八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「記者席」の検索結果は以下のとおりです。

盆栽の裾野の広がり期待

 ▽…第32回八重山盆栽展が始まった。日本盆栽協会八重山支部は会員21人(女性1人)、最年少は45歳という。同支部では、堅いイメージの盆栽を親しみやすくするため、草類などを飾り付ける新たな盆栽スタイルを検討。若者や女性も気軽に触れるよう支部の入り口も広げる考え。今後の盆栽の裾野の広がりに期待。  ▽…石垣市の自然や文化、歴史を学ぶ「こども博物館教室」が始まった。本年度は48人の児童が第35期...
本文を読む

細かい作業が常勝の秘訣

 ▽…第33回ゴーヤ品評会では、白保老人クラブの内原繁さん(85)が3連覇を達成した。土づくりを入念に行った上で植え付け、実がついてからは2時間おきに虫を捕るなど、細かい作業が常勝の秘訣(ひけつ)のよう。どんな料理が好きか尋ねたところ、「ゴーヤなら何でも好き」と大好物。だから愛情を注ぐことができるのかも。  ▽…毎年恒例のあまかわ幼稚園のエーク作り。同幼稚園は東1、2組に校区がまたがっており...
本文を読む

貴重な公演に熱い視線

 ▽…「左手のピアニスト」として全国で知られている舘野泉さんのコンサートが竹富小中学校で開かれた。観衆の児童生徒や地元住民は、演奏に熱い視線を注いだり、目を閉じて聴き入るなど、楽しみ方もそれぞれ。世界各国で忙しく動き回る舘野さんの八重山でのコンサートは今回が初めて。来場者にはとても貴重な機会になったはずだ。  ▽…台湾と石垣を結ぶ高速貨客船「ナッチャン・レラ」が今秋の運航に向けて動き始めた。...
本文を読む

食欲そそる香り漂う

 ▽…「黒糖の日」にちなみ、ゆらてぃく市場で開かれたイベント。会場では、JAや竹富町の職員らが刈り取ったばかりのキビから圧搾した汁を根気よく煮詰め、熱々の黒糖をつくっていた。大鍋からは甘い香りが漂い、食欲をそそる。普段は工場で生産され、人の手による作業を見る機会は少ない。体感したことない方は、ぜひ来年に。  ▽…2014年度から16年度までを第1期として実施した石垣市の下水道接続促進事業補助...
本文を読む

行楽シーズン、ハブに注意を

 ▽…梅雨を前にハブ咬症注意報が発令された。5月~6月の2カ月間。八重山に分布するサキシマハブは、本島南部にも移入。県衛生環境研究所によると、サキシマハブはハブより毒性が弱く比較的おとなしいが、むやみに近寄ると攻撃されるという。これからの時期、活動が活発化するハブに注意が必要だ。  ▽…石垣島で4月7~9日に撮影された「ナイナイのお見合い大作戦」。きょうのRBCで午後7時から3時間枠で放映さ...
本文を読む

活気ある年度になりそう

 ▽…石垣市制施行70周年を記念した音楽イベント「島人カーニバル」が7月に開かれる。顔ぶれも多彩な石垣島出身のアーティストらが一堂に会して2日間にわたり開催されるもので、時間帯や出演者などの詳細はこれから決まる。市は、同イベントを含め多くの記念事業を計画しており、その数は30近い。活気ある年度になりそうだ。  ▽…「ゴーヤーの日」となった5月8日、ゴーヤー生産部会の東内原辰雄会長は「旬を迎え...
本文を読む

「部に昇格したら真っ先に報告」

 ▽…5年ぶりに3高校男女6チームがそろった高体連のバスケ競技。八商工女子バスケ同好会も今月、同好会から部に昇格が予定されている。主将の安慶名美舞さんは「ことしの3月で転任してしまったが、顧問だった小橋川十恵美先生がいろいろ協力してくれた」、今でも連絡を取り合っているという藤森藍さんは「部に昇格したら真っ先に報告したい」とそれぞれ感謝。  ▽…大型絵本の読み聞かせやエプロンシアターなど多彩な...
本文を読む

夢中な盆栽は「健康の“源”」

 ▽…40年余前、自宅の新築を機に盆栽を始めたという上地源一さん(85)。当時は巻き網漁のウミンチュ、陸に上がっての息抜きが盆栽だった。世界大会に出展した樹高約50㌢のハマシタンは、拳大のころから丹精を込めて育て上げたもの。夢中になると時間を忘れるという。「盆栽は手も頭も使う。健康の“源”になっている」。  ▽…真栄里公園のごみのポイ捨てが常態化している。公園を管理する男性によると、ごみは小...
本文を読む

平和への思い、歩いて伝える

 ▽…第5回ピースウオーキングに参加した石垣正子さんは、旧日本軍の疎開命令で台湾に向かっていた最後の疎開船が1945年7月3日、米軍機の機銃掃射を受けた尖閣列島戦時遭難事件の生還者。その後、50日近く無人島の魚釣島で餓死寸前にまで追い込まれた。「兵隊がいなかったら、こんなことはなかった」。途中でタクシーを拾おうと思ったが、「若い人にも分かってほしい」と踏ん張って最後まで歩いた。  ▽…石垣に...
本文を読む

雨にも負けず掲揚式

 ▽…約100人の子どもたちが参加した石垣市のこいのぼり掲揚式。小雨の中での開催となったが、子どもたちは雨をものともせず元気な歌声を響かせていた。もともとは4月26日に計画されていたが、記録的な大雨に見舞われて延期になった経緯もある。市の職員は「こいのぼりも無事に揚がり、ほっとしている」と安堵(あんど)。  ▽…授業以外の検定や宿題などの学習に生かしてもらおうと八重農のAS準備クラスの生徒2...
本文を読む
キーワード検索フォーム