八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「記者席」の検索結果は以下のとおりです。

次世代として頼もしい限り

 ▽…「税についての作文」で郡内の中学・高校生13人が受賞した。「一括交付金は離島生活に不可欠」など身近な問題と向き合ったものから「デフレ脱却のために税金はどんどん使うべきだ」など国の現状の打開策を一考したものも。それぞれの生徒が税を学び、考え、自分の言葉で表現していた。次世代としてなんとも頼もしい限り。  ▽…ことし1月から9月末に八重山を訪れた観光客が100万人を突破した。残り3カ月で八...
本文を読む

子どものメッセージ受け止めて

 ▽…イリオモテヤマネコと希少動物を守る絵画コンクールの表彰式があった。ことし認定された星空保護区を意識してか、きれいな天の川や星座をあしらった作品も目立つ。ヤマネコや希少動物に加えて「星空を守りたい」という発想は子どもならでは。子どもたちが作品を通して発信するメッセージを大人はしっかりと受け止めなければならない。人間と野生生物が支え合う環境について改めて考えさせられた。  ▽…ハローワーク...
本文を読む

高校生の次年度応募期待

 ▽…第14回美ら海・美ら山作文コンクールの入賞者が発表された。主催者によると、募集時期が他の作文コンクールなどと重なり応募者が少なかったという。次年度は、八重山商工高校の観光コースなどを中心に、高校生の応募数も伸ばしたい考えだ。美ら海・美ら山募金推進協議会の親盛一功会長は「高校生の環境保全に対しての考えを知りたい。美化への意識も高いと思う」と期待した。  ▽…石垣市民憲章推進協議会の交付金...
本文を読む

研修だけで終らぬように

 ▽…石垣市職員を初めて対象にした「働き世代のための生活習慣病予防・健康増進セミナー」。各課から20代から40代の10人余りが参加、講義と調理実習を通して生活習慣病を予防するための食生活を学んだ。まずは、予防を推進する市職員から。「隗より始めよ」である。研修した内容を課内で共有して実践することが求められる。  ▽…1997年3月に台湾から石垣港へ初就航して以降、段階的に寄港回数を増やし、冬場...
本文を読む

本番で「コツ」つかみ優勝

 ▽…第4回自主防災会消火栓操法大会で初優勝を飾った双葉自主防災会A。メンバーは3人とも18歳で動きが早い、最も速いタイム53.8秒を記録した。前回は1秒で準優勝に終わっただけに、仲本賢治会長は「ことしこそは」と意気込んでいた。3人とも初出場ながら練習でこつをつかんで本番に臨んだ。「来年も」と意欲を燃やす。  ▽…白保小学校の新校舎落成祝賀会が18日、同校体育館で開かれ、児童生徒や地域住民ら...
本文を読む

署名運動の周知徹底図る

 ▽…平得大俣への陸自配備計画の賛否を問う住民投票条例の制定に向け、石垣市住民投票を求める会が実施している署名運動が折り返し地点を過ぎた。どこで署名をすればいいか分からない市民も少なくなく、この日も「のぼり旗が立っていたので入ってきた」と登野城の事務所を訪れる市民がいた。受任者が集める以外に、署名できる場所が21カ所もあり、チラシ配布などで周知徹底を。  ▽…6年ぶりの八重山開催となった県高...
本文を読む

まさに「チャンピオン牛」

 ▽…第28回JA石垣牛肥育部会枝肉共励会は、出品15頭のうち4等級以上が14頭と質の高い内容となった。最優秀賞の枝肉は霜降り度ランクで最高の12がついた。完璧なサシである。本格的に肥育を始めてから20年余りになる生産者の仲大盛吉幸氏も「これまでの最高は11だった」と喜ぶ。日本食肉格付協会九州支所長が絶賛したように、まさに「チャンピオン牛」だった。  ▽…石垣島製糖㈱は原料委員会で今期の生産...
本文を読む

先進的な男女共同参画見習おう

 ▽…県女性海外セミナー「女性の翼」に八重山から参加した3人の女性がそれぞれ居住する地域の首長に研修成果の一端を報告した。訪れた地の一つシアトルでは、女性委員会という組織が女性の視点で議論して行政に提言するなど、女性の声が直接届くシステムを構築している。女性市長、女性議員5人を誕生させるなど、男女共同参画では先進的。ぜひ見習おう。  ▽…大浜中学校の教育講演会で、スマホなどが脳に与える影響や...
本文を読む

甘さ控えめ 後味さっぱり

 ▽…上地ジャージー牧場のジャージー牛乳と沖夢紫がコラボした新しいソフトクリーム。関係者が14日、石垣市と八重山毎日新聞社を訪れ、PRした。訪問先で試食してもらったところ、好評だった。イモの風味が生かされ、バランスのよい味に仕上がっていた。甘さも控え目な感じで、後味もさっぱり。これはいけるのでは。  ▽…第29回石垣市健康福祉まつりに向けた第2回実行委員会で、委員から「周知が足りず、市民の来...
本文を読む

全盲夫妻が西表島でカヌー

 ▽…離島版観光バリアフリーセミナーでは、受け入れ事例も紹介された。平田観光㈱取締役の奥平崇史さんは、全盲の夫妻が西表島でカヌーをしたいとカウンターを訪れた際、業者を当たって夫妻の思いを実現した。後日、夫妻から長文のメールを受け、五感を使って「私たちよりも何倍も楽しんだ」ことが分かり、「衝撃を受けた」という。だから「できないを押し付けてはいけない」。  ▽…黒島公民館が竹富町に要請した。この...
本文を読む
キーワード検索フォーム