八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「地域・教育」の検索結果は以下のとおりです。

西表西部で660世帯停電 台風9号

徐々に風が強まり、海上も荒れ出した=8日午後3時ごろ、大浜海岸徐々に風が強まり、海上も荒れ出した=8日午後3時ごろ、大浜海岸
空・海の便、終日欠航
 大型で非常に強い台風9号(レキマー)は8日午後4時には石垣島の東南東140㌔にあり、石垣島地方などを風速25㍍以上の暴風域に巻き込みながら時速20㌔の速さで北北西へ進んでいる。台風の接近で竹富町大原で同日午後4時44分に最大瞬間風速24.4㍍を観測した。竹富町西表で8日午後5時時点で660世帯が停電している。石垣市、竹富町は8日午後3時半までに避難勧告を発令。3市町が開設した避難所に午後4時...
本文を読む

市給食センターが優秀賞 地産地消の献立を評価

石垣安志教育長(左)に受賞を報告する嶺井政則主任(同右)ら=7日午後、市教委2階ホール石垣安志教育長(左)に受賞を報告する嶺井政則主任(同右)ら=7日午後、市教委2階ホール
県学校給食調理発表会
 2019年度地場産物を活用した学校給食献立調理発表会(沖縄県学校給食会主催)が7月30日、那覇市の県学校給食会で開かれ、石垣市立学校給食センター(成底広敏所長)の嶺井政則主任、加屋本憲慎副主任、高江洲秀平副主任の3人のチームが調理した、▽マグロともずくのMIX丼▽冬瓜のすまし汁、島パパイヤの和え物ー3品の給食献立が優秀賞に輝いた。関係者らが7日、市教育委員会で石垣安志教育長に受賞を報告した。...
本文を読む

竹富島 入域料、券売機で徴収

財団を活動主体に入域料徴収について議論する委員ら=7日午前、竹富町役場2階会議室財団を活動主体に入域料徴収について議論する委員ら=7日午前、竹富町役場2階会議室
業務を一般財団に委託
 来月1日から竹富島で地域資産法に基づいた全国初の入域料(任意)徴収に向け、竹富町は7日午前、第1回竹富島地域自然資産運営協議会(池田孝之委員長、委員12人)を開き、入域料の徴収業務を(一財)竹富島地域自然資産財団に委託し、券売機で徴収することを全会一致で承認した。券売機は、竹富港ターミナルと石垣港の離島ターミナル内に1台ずつ設置する。委員らは、竹富島地域自然資産地域計画(案)の徴収業者や方法の...
本文を読む

波照間航空路線 21年9月再開目指す

波照間航空路線の早期再開に向け竹富町と包括連携協定を結んだ、佐和田寿代表取締役社長(左から2人目)、持丸幸生執行役員・整備部長(左)=6日午後、竹富町役場町長室波照間航空路線の早期再開に向け竹富町と包括連携協定を結んだ、佐和田寿代表取締役社長(左から2人目)、持丸幸生執行役員・整備部長(左)=6日午後、竹富町役場町長室
竹富町とスカイサンタ協定 不定期チャーター
 運休状態が続く波照間航空路線の早期再開に向け竹富町は6日午後、航空運送事業の準備を進める㈱スカイサンタアビエーション(佐和田寿代表取締役社長、本社・那覇市)と包括的連携に関する協定を締結した。今後は、航空機使用のための許可を取得後、水陸両用機2機を調達し、2021年9月に不定期チャーターで航路再開を目指す。沖縄振興開発公庫や「石垣|波照間航空路復活プロジェクト」に賛同する県内企業から出資を受け...
本文を読む

西表島 希少種の密漁・盗掘防止を

下船した観光客や住民にチラシを配布し注意を呼び掛ける町職員ら=6日午前、仲間港下船した観光客や住民にチラシを配布し注意を呼び掛ける町職員ら=6日午前、仲間港
環境省など関係機関 西表島で呼び掛け
 【西表】西表島での希少野生動植物の密猟・盗掘などを防止するため、環境省や竹富町など関係機関は6日、島内の港でチラシを配布し、遊歩道入り口で巡視活動を実施した。港では、下船客に、希少種を島外に持ち出さないよう協力を呼び掛けた。  西表島は、ほぼ全域が西表石垣国立公園や西表森林生態系保護地域で、イリオモテヤマネコ、ヤエヤマセマルハコガメ、ナリヤランなど多くの希少種が生息・生育。竹富町自然環境保...
本文を読む

