八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「地域・教育」の検索結果は以下のとおりです。

最優秀に浦崎里帆さん(石垣第二3年) 優秀は鈴木さん(西表3年)、棚橋さん(石垣3年)

2019年度英語ストーリーテリングコンテスト八重山地区大会で最優秀賞に輝いた浦崎里帆さん(中央)、優秀賞の鈴木虹さん(左)と棚橋響さん=15日午後、八重山合同庁舎2階大会議室2019年度英語ストーリーテリングコンテスト八重山地区大会で最優秀賞に輝いた浦崎里帆さん(中央)、優秀賞の鈴木虹さん(左)と棚橋響さん=15日午後、八重山合同庁舎2階大会議室
12人が英語の表現力競う 英語ストーリーテリングコン地区大会
 2019年度英語ストーリーテリングコンテスト八重山地区大会(八重山地区中学校英語教育研究会主催)が15日午後、八重山合同庁舎2階大会議室で開かれ、郡内の中学2、3年生12人が語りと演技で英語の表現力を競った結果、最優秀賞に浦崎里帆さん(14)=石垣第二3年=、優秀賞に鈴木虹(さい)さん(14)=西表3年=と、棚橋響さん(15)=石垣3年=が選ばれた。3人は7月13日に那覇市の県男女参画センター...
本文を読む

公害防止協定見直しへ 廃プラ類焼却で意見交換

ごみ焼却施設の延命化と廃プラスチック焼却処分実現に向けた地域住民への説明会。市は理解を得られたとして今後、協定書の見直し作業に入る=13日夜、嵩田地区集会所ごみ焼却施設の延命化と廃プラスチック焼却処分実現に向けた地域住民への説明会。市は理解を得られたとして今後、協定書の見直し作業に入る=13日夜、嵩田地区集会所
市クリーンセンター
 老朽化が進むクリーンセンター(ごみ焼却施設)の延命化に伴い、廃プラスチック焼却処分を計画している石垣市は13日までに、現施設の建設時に周辺3地区と交わした公害防止協定の変更に向け、名蔵とバラビドー、嵩田で相次いで説明会・意見交換会を行った。協定には「廃プラスチック類は焼却しない」などの項目が盛り込まれているが、市は住民の理解は得られたとしており、今後、各地区代表と協定の見直し作業に入る。202...
本文を読む

沖縄総合事務局 旧西海区水産研、市に売却

石垣市北西部活性化センター整備事業計画図石垣市北西部活性化センター整備事業計画図
国有財産沖縄地方審議会が答申 石垣市、公設民営を計画
 【那覇】沖縄総合事務局(能登靖局長)は13日、旧西海区水産研究所石垣庁舎で石垣市北西部活性化センターの整備を予定している石垣市に対し、財務省所管の普通財産として引き受け予定の土地2万2・88平方㍍と建物計15棟、給排水施設など工作物を、時価で売り払いすることを決めた。国有財産沖縄地方審議会(當真良明会長、委員12人)が同日午前、那覇第2地方合同庁舎で同局長に答申した。  同局財務部管財総括...
本文を読む

日本最西端が移動 「トゥイシ」新たに記載

「トゥイシ」が記載された地形図(右)と更新前の地形図(国土地理院提供)「トゥイシ」が記載された地形図(右)と更新前の地形図(国土地理院提供)
国土地理院 与那国島西崎
 国土地理院は、与那国島西崎にある岩「トゥイシ」を、国土を示す基本的な地図とされる「2万5千分の1地形図」に新たに記載、6月1日に刊行した。満潮時も海面上にあることを確認した。これにより、日本最西端は北北西に約260㍍先になった。  地理院によると、陸上自衛隊与那国駐屯地の整備など更新事項があったため、与那国島の地図を全面的に見直した結果、トゥイシも加えることに。ほかにナーマ浜、ダンヌ浜、カ...
本文を読む

八重農が酒造免許取得  焼酎など6次産業化へ

雨の降る中、酒造りに使うこうじ用の米を脱穀する生徒たち=11日午前、名蔵地区の水田雨の降る中、酒造りに使うこうじ用の米を脱穀する生徒たち=11日午前、名蔵地区の水田
地域産業担い手育成も
 八重山農林高校(山城聡校長)のアグリフード科が、6次産業化と地域産業の担い手育成の新たな取り組みとして酒造免許を取得した。自ら育て収穫した米から醸造する技術を生徒たちに学んでもらおうと昨年12月に申請、5月17日付で石垣税務署から免許通知を受けた。取得したのは泡盛や焼酎を製造できる「単式蒸留焼酎製造免許」。将来的には、地元酒造会社に協力を求めるなどして製品化も視野に入れている。  同科では...
本文を読む

環境・遊び通した指導を

円滑な幼小接続の必要性などを学ぶ石垣市立幼児教育施設の施設長ら=11日午後、石垣市役所第2会議室円滑な幼小接続の必要性などを学ぶ石垣市立幼児教育施設の施設長ら=11日午後、石垣市役所第2会議室
市こども未来局子育て支援課 幼児教育の課題など確認
 石垣市立幼児教育施設の施設長を対象とする研修会(市こども未来局子育て支援課主催)が11日午後、市役所第2会議室であり、園長ら18人が講話やグループ協議を通し幼児教育の課題や円滑な幼小接続の必要性などを再確認した。  講話では、同課の新垣由子指導主事が、幼児教育の目的を「人格形成の基礎を培うこと」と説明、「環境と遊びを通して総合的な指導を展開してほしい」と呼び掛けた。  幼小接続アドバイ...
本文を読む

鈴木龍雄がプロ契約 八重山初のBリーガー誕生

Bリーグのライジングゼファーフクオカと選手契約を締結した鈴木龍雄=Ⓒ佐々木啓次Bリーグのライジングゼファーフクオカと選手契約を締結した鈴木龍雄=Ⓒ佐々木啓次
ライジングゼファーフクオカ
 プロバスケットボールBリーグのライジングゼファーフクオカは9日、同チーム特別指定選手の鈴木龍雄(23)=福岡=と2019~20シーズンの選手契約したことを発表した。鈴木は石垣市宮良出身。八重山出身者のプロバスケ選手誕生は初。  鈴木は同チームのホームページでコメントを発表。「来シーズン、大好きな福岡で皆さまと戦える事に本当に感謝しています。応援してくれるブースターの皆さまに最高のプレーをお...
本文を読む

島外向け新米初出荷 品質一番良いと太鼓判

万歳三唱で超早場米の初出荷を見送る関係者ら=10日午後、JAおきなわ八重山地区ライスセンター万歳三唱で超早場米の初出荷を見送る関係者ら=10日午後、JAおきなわ八重山地区ライスセンター
JAライスセンター
 JAおきなわ八重山地区ライスセンターは10日、2019年産水稲一期米(ひとめぼれ)の島外向け出荷を開始した。初荷は全量1等米108㌧。本島に海上輸送され、各地のファーマーズマーケットで15日から販売される。  5月15日から始まった収穫ですでに600㌧余りが同センターに運び込まれており、約209㌧が精米された。うち1等米が石垣島産で約188㌧、西表島産で約7㌧、2等米が石垣島産で約13㌧と...
本文を読む

95人が合格果たす 受験者ら喜びに沸く

第45回八重山古典民謡コンクールの合格発表を見て喜びに沸く受験者ら=9日夜、石垣市民会館中ホールピロティ第45回八重山古典民謡コンクールの合格発表を見て喜びに沸く受験者ら=9日夜、石垣市民会館中ホールピロティ
八重山古典民謡コンクール
 第45回八重山古典民謡コンクール(八重山毎日新聞社主催)最終日は9日夜、合格者が石垣市民会館中ホールピロティで発表され、最優秀賞9人(合格率13%)、優秀賞22人(同34%)、新人賞47人(同74%)、奨励普及賞17人(同100%)の計95人が合格を果たした。合格者が一堂に会し日頃の成果を発表する晴れ舞台「第45回八重山古典民謡コンクール発表会」は10月19日午後6時30分、石垣市民会館大ホー...
本文を読む

親子で歯の健康考える 60個人1家族を表彰

ブラッシング体験を行う親子。正しい歯磨きの方法を学んだ=8日午後、石垣市健康福祉センターブラッシング体験を行う親子。正しい歯磨きの方法を学んだ=8日午後、石垣市健康福祉センター
第42回デンタルフェア
 第42回デンタルフェア(主催・八重山地区歯科医師会、石垣市)が8日、石垣市健康福祉センターで開かれた。歯科検診、虫歯予防フッ素塗布、口腔相談などのブースを設置、専門家が的確なアドバイスを行った。大勢の親子連れが来場し、正しい歯磨きの方法を学んだ。60個人1家族が「よい歯」などと認められ、表彰を受けた。(9面に表彰受賞者)  長男の壱悟ちゃん(4)らと来場した伊良波佐也加さん(41)=石垣=...
本文を読む
キーワード検索フォーム