八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「記者席」の検索結果は以下のとおりです。

聴衆の心を打った少年の主張 

 ▽…駅伝や結願祭、亡くなった母親のことなど身近なテーマで出場者8人が熱弁を振るった少年の主張八重山地区大会。左耳の障害について発表した知念粋加さんの最後の涙は、これまでの苦悩や支えとなった人たちへの感謝など、さまざまな思いを感じさせ、聴衆の心を打った。ほかの7人の内容も心の芯に響く素晴らしいものばかり。社会の一員としての役割と責任を果たせているか。いま一度考えたい。  ▽…西表石垣国立公園...
本文を読む

この夏、戦争の実相学ぼう

 ▽…夏休みの課題に生かしてもらおうと八重山平和祈念館が3日から、第2展示室を開放して調べ学習ができるようにしている。事前の周知がうまくできなかったようで、初日の午前中は来館者がほとんどいない状態。同館によると、6月の平和月間に見学に訪れる児童生徒は多いが、7月以降はほとんど来ないという。見学だけでは分からなかったこともある。八重山の戦争を深く知るためにも、いま一度足を運んでみては?  ▽…...
本文を読む

農福連携の雇用創出に期待

 ▽…障がい者の就労の選択肢に紅芋栽培が加わろうとしている。就労の一環として単独で芋栽培を行ってきた就労継続支援事業所もあるが、市の掲げる農福連携で雇用創出に新たな兆しが見え始めている。機械化が進まない甘しょ栽培での人材確保は、生産量増にもつながる。農家と障がい者の双方にとってウィン・ウィンの取り組みになることを願いたい。  ▽…市最終処分場の延命化策を決定する市一般廃棄物処理施設延命化検討...
本文を読む

学力向上へ“家庭力”も向上を

 ▽…市教委の臨時校長研修会で本年度の全国学力テストの結果が公表され、各校の校長が課題を共有し、改善に向けて決意を新たにした。学習意欲や生活習慣を問う児童・生徒質問紙では「朝食を毎日食べていない」と回答した小学6年生が3%、中学3年生が6%で、過去5年間で最多。朝食の欠食は体のだるさや、やる気の低下につながり、学力への影響が懸念される。学力向上に向けて“家庭力”も向上を。  ▽…「観光の日」...
本文を読む

各字の伝統、郷土愛を育む

 ▽…豊年祭の中でも郡内最大の四カ字ムラプールが行われた。祭りの熱気で目を血走らせた各字の旗頭会の青年らが力強く旗頭を掲げたきょうの日の眺めは、地域の子どもたちの心に原風景として残り、郷土愛とアイデンティティーを育むだろう。願わくばまた来年の夏も弥勒世となり、伝統が次代へ受け継がれていくことを。  ▽…八重山農林高校グリーンライフ科の生徒たちが本年度のキノコ栽培をスタートさせた。初日は、生徒...
本文を読む

孫の雄姿に入院患者感激

 ▽…大川旗頭棒獅子保存会が30日、二十数年ぶりに旗頭を披露した県立八重山病院。3本の旗頭が並び、「サーサーサー」の掛け声が響きわたるなど、豊年祭の様相を呈した。来院者や入院患者、医師や看護師ら病院スタッフが見守った。特に入院患者は感激の様子で、孫の雄姿を見た下地芳政さんは記者に「私も元気になった」と車イスから立ち上がってみせるなど大喜び。  ▽…「サガリバナ」の写真で著名な大塚勝久氏が八重...
本文を読む

待ち遠しい拝所の建て替え

 ▽…名蔵自治公民館(上地正人館長)の豊年祭が29日、名蔵御嶽で行われた。拝所の老朽化と台風など天候不良で開催は4年ぶり。瓦などの崩落の危険性があった屋根は、瓦などを取り除き、ブルーシートで覆って急場をしのいだ。公民館ではことし、拝所の建て替えを予定しており、来年の豊年祭では真新しい拝所に旗頭や太鼓、踊りなどが奉納できそうだ。  ▽…久しぶりに「紙すき」を目にした。おきなわ県民カレッジ広域学...
本文を読む

子どもたち主体に恒例作業

 ▽…730記念碑のペンキ塗り直しが28日、行われた。記念碑のデザインを考案した宮良永重さんと孫らが草刈りをし、文字やロゴの色を新しくした。プロではなく、子どもたちが主体となって行ったため、ペンキが垂れたり、ペンキが混ざったりするところもあったが、これもご愛嬌(あいきょう)。今後も観光客や住民に親しまれることだろう。  ▽…四カ字のムラプールに向け、真乙姥嶽で28日、5町内会がツナカキを行っ...
本文を読む

規則に従うも市民の声届かず

 ▽…「市民の声を聞かない市長」と石垣市役所を抗議に訪れた石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会のメンバー。約30人が玄関前に集まったが、庁舎管理規則では大勢で入るのを制止され、上原秀政共同代表ら4人が出向いたが、通路入り口で職員に「市長は抗議は受けない」と制止された。市長室が遠い。  ▽…大浜公民館は豊年祭を翌日に控えた27日、小綱を束ねて大綱に仕上げるツナマカシを行った。炎天下、参加し...
本文を読む

議事手続きに疑問も

 ▽…世界平和の鐘設置30周年記念事業のテーマは第2回実行委で「石垣から世界へ、ワールドピース」が提案、承認されたが、議事をすべて終えた後に急きょ「石垣」から「石垣島」に変更された。委員の提案を受け、会長の中山義隆市長も同調、事務局が追随して承認を得る形となったため。最初の承認を撤回して再度、議事として取り扱うのが筋。手続きには疑問が残る。  ▽…石垣市立図書館はまちづくり支援基金を活用し、...
本文を読む
キーワード検索フォーム