八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「記者席」の検索結果は以下のとおりです。

「良い大会だなと思った」 

 ▽…第26回竹富町やまねこマラソン大会の10㌔女子で初出場初優勝を飾った野口歩美さんは「折り返しコースの良さを感じた」と振り返った。沿道の声援のほかに、すれ違うたびに参加者同士、励まし合えるのだという。野口さんは3大大会で知り合ったランナーから声を掛けられ、「走りながら良い大会だなと思った」  ▽…やまねこマラソン大会のエイドステーションでそば汁そうめんが大人気だった。「那覇マラソンでそば...
本文を読む

安価で効果的な情報発信

 ▽…チリツモ広報システムの運用が開始された。石垣市清掃事業協同組合と提携して事業を行うMBCは、将来的に、地域の運動会や保育園のお遊戯会などの情報もごみ収集車を活用して広報していく考え。情報発信ツールとして紙やネットなどさまざまな媒体とコラボレーションした街宣活動も視野に入れる。安価でより効果的に市民へ情報を届けようと、全国初の取り組みが幕を開けた。  ▽…八重山商工高校定時制課程が初めて...
本文を読む

カジマヤー「次は私だね」

 ▽…大浜に住む3人の高齢者が数え97歳の「カジマヤー」を迎え、盛大なパレードで長寿を祝福された。コースは車両の多い国道だが、公民館関係者が交通誘導しながら進めた。地域で長寿をあやかるという気持ちは今も昔も変わらない姿。沿道では、カジマヤーを控えた高齢者が「次は私だね」と喜ぶ。そんな憧れをもたれるパレードをいつまでも。  ▽…八重山農林高校の校内農業クラブ大会での生徒たちの成果発表は、どの取...
本文を読む

将来は島で活躍を

 ▽…八重山農林高校で農業関連進学者、就職者の激励会では地域の関係機関の担当者らが島を巣立ってゆく生徒らに「将来は島に戻って」とアピール。中でも〝耳〟を引いたのはJA地区本部長の代理で出席した東黒島新泉氏。自身も高卒で島を離れ、島に戻って地域の青年会で身につけたというかん高い指笛の腕前を披露。「2㌔先まで届く。うるさい作業現場でもこれなら一発」。若者の心にも届いたことだろう。  ▽…ネット上...
本文を読む

100年以上続く行事に驚き

 ▽…旧正月を迎え黒島では、伝統行事の綱引きが昼は東筋集落、夜は仲本集落で行われた。参加した黒島小学校の児童は、伝統行事が100年以上続くことを知ると「えーっ」と驚きの表情を見せた。幼いころから島の伝統行事に参加し文化に触れることで、次世代の継承者に成長することだろう。次の100年に向け行事の発展へと導いてもらいたい。  ▽…大型外国旅客船大規模災害対応検討会が郡内初開催。第1回となる今回は...
本文を読む

愛情感じる贈り物

 ▽…八重農PTA母親部と進路支援部が作成し、同校卒業生に贈呈している「新生活応援ブック」。野原佳人副会長によると、昨年11月に八重山地区で開かれた県高校PTA研究大会で報告したところ、本島の高校から問い合わせを受けることも。卒業生が新生活で戸惑わないよう多様な情報が詳細に書かれており、PTAの愛情が感じられる。八重農だけでなく他校、沖縄、日本に広がってほしい取り組みだ。  ▽…「どんぐりの...
本文を読む

鬼役も大変だなと痛感

 ▽…「節分の日」で、新川青年会の会員が鬼に扮(ふん)して地域を練り歩き、子どもたちから「鬼は外、福は内」と豆をまかれて退治された。初めての企画に子どもたちは盛り上がり、大成功。鬼たちは新規オープンした地域の大型量販店にも姿を現わして見事に“”撃退”された。取材中、記者にも豆が当たり、これがめっぽう痛い。鬼役も大変だなと痛感。良い子の皆さん、ほどほどの力加減で。  ▽…琉球大学同窓会八重山支...
本文を読む

伝統作物復活への挑戦

 ▽…小浜大豆(クモーマミ)の種まきが竹富島のリゾートホテルで行われた。クモーマミ復興プロジェクトのきっかけは、島のおじぃの思い出話だった。島には昔、大豆を栽培し、みそや豆腐を作る食文化があったという。話を聞いたホテルスタッフの小山隼人さんは〝クモーマミの復興〟という使命感に駆られプロジェクトに着手。クモーマミ豆腐を作るため、伝統作物復活への挑戦が始まった。  ▽…全国中小企業団体中央会の補...
本文を読む

今後のさらなる活躍期待

 ▽…川原っ子の元気な「いらっしゃいませ!」が会場いっぱいに響いた川原マーケット。小学校最後となった社長の永田壱風君(6年)はよかった点を挙げる一方で「宣伝している人たちが固まってしまっていた。それぞれ広がって自信を持ってPRしてもらいたい」と課題にも触れ、後輩に思いを託した。活動は3年目を迎え、経験を積んできた児童の成長は目覚ましい。今後のさらなる活躍にも期待。  ▽…八重山商工生の作製し...
本文を読む

着々と進む計画

 ▽…沖縄防衛局が1月31日、陸自配備予定地のうちジュマールゴルフ場の民有地13㌶を取得・賃借した。締結と同時にゴルフ場の営業は終了、同局はさっそく住民説明会の開催日程を通知・公表した。何としても年度内に着工しようという意思の表れか、間髪を入れない迅速な手続き。着々と計画を推し進めている。  ▽…国家補償を求めて始まった遺族らの活動の歴史を記録した「八重山戦争マラリア問題解決の記録」が出版さ...
本文を読む
キーワード検索フォーム