県平均の2倍以上 八重山地区の脳内出血死亡率

八重山保健所館内の脳内出血死亡率八重山保健所館内の脳内出血死亡率
高血圧の未治療などが要因
 八重山3市町の脳内出血による死亡率が県の2013~17年の調査で男女とも県平均の2倍以上と高く、県内5保健所管内で最も悪くなっていることが5日、分かった。血圧や生活習慣に問題を抱えていることが発症数の増加要因と指摘されており、八重山保健所では生活習慣の改善とともに「健康診断を受け、高血圧などがあれば治療し重症化を防いでほしい」と呼びかけている。  八重山保健所によると、1980年代後半ごろ...
本文を読む

八重山の魅力って何? キャッチフレーズ募集

八重山を表すキャッチフレーズの募集をPRする八重山ビジターズビューローの金城徹専務理事(右)ら=5日午後、同事務所八重山を表すキャッチフレーズの募集をPRする八重山ビジターズビューローの金城徹専務理事(右)ら=5日午後、同事務所
八重山ビジターズビューロー
 一般社団法人八重山ビジターズビューロー(中山義隆会長)は5日午後、同事務所で会見を開き、八重山の魅力や見どころを表したキャッチフレーズを募集すると発表した。今月31日まで。  「住んでよし、訪れてよし」の地域づくりの実現に向け、八重山諸島の来訪者に対して八重山の魅力や見どころをキャッチフレーズとして募集するもの。  ▽海洋▽動植物▽文化・芸能▽食▽島の人々・島々の個性▽風情▽工芸・陶芸...
本文を読む

石垣島の星空を満喫 南の島の星まつり

ライトダウンにより浮かび上がった満天の星空。天の川を中心に無数の星が広がった=3日午後9時28分、南ぬ浜町緑地公園(30秒露光)ライトダウンにより浮かび上がった満天の星空。天の川を中心に無数の星が広がった=3日午後9時28分、南ぬ浜町緑地公園(30秒露光)
観望会や夕涼みライブ
 石垣島の星空を楽しむイベント、「南の島の星まつり2019」(同実行委員会主催)が3日午後、南ぬ浜町緑地公園で開かれ、石垣市民や観光客など9000人(主催者発表)が星空観望会や夕涼みライブなどを満喫した。午後9時に一斉消灯されると雲の隙間から星空が顔をのぞかせ、会場の参加者から歓声。星空の下で石垣島の夜を楽しんだ。  会場となった緑地公園は午後5時に開場。午後6時に夕涼みライブがスタートした...
本文を読む

離島のバリアフリー体験 車いすモデル、日置有紀さん

水牛車の出発を楽しみに待つ車いすモデルの日置有紀さん(左)=1日午前、竹富島水牛車の出発を楽しみに待つ車いすモデルの日置有紀さん(左)=1日午前、竹富島
 県は、障がいを持つ人の視点から沖縄の魅力や情報を発信してもらおうと、車いすモデルとして活躍する日置有紀さんを招き、7月31日から8月2日まで県内の観光地を回った。2日、竹富島を訪れた日置さんは、島内のビーチや水牛車を体験し、島の文化・自然に触れた。今回の観光地巡りは、2019年度おきなわ観光バリアフリー推進事業(県主催)の一環。  モデル活動以外に商品プロデュースも手掛ける日置さんは、イン...
本文を読む

八重山諸島の魅力をPR 「観光の日」

2019番目に到着した土井拓人さん家族ら。記念品を受けた=1日午後、南ぬ島石垣空港2019番目に到着した土井拓人さん家族ら。記念品を受けた=1日午後、南ぬ島石垣空港
3市町玄関口で特産品配付
 県観光振興条例に基づく「観光の日」の1日、南ぬ島石垣空港、ユーグレナ石垣港離島ターミナル、与那国空港の八重山3市町玄関口で、一般社団法人八重山ビジターズビューローと3市町観光協会などが特産品やパンフレットなどを配布して八重山諸島の魅力をPRした。訪れた観光客は夏の味覚を堪能して大喜びだった。  石垣空港では市観光交流協会青年部(請盛真実部長)がカットパイン、黒糖、かまぼこ、マンゴージュース...
本文を読む
キーワード検索フォーム