宇良公民館

久宇良公民館が地域活性化のため、マイクロバスの無償運行を計画していることが報告された=7日午後、石垣市健康福祉センター第1・2研修室久宇良公民館が地域活性化のため、マイクロバスの無償運行を計画していることが報告された=7日午後、石垣市健康福祉センター第1・2研修室
公共交通の空白解消へ
事業者は慎重姿勢
 公共交通空白地帯を解消し、北部地域の過疎化に歯止めを掛けようと久宇良公民館(吉田友厚館長)がマイクロバスによる旅客運送を計画している。運用開始時期は未定だが、公民館単独事業による収益で無償運行を行う方針。石垣市地域公共交通協議会(会長・漢那政弘副市長、委員35人)が7日午後、市健康福祉センターで開いた本年度第1回協議会で、同公民館の吉田館長が報告した。運行については、有償・無償で議論されたが、...
本文を読む

17年の労災55件発生 八重山労基署

年別労働災害発生状況(全産業)年別労働災害発生状況(全産業)
前年より3件上回る
被害50代が最多14件
 八重山労働基準監督署(梅澤栄署長)は6日、2017年に同署管内で発生した休業4日以上の労働災害(労災)状況を発表した。全産業の労災は前年を3件上回る55件に上り、07年の56件に次ぎ過去2番目に多かった。死亡災害は2年ぶりに1件発生した。  一方、新空港が開港した13年から急激な観光産業の発展で経済活動が拡大する半面、労災も高止まりを続け、13~17年までの過去5年間で平均発生件数は51・...
本文を読む

石垣―那覇路線 市議会が離島割継続要請

長濱為一交通政策課長(左)に意見書を手渡す石垣市議会の要請団=5日午後、県庁長濱為一交通政策課長(左)に意見書を手渡す石垣市議会の要請団=5日午後、県庁
県、独禁法接触の恐れ 適用保留の方針示す
 【那覇】7月1日の格安航空会社(LCC)バニラ・エア就航に伴い、石垣ー那覇路線の離島住民割引運賃の「沖縄離島住民交通コスト負担軽減事業」適用保留措置を決めた県に対し、石垣市議会の知念辰憲議長ら7人は5日、県庁を訪れ、石垣ー那覇航空路線の沖縄離島住民等交通コスト軽減事業の適用継続を求める要請を行った。対応した長濱為一交通政策課長は「独占禁止法に抵触する恐れがあり、ルールに従わないと事業そのものが...
本文を読む

ミカンコミバエの対応措置を解除

ミカンコミバエの全域防除で、誘殺板を取り付ける範囲を確認する県、市、国の担当者ら=昨年10月4日午前、石垣市中央運動公園内ミカンコミバエの全域防除で、誘殺板を取り付ける範囲を確認する県、市、国の担当者ら=昨年10月4日午前、石垣市中央運動公園内
全域防除の効果確認
石垣島・竹富島、通常の警戒レベルに
 1986年2月の根絶以降、最多となる34匹のミカンコミバエが石垣島で見つかったことを受け、県などが石垣島と竹富島で昨年10月から始めた全域防除の対応措置期間がことし4月までに解除されたことが、県病害虫防除技術センターへの取材で分かった。石垣島と竹富島でそれぞれ3月14日、4月25日に全域防除の効果が確認できたことから、那覇植物防疫事務所が防疫指針に基づき解除、通常の警戒レベルに戻っている。 ...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム