八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「政治・行政」の検索結果は以下のとおりです。

陸自配備「絶対止めて」と訴え

意見交換会には住民一人が出席。中山義隆市長や部課長らが「絶対止めてください」と訴える抗議集会に耳を傾ける=5月31日夜、石垣市健康福祉センター検診ホール意見交換会には住民一人が出席。中山義隆市長や部課長らが「絶対止めてください」と訴える抗議集会に耳を傾ける=5月31日夜、石垣市健康福祉センター検診ホール
戦争体験、80歳男性が唯一出席 
嵩田・川原住民意見交換会
4公民館ら抗議集会
 平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣市は5月31日夜、嵩田・川原地区住民を対象にした意見交換会を市健康福祉センター検診ホールで開いた。川原から戦争体験者の男性(80)が唯一出席、「この施設を造れば標的になる。絶対止めてください」と訴えた。周辺地区住民に限定した意見交換会に反発する4公民館は開始前に芝生広場で抗議集会を開き、「市民全体でもっと綿密に話し合った上で意思決定していくことを...
本文を読む

策定委、第2次計画を答申 竹富町海洋基本計画

西大舛髙旬町長(右)に第2次竹富町海洋基本計画案を答申した土屋誠委員長=25日午後、竹富町役場2階大ホール西大舛髙旬町長(右)に第2次竹富町海洋基本計画案を答申した土屋誠委員長=25日午後、竹富町役場2階大ホール
21施策の展開盛り込む 
町、6月議会で改定目指す
 第1次計画の見直し作業を進めていた第2次竹富町海洋基本計画策定員会(委員長・土屋誠琉球大学名誉教授、委員17人)は25日午後、西大舛髙旬町長に同計画案(2018~22年度)を答申した。▽貴重な生態系の保全▽安全・安心な生活環境の実現▽産業振興の推進▽伝統文化の次世代継承▽国境離島地域の保全振興—を5本柱に、入域者数増加に伴う自然環境の保全・適正利用策の実施などを新たに盛り込んだ21施策を展開す...
本文を読む

候補者3人に絞り込み 県議補選

右から大浜一郎氏、知念辰憲氏、我喜屋隆次氏右から大浜一郎氏、知念辰憲氏、我喜屋隆次氏
大浜、知念、我喜屋氏
自民党石垣市支部
 11月の県知事選に合わせて行われる県議補選石垣市区(欠員1)に向けた自民党石垣市支部(石垣亨支部長)の第3回候補者選考委員会(東田盛正委員長、31人)が25日夜、大浜信泉記念館で開かれ、前回推薦された5人から会社経営の大浜一郎(56)=石垣=と市議会議長の知念辰憲(63)=新川=、市議の我喜屋隆次(41)=大浜=の3人に絞り込んだ。事務局によると、知念氏は出馬に意欲を示しており、大浜、我喜屋両...
本文を読む

川平地区変更案を否決 市都市計画審議会

川平・観音堂景観地区の変更議案について審議する委員ら=24日午前、石垣港ターミナル2階検査室川平・観音堂景観地区の変更議案について審議する委員ら=24日午前、石垣港ターミナル2階検査室
観音堂地区は可決 都市計画景観地区
市議委員提案で無記名投票
2議案とも一票差表決
 石垣市都市計画審議会(会長・黒嶋克史石垣市商工会長、委員14人)は24日、中山義隆市長から14日付で諮問のあった川平、観音堂両地区を対象とする石垣市都市計画景観地区の変更2議案を、石垣港ターミナル検査室で審議し、無記名投票で川平地区変更を否決、観音堂地区変更を可決した。審議会は近く中山市長に答申する。市が答申内容を覆す可能性は極めて低く、答申通り川平を除く観音堂地区で変更手続き(県知事協議)を...
本文を読む

事前協議で異議 都市計画景観地区

川平・観音堂の変更についての事前協議(要旨)川平・観音堂の変更についての事前協議(要旨)
県「整合性図られていない」
市「観点からずれている」
 石垣市の都市計画景観地区変更手続きをめぐる事前協議で、県は昨年12月28日付土木建築部長名で「変更原案は、良好な風景づくりを目指す都市計画の方針と整合が図られていない。都市計画制度の活用は、目指すべき将来像を実現するため、長期間を要し、一定の継続性、安定性が求められる」として異議を唱える回答を行っていたことが24日、情報公開請求で開示された資料で分かった。市も同日の都市計画審議会で、「石垣市の...
本文を読む

国内外に情報発信 川平の景観を守る会

川平の景観を守る会の活動内容などを紹介する橋爪千花会長(前列左から2人目)とメンバーの吉田健吾さん(同左)と翁長理恵子さん(同左から3人目)=23日午前、川平農村集落センター川平の景観を守る会の活動内容などを紹介する橋爪千花会長(前列左から2人目)とメンバーの吉田健吾さん(同左)と翁長理恵子さん(同左から3人目)=23日午前、川平農村集落センター
公民館の活動支援
 石垣市の風景計画・景観地区変更手続きをめぐり、川平景観地区の高さ制限緩和の撤回を求めている川平公民館(高嶺善伸館長)の活動をサポートしようと、住民3人が9日、「川平の景観を守る会」(橋爪千花会長)を立ち上げ、ウェブサイト上で内外に情報を発信するとともに署名活動を展開している。今後、ネット上で不特定多数から寄付金を募るクラウドファンディングを実施して裁判費用に充てるなど、公民館の撤回運動を支援す...
本文を読む

観音堂地区で自治会設立へ

観音堂自治会発足の意義などについて説明する設立準備会の比屋根健代表(中)、小沢正副代表(左)、内海良彦副代表=22日夜、「宿・八重山すてい楽楽楽♪」観音堂自治会発足の意義などについて説明する設立準備会の比屋根健代表(中)、小沢正副代表(左)、内海良彦副代表=22日夜、「宿・八重山すてい楽楽楽♪」
景観変更や開発に危機感
情報収集、折衝の窓口に
大型共同住宅が計画されているほか、高さ制限の緩和が予定されている観音堂景観地区で29日、自治会が組織されることになった。いずれの問題も住民にはほとんど知らされておらず、「良好な生活環境を築くため、情報の収集、折衝の窓口としての機能」を果たすことを目的に立ち上げることに。観音堂自治会設立準備会(比屋根健代表)が22日夜、地区内で会合を開き、規約案や事業計画案などを総会に提出することを承認。比屋根代...
本文を読む

来月入浴サービス開始へ

障がい児が通所で利用
介助負担の軽減に期待
 障害や病気により介助が必要な子どもを持つ親の会「カラフル」(島内初美代表)が市に要望していた「障がい児の通所型入浴サービス」が、来月中に開始される。22日午後、市役所で開かれた同団体と市の会合で、障がい福祉課が今月中にサービスを請け負う事業所と利用額などを調整し(来月の)早い時期の開始を目指す考え示した。  同団体によると肢体不自由の児童生徒を入浴させるのに40分から1時間を要し、サービス...
本文を読む

委員 慎重審議求める 形成審、風景計画変更案

風景計画の変更案について意見を求められた景観形成審議会。委員から慎重審議を求める意見が相次いだ=21日午後、石垣市健康福祉センター風景計画の変更案について意見を求められた景観形成審議会。委員から慎重審議を求める意見が相次いだ=21日午後、石垣市健康福祉センター
景観破壊のおそれ指摘
注目される市長対応
 石垣市は21日午後、景観形成審議会(仲山久紀会長、12人)を市健康福祉センターで開き、変更手続きを進めている風景計画・景観地区(川平、観音堂)のうち、市条例に基づく風景計画の変更について意見を聴取した。建設関連団体の委員が「いろんな意見を聞くべきだ」と述べるなど、ほとんどの委員から慎重審議を求める意見が出た。有識者からは「意見を聞くだけなら同じことの繰り返し」として別の方法を模索するよう提案も...
本文を読む

特養整備で50床増へ 石垣市

7月2日から事業者公募
市内4カ所目
 石垣市は、第7期高齢者福祉計画・介護保険事業計画(2018~20年度)に盛り込まれている広域型特別養護老人ホームの20年度整備に向け、7月2日から事業者を公募するなど手続きを開始する。入所待機者数の増加や待機年数長期化などの課題解消に向け、新規50床を計画。市内の特養は4カ所目となり、これで計230床に拡大する。介護長寿課によると、特養の待機者は現在約100人。今回の増床でも足りない状況となっ...
本文を読む
キーワード検索フォーム