八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「地域・教育」の検索結果は以下のとおりです。

前盛朱琳さん最優秀賞 白保中3年

「かのや未来創造プログラム—平和の花束2018—『平和へのメッセージ』」の中学生の部で最優秀賞に輝いた白保中学校3年の前盛朱琳(じゅりん)さん=21日午後、市教育委員会「かのや未来創造プログラム—平和の花束2018—『平和へのメッセージ』」の中学生の部で最優秀賞に輝いた白保中学校3年の前盛朱琳(じゅりん)さん=21日午後、市教育委員会
鹿児島・平和へのメッセージ
悲劇もたらす戦争問う
 鹿屋市教育委員会が鹿児島県内外の小中高校生から平和をテーマにしたメッセージを募集した「かのや未来創造プログラム—平和の花束2018—『平和へのメッセージ』」の中学生の部で、白保中学校3年の前盛朱琳(じゅりん)さん(15)が最優秀賞に輝き、21日午後、石垣市教育委員会で受賞を報告した。  前盛さんの作文「平和の教科書として」は、社会科の授業や、ことし6月に伯母の喜美子さんから聞いた祖父の故・...
本文を読む

新「模擬パト」に無事故誓う 伊原間

伊原間の模擬パトカーの入れ替え設置式が行われ、地域の交通安全を願う関係者ら=21日午後、伊原間船越漁港入り口伊原間の模擬パトカーの入れ替え設置式が行われ、地域の交通安全を願う関係者ら=21日午後、伊原間船越漁港入り口
北部で交通安全運動出発式
 本年度秋の交通安全運動の石垣市北部地区出発式が21日午後、平野公民館で北部地区各公民館の代表や八重山署、八重山地区交通安全協会など関係者ら20人余りが参加して行われ、広報パレードで地域住民や観光客に交通事故防止を呼び掛けた。また、伊原間船越漁港入り口の模擬パトカーを入れ替え、地域の交通安全や無事故を願った。  模擬パトカーは、2005年に設置され、台風などで劣化したため、やえやま環境開発㈱...
本文を読む

「飲酒運転根絶を」 秋の交通安全運動スタート

秋の全国交通安全運動の出発式で舞踊を披露する光扇会黒石高子八重山舞踊研究所の門下生ら=20日夕、石垣市中央運動公園屋内練習場秋の全国交通安全運動の出発式で舞踊を披露する光扇会黒石高子八重山舞踊研究所の門下生ら=20日夕、石垣市中央運動公園屋内練習場
運転マナーアップ、安全教室など展開
 「良いお手本 なれる自分が カッコイイ」をスローガンに21日、全国一斉にスタートする「2018年秋の交通安全運動」の出発式(石垣市交通安全推進協議会など三団体主催)が20日夕、市中央運動公園屋内練習場で開かれ、八重山署(与那嶺一文署長)や八重山地区交通安全協会(辻野ヒロ子会長)など関係者らが、交通事故の抑止に向け心を一つにした。30日までの期間中、市民の運転マナーアップや飲酒運転根絶に向け、安...
本文を読む

前本さん、県から表彰

しまくとぅば普及功労者としての表彰報告をした前本隆一さん(右から2人目)=20日午前、竹富町役場町長室しまくとぅば普及功労者としての表彰報告をした前本隆一さん(右から2人目)=20日午前、竹富町役場町長室
テードゥンムニや古謡継承に尽力
 しまくとぅばの普及活動の功績が認められ、15日に県から表彰を受けた竹富町竹富島の前本隆一さん(88)が20日午前、町役場で西大舛髙旬町長らに受賞を報告した。前本さんは、1977年からテードゥンムニ(竹富島言葉)を地域で指導し、島言葉や古謡継承に尽力したことが評価された。県しまくとぅば普及功労者の受賞は町内で初めて。  前本さんは、竹富小中学校PTAが主催するテードゥンムニ大会の指導をはじめ...
本文を読む

新城さんが電卓1位 県高校商業実務競技新人大会

電卓の部読上算の種目で1位に輝き、同校定時制で初の入賞を果たした八重山商工高校2年の新城瑠香さん=19午後、同校電卓の部読上算の種目で1位に輝き、同校定時制で初の入賞を果たした八重山商工高校2年の新城瑠香さん=19午後、同校
八商工定時制で初入賞
 八重山商工高校定時制課程の新城瑠香さん(商業科2年)が、このほど浦添商業高校で開催された県高校商業実務競技新人大会(県商業教育研究会主催)の電卓競技の部の種目別競技、読上算で1位に輝き、同校定時制で初の入賞を果たした。  同大会は、県内13校から300人余りが出場し、電卓やワープロを打つ速さや正確さ、表計算ソフトなどの情報処理の技能を競う。電卓競技の部には60人が出場し、読上算は読み上げら...
本文を読む

