八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「記者席」の検索結果は以下のとおりです。

汗ばむ陽気も水温は…

 ▽「日本最南端!八重山の海びらき2017」が10年ぶりに小浜島で行われた。この日は25度を超える夏日で汗ばむ陽気のなか、一斉に初泳ぎが行われた。しかし、入水した子どもたちの動きが鈍い。参加者は「寒い」と叫び、両手で体をさする。足早に陸へ引き上げる家族連れも多く、気温は高くても水温は低かったようだ。夏の幕開けを告げる海びらき。水難事故ゼロのシーズンを願っている。  ▽…布遊びグループ展が18...
本文を読む

大人顔負け、堂々と説明

 ▽…沖縄離島体験交流促進事業で学びを深めた西表小と白浜小の児童5人が、執行部や議員に対して西表の将来像を提言した。注目を集めたのは水中団地で、児童たちは予想図を示して説明し、時には「どうでしょうか?」と賛同を求めながら熱い思いを語った。堂々とした説明に、西大舛騠旬町長は「議員、執行部も顔負け」と舌を巻いた。  ▽…沖縄振興開発金融公庫が発表した「沖縄の離島観光に関する意識調査」で、離島の認...
本文を読む

思いやり考える機会に

 ▽…八重農ライフスキル科の2年生20人が福島県産のりんごを使ったアップルパイや、同科で栽培した野菜を使ったカレーライスを作って食べ、東日本大震災の被災地に思いをはせた。夕方には、熊本地震の復興を願おうと昨年卒業生が制作した竹灯籠に灯をともす場面も。同科の担当教諭は「学科の伝統として受け継がれ、人と人とのつながりや思いやりなどについて考える機会になってくれれば」と期待。  ▽…アーチェリー教...
本文を読む

高校へ志高く頑張って!

 ▽…県立高校と特別支援学校高等部の一般入学試験の合格発表が15日、県内で一斉に行われ、八重山では466人が合格した。各校は番号を見付けた受験生から歓声が上がり、笑顔であふれた。八重高では、午前9時の発表に合わせて生徒たちが教室から出てきてピロティに注目。合格した後輩と抱き合って喜び合う姿もあった。合格者には4月から心機一転、高校生として志高く頑張ってほしい。  ▽…石垣島で活躍するクリエイ...
本文を読む

笑顔で一日一日を大事に

 ▽…33回目を迎えた八重山特別支援学校高等部の卒業式。これまで185人が同校を巣立った。松竹樹君の母親・加奈子さんは「誰もわが子が障がいを持って生まれてくるとは思っていない。子どもとどう向き合えばいいのか、この先どうなるのか、不安に思うこともあった。子どもが私たちを選んで生まれてきてくれたと信じ、自信をもって、笑顔で一日一日を大事に過ごしたい」とこれまでの思いを話した。  ▽…竹富町議会3...
本文を読む

ベテラン選手の背中、若者の手本に

 ▽…バスケ協会設立記念大会で優勝して年間グランドスラムを達成した双葉建機。チームは40歳前後のアラフォーのベテランと19歳の大学生までと幅広い。しかもベテラン選手の中には、壮年の試合にも出場し、一般男子決勝の直前に行われた、壮年の決勝にも出場した強者も。バスケは数ある競技の中でも、運動量が多いと言われるスポーツ。40歳を迎えてなお、勝利にこだわる姿勢は見習いたい。  ▽…修学旅行で毎年石垣...
本文を読む

香港と台湾、両方のニーズを

 ▽…石垣市が香港で初めて物産観光フェアを開催。初日から大盛況で、特産品と観光の両面で石垣を猛烈にアピール。市は今後、現地の市場ニーズを探りながら流通体制を構築する考えだ。一方、台湾からの旅行ニーズの掘り起こしを忘れてはならない。石垣を結ぶ国際線は台湾と香港。両方を高めなければ路線撤退の可能性が懸念される。台湾でも新たな取り組みを模索してほしい。  ▽…69点の応募があり、9団体5個人が入賞...
本文を読む

給食のかき揚げ人気上々

 ▽…八重山漁協とJAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場が連携して地元産のモズクとにんじんを使ったかき揚げが10日、給食で提供され、子どもたちは「おいしい」と舌鼓。記者も試食してみると、かめばかむほどうまみが出て、隠しだねのマグロの味もして美味。ただ児童から「少し堅い」との感想も。担当者からは「課題を改善して再挑戦したい」との声もあり、また食べられる日が来るかもしれない。  ▽…昨...
本文を読む

県内初「入域料」実現に注目

 ▽…竹富町が町内各離島を訪れる観光客から「入域料」を求める事業の実現に向け調査を予定している。開会中の町議会での可決を得てスタートする取り組みで、初年度は竹富島を対象に調査が行われる。伊是名村などが実施している「入島税」と異なる制度や仕組みを利用するもので、県内では初めて。全国的にも例はなさそうで、今後、多くの注目を集めそうだ。  ▽…今回、新たな試みとして取り入れられた自主観光。自分たち...
本文を読む

偉人にもそんな過去が…

 ▽…大濱信泉氏の生誕125周年を記念して市教委が小冊子と看板を製作した。小冊子では、師範学校に入学した信泉氏が女生徒から心のこもったしおりをもらい、返礼に手紙を出したことが大問題となり、退学処分となった「手紙事件」も紹介。師範学校で得意絶頂だった信泉氏は手紙事件によって何もかも失ったという。偉人にもそんな過去が、と思わせるエピソードだ。  ▽…中山義隆市長が3月11日に陸前高田市で行われる...
本文を読む
キーワード検索フォーム