八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「地域・教育」の検索結果は以下のとおりです。

小規模幼稚園、休園か継続か 20日定例会が焦点

20日に予定している定例会で申込5人未満の園の休園措置が最終判断される。話し合われる内容に注目が集まる=写真は2016年8月26日に行われた定例会の様子。20日に予定している定例会で申込5人未満の園の休園措置が最終判断される。話し合われる内容に注目が集まる=写真は2016年8月26日に行われた定例会の様子。
委員から「再検討」の声も
 石垣市教育委員会(石垣安志教育長)は10日までに、4月から入園申込者が5人未満の幼稚園となる見通しのひらくぼ、かわはら、なぐらの3幼稚園の地域住民説明会を予定通り終了した。1月末までの申し込み状況を見て、休園とする幼稚園が決まる見通しだが、地域の反対の声を受け、20日の定例会で教育委員による方針の最終判断が焦点となりそうだ。本紙は住民説明会後、初めて教育委員4人に取材した。(松井弥恵子、砂川孫...
本文を読む

国内外4979人エントリー 石垣島マラソン

第15回石垣島マラソンが22日、開催され、約5000人がエントリーしている=2016年1月24日、市中央運動公園(資料写真)第15回石垣島マラソンが22日、開催され、約5000人がエントリーしている=2016年1月24日、市中央運動公園(資料写真)
海外参加 前回の4倍227人 国際色豊かに22日号砲
 22日の第15回石垣島マラソン(石垣市など3団体主催)まで2週間を切った。市制施行70周年記念大会となる今大会は県・国内外から4979人がエントリー。石垣市中央運動公園を発着点にフルマラソン、24㌔、10㌔の3部門で健脚を競う。国内47都道府県から参加するほか、海外からは前回大会の約4倍に当たる227人が申し込み、国際色豊かな大会となる。スターターはガレッジセールの2人が務める。中山義隆市長は...
本文を読む

「上村」利活用へ調査費 18年度予算

西表祖納にある通称・上村(ウイムラ)一帯の利活用に向けて竹富町に協力を求めた祖納公民館の屋重美館長(左)=11日午前、町役場町長室西表祖納にある通称・上村(ウイムラ)一帯の利活用に向けて竹富町に協力を求めた祖納公民館の屋重美館長(左)=11日午前、町役場町長室
竹富町、祖納公民館に意向
 西表の祖納公民館の屋重美館長らが11日午前、竹富町役場を訪れ、集落外にある通称・上村(ウイムラ)一帯の利活用への協力を要請。町は2018年度予算に調査費を計上する意向を明らかにした。要請に応じた前鹿川健一副町長は「一緒になって計画や事業の推進に取り組んでいきたい」と述べた。約7万平方㍍の国有地がある上村一帯の利活用は、土地の払い下げを含め国も前向きな姿勢を示している。今後、町と公民館は土地利用...
本文を読む

子牛、平均70万円超 16年八重山、黒島両市場

31002.png
高値で推移、過去最高 畜産部門販売額79億円
 八重山家畜市場、黒島家畜市場で2016年の1年間に取引された子牛の平均価格が過去最高の70万円を突破したことがJA八重山地区本部畜産振興センターのまとめで分かった。子牛価格は年間を通して高値で推移し、平均価格は八重山で71万9553円、黒島で73万1386円を記録、前年の59万7658円から17%、58万6257円から20%の伸びとなった。両市場合わせて8886頭が取引され、販売総額は64億3...
本文を読む

伊野田南地区、かんがい施設など整備 

2017年度からかんがい施設などの整備が行われる予定の伊野田南地区(赤線で囲まれた部分)2017年度からかんがい施設などの整備が行われる予定の伊野田南地区(赤線で囲まれた部分)
17年度開始で5年計画 水なし農業からの脱却へ
 伊野田南地区の畑作地帯で2017年度から、かんがい施設など農業基盤整備が始まる予定だ。石垣市が事業主体となって5年計画で実施するもので、28.4㌶でかんがい施設整備、10.4㌶で区画整理を行う。同地区は、本管整備で底原ダムなど四つのダムの総合運用が可能となる国営石垣島土地改良事業の関連事業地区として位置づけられており、かんがい施設の整備で水なし農業からの脱却を図る。  南地区ではサトウキビ...
本文を読む

