八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「記者席」の検索結果は以下のとおりです。

冬らしくなって

 ▽…サトウキビ収穫用機械オペレーターの養成研修は5日、1月とは思えない日差しの中、石垣市名蔵のほ場で行われた。関係者からは「この天気が続けば手刈りは大変なことになる」と農家の労力を心配する声や、「糖分が成長に消費されてしまう」と品質への影響を懸念する声。冬らしい天気が待ち遠しい。  ▽…キックボクシング世界王者の廣虎選手が母校の大浜中学校に記念植樹を行った。廣虎選手は「こういう機会がないと...
本文を読む

恒例の記念撮影に笑顔

 ▽…2017年の業務がスタートした竹富町。仕事始め式のあとは、役場玄関前で三役をはじめ全職員で記念撮影を行った。毎年恒例で、町の変遷をたどる一つの資料になっている。町長就任後、初の撮影に臨んだ西大舛髙旬氏はリラックスした様子。いつもは真剣な表情で堅い印象が強いが、この日ばかりは大勢の職員に囲まれ、笑顔で写真に納まっていた。  ▽…石垣市の仕事始め式で閉会のあいさつを述べた石垣安志教育長は「...
本文を読む

安易な姿勢を非難

 ▽…自衛隊配備計画受け入れ表明をめぐり、公民館側が引き延ばしとの印象を与える市長発言に抗議した4公民館の役員。市側とのやりとりの経緯を説明し、「市民に誤解を与えては困る」と強調した。「市から2日前に電話があり、16日に来てほしいという打診があったが、子どもの使いじゃない。そんなばかな話があるか。むちゃくちゃな話だ」と安易な姿勢を痛烈に批判した。  ▽…来年1月4日に市民会館大ホールで開かれ...
本文を読む

来年こそはで「もう49年」

 ▽…来年、50回の節目を迎える八重山菊同好会の菊展示会。大底安宏審査委員長はあいさつで「余談」と断りを入れたあと、菊づくりで失敗した際に使う『来年こそは…』を取り上げ、「もう49年たってしまった。その間に海の向こうではトランプ旋風が巻き起こっている。ならばこちらは菊で花いっぱいにして花札旋風を巻き起こそう」と冗談を交えて決意。  ▽…ことしの外航クルーズ船の寄港を終えても、「ほっとつかの間...
本文を読む

来年はとり年コケッコー

 ▽…石垣市役所玄関前ピロティに部課長ら職員を集めて行われた仕事納め式。毎年、来年の干支にちなみ、良い年を願って締めくくるのが慣例となっているが、初めて司会を務めた金城弘一総務部長は違った。だじゃれ好きで知られており、「来年はとり年でコケッコー。結構な年になる」。職員の反応はどうだったか。想像にお任せしたい。  ▽ことし石垣への海路からの観光客は速報値で前年を5万人上回る25万4000人とな...
本文を読む

街頭でエールと抗議の声

 ▽…中山義隆市長の自衛隊配備計画受け入れ表明を受け、27日午前10時から推進派、午前11時から反対派が市役所玄関前の街頭でアピール活動を行った。2時間弱にわたり双方の人たちが市役所周辺に集い、拡声器を使ってエール、抗議の声を張り上げた。まさか、このような形で年末の慌ただしさが増すとは。  ▽…公益社団法人日本PTA全国協議会年次表彰式で優良PTA文部科学大臣表彰を受けた川平小中学校PTAの...
本文を読む

相次ぐ逮捕に市民不安

 ▽…外航クルーズ船客による金塊の密輸で台湾新北市に住む男女2人が逮捕された。事件を受け、相次ぐクルーズ客の密輸逮捕に地元市民の不安は高まる。全国的に金塊の密輸は暴力団の資金源になる可能性が高く、国際的な犯罪組織も絡んでくるケースも。石垣島が「薬物や金の密輸に最適な島」にならぬよう、水際で対応する沖縄地区税関と石垣海保はまさに最後のとりでだ。  ▽…東京都や横浜市などで美容室8店舗を展開する...
本文を読む

琉大八重芸が部員募集中

 ▽…大浜公民館で24日夜、第49回八重山芸能発表会を開催した琉球大学八重山芸能研究会。地元大浜出身の登野城吉明部長をはじめ部員は8人と昨年の10人から2人減った。出身地は八重山3人、本島1人、県外4人。部員の拡大が目下の課題となっており、登野城部長は「部員を増やして大きな舞台で八重山の芸能を発表したい。絶賛大募集中です」とPR。  ▽…こども博物館講座で行われた野鳥観察。参加した小学生たち...
本文を読む

来年は上位入賞に期待

 ▽…ことしの郡内のスポーツ界を統括した八重山郡体育協会。玉城学会長は県民体育大会の14市郡中、12位の結果を挙げ、「子どもたちの活躍は光ったが、大人がいまひとつだった」と振り返った。「しかし来年は地元開催。目標の総合順位1ケタ台と躍進賞を目指し、多くの競技団体が上位入賞を果たしてほしい」と期待を込めた。  ▽…25日はクリスマス。23日からは祝日と公休日が続く3連休で、子どもたちは既に冬休...
本文を読む

「怖かった」の声相次ぐ

 ▽…飲酒運転の恐ろしさを体験しようと、八重山自動車学校で飲酒運転体験講習会が行われた。飲酒後の運転では、縁石への乗り上げや信号無視など、判断能力低下や視野が狭まるなど体に異常をきたした。参加者からは「絶対飲酒運転をしない」「怖かった」などの声が相次いだ。普段体験できない、貴重な時間となった。  ▽…毎年恒例となっているホテル日航八重山のクリスマスケーキのプレゼント。若夏会に贈られたケーキは...
本文を読む
キーワード検索フォーム