八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「土曜リポート」の検索結果は以下のとおりです。

八重山の体験型観光 受け入れ態勢の充実を

白保地区で月桃の苗植えなどを体験した京都市の龍谷大学付属平安高校の生徒ら(資料写真)白保地区で月桃の苗植えなどを体験した京都市の龍谷大学付属平安高校の生徒ら(資料写真)
関係機関の共通認識急務
 南ぬ島石垣空港の開港後、八重山観光は好調を維持。7月までの入域観光客数が50万人を超え、過去最多の80万人を突破する勢いだ。その一方、観光関係者からは「いつまで、このにぎわいが続くか分からない」と、今後を不安視する声もある。好調な観光を維持するため、新しい観光スタイルとして民泊や農業・漁業体験、海洋生物勉強会などの体験型観光に関心が高まっている。(高良新輝記者)    八重山...
本文を読む

結いの取り組み期待 公民館活用へ、自主的防災にどう生かすか

石垣字会の自主防災組織設立準備会で、災害時要援護者名簿の活用について話し合う人たち=1日午後8時ごろ、石垣公民館石垣字会の自主防災組織設立準備会で、災害時要援護者名簿の活用について話し合う人たち=1日午後8時ごろ、石垣公民館
災害時要援護者名簿
 地震、津波、台風、火災など災害時に避難誘導などの支援を希望する1人暮らしのお年寄りや障がい者らの名簿ができた。石垣市が民生委員の協力を得て「災害時要援護者」として名簿を作成したもので、個人情報の管理徹底を義務づけた協定を結んだ16自治公民館に9月30日、提供した。計627人分のリスト。各公民館が今後、自主的な防災にどう生かしていくか注目される。(比嘉盛友、渡嘉敷信晃記者)   ■最小単...
本文を読む

問われる飼い主のマナー 犬猫の捕獲、引き取り数は増加

八重山保健所に収容されている犬たち。この2頭は幸いにも引き取り先が決まっているという=18日、八重山保健所八重山保健所に収容されている犬たち。この2頭は幸いにも引き取り先が決まっているという=18日、八重山保健所
動物愛護週間
 20日から26日は「動物愛護週間」、全国各地で多彩な取り組みが行われている。石垣市では昨年10月に「南ぬ島の猫アイランド事業」で約80頭の猫の避妊去勢手術を実施。だが新港地区緑地公園への捨て猫は後を絶たないという。また、八重山保健所管内の2012年度犬捕獲頭数は、169頭(前年度125頭)、引き取り頭数118頭(同100頭)と増加傾向にある。放し飼いなど飼い主のマナーが問われている。(高良新輝...
本文を読む

補助金のあり方に疑問 収支決算・監査未実施の団体に交付

2012年度定期総会を開かないまま、補助金を受けて事業を実施していた竹富町有害鳥獣対策協議会の13年度定期総会=3日午後、町役場会議室2012年度定期総会を開かないまま、補助金を受けて事業を実施していた竹富町有害鳥獣対策協議会の13年度定期総会=3日午後、町役場会議室
町有害鳥獣対策協議会
 西表島内で猪進入防止柵の整備事業などを行っている竹富町有害鳥獣対策協議会(会長・川満栄長町長)の2013年度定期総会が3日に開かれ、11、12年度分の収支決算・監査報告を承認した。同協議会は11、12年度に県・町から総額3758万円の補助を受けているが、12年度の総会を開かないまま補助金を受けて事業を実施しており、補助金交付のあり方に疑問が残る。(上地矢寸志記者)  同協議会は県の鳥獣被害...
本文を読む

頒布会で石垣島ファンづくり 異業種で連携、情報発信

顧客に送る商品を段ボール箱に詰める人たち=6月1日(ISM提供)顧客に送る商品を段ボール箱に詰める人たち=6月1日(ISM提供)
石垣島スパイスマーケット
 異郷の地にあって、実家から届く小包はうれしいものだ。段ボール箱の中身にふるさとの味や香りを思い出し、包み紙の新聞をみて郷愁にかられた人も少なくないだろう。そんなぬくもりのある小包を石垣島が大好きな顧客にと、異業種の人たちが本業の傍ら、島の旬の食材や情報などを定期的に送り届ける活動をしている。(比嘉盛友記者)   ■頒布会   石垣市商工会のいしがきブランディングプロジェクト事業で立...
本文を読む

「まずは100件」 ひとり親在宅就業支援事業

「石垣市ひとり親家庭等在宅就業支援事業」の実践応対トレーニングでヘッドホンとマイクを付け、応対する受講生=9日午前、石垣市IT事業支援センター「石垣市ひとり親家庭等在宅就業支援事業」の実践応対トレーニングでヘッドホンとマイクを付け、応対する受講生=9日午前、石垣市IT事業支援センター
受講生10人が奮闘
 ひとり親家庭の女性たちを対象にした「石垣市ひとり親家庭等在宅就業支援事業」の訓練が終盤を迎え、10人の受講生が奮闘している。同事業は在宅でインターネット接続サービスの問い合わせに応答するコールセンター業務を行えるようになることを目指すもの。8月の1カ月間は講師のサポートの下、実際の問い合わせに対応するトレーニングを行っており、受講生たちは緊張の中で助け合いながら業務をこなしている。在宅での就業...
本文を読む

話題は早くも町議選へ 竹富町議会

野党多数で川満町政には厳しい状況が続いている竹富町議会。写真は6月定例町議会で町過疎地域自立促進計画が否決された際の採決状況=6月21日午後、議場野党多数で川満町政には厳しい状況が続いている竹富町議会。写真は6月定例町議会で町過疎地域自立促進計画が否決された際の採決状況=6月21日午後、議場
議会と当局の溝深まる
 専決処分の不承認やそれに伴う町長給与の減額など、議会と当局の溝が深まっている竹富町(川満栄長町長)。昨年9月の町長選挙で町役場移転に向けた住民投票の実施を掲げ、16年ぶりに2期目の再選を果たした川満町長だが、野党多数で選挙の「しこり」とも言える状況が続いており、町民の中では住民投票の実施時期や来年9月の次期町議会議員選挙が早くも話題になっている。(上地矢寸志記者)   ■野党...
本文を読む

野生生物の事故被害、過去最悪のペース

22942.jpg
カンムリワシ、イリオモテヤマネコ ドライバーに注意呼びかけ
 国の特別天然記念物に指定されているカンムリワシやイリオモテヤマネコの交通事故が増加している。これから夏休みの観光シーズンで車の往来が激しくなることが予想され、さらなる事故被害の増加が懸念されることから環境省などではスピードを出し過ぎないよう交通ルール、マナーを守り運転するようドライバーに呼びかけている。(高良新輝記者)  カンムリワシの保護件数(石垣島)は昨年1年間で11件だったが、今年は4月...
本文を読む

肢体不自由児親の会カラフルが発足

障がい者の目線で要請を
 障がいや病気に限らず車いすを使用している肢体不自由児(者)を持つ親の連絡会「カラフル」(島内初美代表、会員8人)が5月10日に発足した。生活の知恵や役立つ情報を共有できる組織をつくろうという話があったのがきっかけ。発足したばかりで趣味活動の幅を広げる情報交換や、福祉制度の改善やバリアフリーに関する要請を行うなど、活動内容については模索中だが、島内代表は「障がい者側から改善点や気付いた点を要望と...
本文を読む
キーワード検索フォーム