あす琉球芸能鑑賞会 本番向け児童生徒ら猛稽古

「浜千鳥」の稽古をする呉屋かなめ氏と子どもたち=9日午後、白保公民館「浜千鳥」の稽古をする呉屋かなめ氏と子どもたち=9日午後、白保公民館
 琉球芸能鑑賞会(白保企画主催)が11日午後6時30分から石垣市民会館大ホールで開かれるのに向け、若手実演家らが来島し、当日出演する地元の児童生徒らを指導しながら、連日猛稽古に励んでいる。  9日は白保公民館で10人の実演家と子どもたち約40人が公演プログラムに沿って通し稽古を行った。  同公演は、普段は八重山の芸能に親しんでいる子どもたちが、琉球芸能を体験することで、双方の芸能の特徴や...
本文を読む

石垣竹富郷友会 故郷を思い創立70周年

石垣竹富郷友会の創立70周年記念式典で感謝状を贈呈された歴代の会長と女性部長たち=8日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ石垣竹富郷友会の創立70周年記念式典で感謝状を贈呈された歴代の会長と女性部長たち=8日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ
歴代会長ら13人に感謝状
 石垣竹富郷友会(入迎里英和会長)の創立70周年記念式典が8日午後、市内ホテルで盛大に開かれた。1947年の活動開始から節目を迎え、昨年は記念事業として会員120人が親島を訪ねる「ふるさと探訪」を実施した。同事業を締めくくる式典では、歴代の会長と女性部長13人に感謝状を贈った。入迎里会長は2世、3世を含めた後継者づくりに意欲を示し、大勢の会員が組織の歩みを振り返りながら今後の発展を願った。 ...
本文を読む

市制施行70周年記念新春凧あげ大会 多彩な凧 大空に舞

2017年新春凧あげ大会には約300人が訪れ、大空に舞うたこに夢を託した=8日午前、南ぬ浜町2017年新春凧あげ大会には約300人が訪れ、大空に舞うたこに夢を託した=8日午前、南ぬ浜町
59人がエントリー 家族連れら約300人参加 入賞者に賞状と記念盾
 石垣市制施行70周年記念の2017年新春凧あげ大会(石垣市教育委員会主催)が8日、南ぬ浜町で行われた。家族連れら約300人が参加し、大空に舞うたこにことしの夢や目標を託した。伝統だこの部、自由だこの部に計59人がエントリー、できばえや仰角の合計得点を競い、入賞者には賞状と記念の盾が贈られた。  八重山に伝わる伝統だこの継承と発展を図るとともに、新年の一日を家族で楽しく過ごしてもらおうと開催...
本文を読む

市消防出初め式 はしご乗りの妙技披露

出初め式のはしご乗りで「無病息災」、「市制70周年」、「火の用心」(左から)を示す市消防団の女性団員=8日午後、市消防本部出初め式のはしご乗りで「無病息災」、「市制70周年」、「火の用心」(左から)を示す市消防団の女性団員=8日午後、市消防本部
団員ら防災誓う
 石垣市制施行70周年記念消防出初め式(石垣市主催)が8日午後、市消防本部で開かれ、市消防職員や市消防団、女性防火クラブ約150人がことし1年の無火災と地域防災への決意を新たにした。アトラクションでは県内で唯一行われる市消防団員の「はしご乗り」が披露され、訪れた市民を魅了。終了後は消防車両の体験乗車に家族連れが長蛇の列をつくった。式典では消防行政に寄与した個人・事業所や長年活動する市消防団員と配...
本文を読む

新庁舎建設費に30億円 石垣市17年度予算

過去最大規模の見通し
 石垣市は2017年度予算の編成作業を進めており、同年度に旧石垣空港跡地での着工を予定している新庁舎建設事業に30億円を見込んでいる。財政課が昨年10月、各課に示した予算編成方針によると、同事業費を盛り込んだ17年度予算の総額は295億円を見込む。同課が各課の要求を査定中で流動的な側面はあるが、過去最大規模の予算額となる見通しだ。  目玉事業となる新庁舎建設事業は現在、実施設計に取り組んでお...
本文を読む
キーワード検索フォーム