来年の弥勒世を祈願 川平「結願祭」

「三人棒」奉納で大男の棒を受け止める中学生=17日午後、川平の群星御嶽「三人棒」奉納で大男の棒を受け止める中学生=17日午後、川平の群星御嶽
八重山最古の獅子舞披露
地域団結、奉納演舞に歓声
 1年の豊作と住民の無病息災に感謝し、来年の弥勒世を祈願する川平最大の祭り「結願祭」(川平公民館主催)が17日午後、群星(ムリブシ)御嶽で行われ、住民総出で八重山最古と言われる獅子舞や、棒の演武、狂言などを奉納し、地域の団結を強めた。  祭は午後1時に開始。炎天下、弥勒を先頭に出演者らが境内を一周し場を清めた後、地区内の四つの御嶽(群星、山川、宮鳥、浜崎)の神司4人の前で、各種奉納が次々と繰...
本文を読む

新八重山病院が落成 関係者ら施設見学

新築開院式でテープカットを行う関係者=16日午後、新八重山病院玄関前新築開院式でテープカットを行う関係者=16日午後、新八重山病院玄関前
来月2日から外来診療開始
 新県立八重山病院の新築開院式と関係者による内覧会が16日午後、旧空港跡地の新病院施設内であった。参加した約230人は、高度な医療機器やユニバーサルデザインを取り入れた施設を見学し、八重山圏域の急性期医療を担う新たな中核病院の落成を祝った。県病院事業局の我那覇仁局長は「八重山の保健医療圏の新たな出発として、エポックメーキングの日になると確信している」と期待を寄せた。新病院は30日に引っ越し後、来...
本文を読む

前花さんが最優秀賞 22日にとぅばらーま大会

34163.jpg
作詞の部
 「2018年度とぅばらーま大会」(同実行委員会主催)作詞の部審査委員会(岡山稔審査委員長、委員4人)は16日午前、石垣市民会館で入賞作品を発表し、最優秀賞に前花吉子さん(83)=登野城=の作品が輝いた。優秀賞には友利宇宙(ひろし)さん(29)=同=、砂川タマ子さん(67)=桃里=、佳作は西島本寿乃さん(38)=石垣=、特別賞に白保、石垣第二、大浜の各中学校が選ばれた。入賞作品の一部は、22日に...
本文を読む

石垣市平和フォーラム 悲劇を繰り返さないで

石垣市平和フォーラムで被爆者の体験をイメージした絵を使って原爆の恐ろしさを説明する長崎純心大の松野世菜さん=15日午後、市健康福祉センター検診ホール石垣市平和フォーラムで被爆者の体験をイメージした絵を使って原爆の恐ろしさを説明する長崎純心大の松野世菜さん=15日午後、市健康福祉センター検診ホール
原爆体験語り継ぐ松野さん 被爆者証言で平和訴え
 平和や命の尊さについて考える「石垣市平和フォーラム」(市主催)が15日午後、石垣市健康福祉センター検診ホールで開かれ、「家族・交流証言者」として長崎の原爆体験を語り継ぐ活動を全国で展開している長崎純心大学英語情報学科2年の松野世菜(せいな)さん(20)が被爆者の証言を織り交ぜながら、平和の尊さを訴えた。  家族・交流証言者は、被爆者の高齢化で本人から被爆体験を聞く機会が減少するなか、その親...
本文を読む

八重山地区科学作品展 児童生徒の21点が入賞 

郡内から197点の応募があった第34回八重山地区児童・生徒科学作品展=15日午後、石垣市立図書館展示ホール郡内から197点の応募があった第34回八重山地区児童・生徒科学作品展=15日午後、石垣市立図書館展示ホール
8点を県大会に出品
 郡内の児童生徒の優れた科学作品を集めて展示する第34回八重山地区児童・生徒科学作品展(八重山地区小中学校理科教育研究会)が14日から2日間、石垣市立図書館展示室で開かれ、審査の結果、応募作品197点から21点が入賞した。このうち8点は、10月6日から2日間、八重瀬町中央公民館で開かれる第58回沖縄県児童・生徒科学作品展(沖縄県理科教育協会など3団体主催)へ出品される。  15日午後、市立図...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム