八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「政治・行政」の検索結果は以下のとおりです。

「石垣島を平和の象徴に」 記念式典で世界へ発信

笑顔で平和の鐘を打ち鳴らす在日大使館関係者と児童=10日午前、世界平和の鐘鐘楼笑顔で平和の鐘を打ち鳴らす在日大使館関係者と児童=10日午前、世界平和の鐘鐘楼
鐘設置30周年
 世界平和の鐘設置30周年記念事業「ピースベルアイランド・イシガキ2018~石垣島から世界へ、ワールドピース」(同実行委員会主催)の記念式典が10日、新栄公園内の鐘楼前で行われた。招待に応じた日本を含む17カ国・1地域・1国連機関の特命全権大使や関係者らが地元の小学生らとともに平和の鐘を響かせ、実行委会長の中山義隆市長が「人口5万人が住む小さな石垣島から世界へワールドピース」と平和宣言を行った。...
本文を読む

県民投票費を計上 3市町

県民投票費を追加した2018年度一般会計補正予算案について説明する中山義隆市長(壇上)=7日午前、本会議場県民投票費を追加した2018年度一般会計補正予算案について説明する中山義隆市長(壇上)=7日午前、本会議場
賛否拮抗や流動的な面も
各議会の動向に注目
 八重山3市町は、7日開会した12月定例議会に、来年2月24日に行われる「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票」の経費を盛り込んだ一般会計補正予算案を上程した。市議会では賛否が拮抗(きっこう)しているため、公明石垣の対応が議案の行方を左右することになりそう。竹富町議会では可決の見通しだが、保守色の強い議員がいることから流動的な側面も。与那国町議会では野党5人のうち1人が反対の意...
本文を読む

一部補正額を不承認 12月定例与那国町議会

野党、専決処分を批判
 【与那国】12月定例与那国町議会(前西原武三議長)は7日午前、開会し、9月定例会で、町当局が議会の承認を得ずに処理する専決処分を行った一般会計予算の一部補正額3億9224万円を、賛成少数で不承認とした。野党側は外間守吉町長の判断で専決処分した町側の姿勢に「議会の議決が必要」と批判した。  ただ、一部補正額には現地より高台への移転新築が決まっている新庁舎建設の設計発注支援業務1000万円が組...
本文を読む

県民投票の会 投票事務処理に理解求める

「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(右奥)らから理解を求められる与党市議ら=5日午後、議員協議会室「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(右奥)らから理解を求められる与党市議ら=5日午後、議員協議会室
与党議員らと意見交換
会派「未来」は賛成の意向
 来年2月24日に行われる辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票で、「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表と安里長従副代表らが5日、9月定例石垣市議会で県民投票条例案に反対する意見書を可決した与党議員らと議員協議会室で意見交換を行った。「市町村長には投票事務を処理する義務があり、それをしなければ明確に違法となる」との法解釈を示した上で、投票にかかる補正予算の可決に理解を求めた。 ...
本文を読む

住民投票条例請求 署名1万4844筆に

発表された1万4844筆の署名数に大きな拍手を送る人たち=1日夜、大浜公民館発表された1万4844筆の署名数に大きな拍手を送る人たち=1日夜、大浜公民館
陸自配備計画の賛否問う 求める会、年内での本請求目指す
 平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票の条例制定を求める直接請求に向け、10月31日から11月30日まで署名運動「市民大署名運動会」に取り組んできた石垣市住民投票を求める会(金城龍太郎代表)は1日夜、閉幕式を大浜公民館で行い、署名数が1万4844筆と発表した。地方自治法が要件とする有権者の50分の1(9月20日現在775人)を大幅に上回り、市自治基本条例が定める4分の1(同9685...
本文を読む

来年3月までに確定 南大浜地区の用途地域

南大浜地区の用途指定について出席者の意見を聞く都市建設課の職員ら=26日夜、大浜公民館南大浜地区の用途指定について出席者の意見を聞く都市建設課の職員ら=26日夜、大浜公民館
石垣市 周知期間経て来夏発効予定 津波災害にも対応へ
 石垣市は、南大浜地域の市街地化に対応するため、都市計画法に基づく用途地域指定に向けた都市マスタープラン(都市計画に関する基本的方針)の一部改定原案をまとめ、大浜公民館で26日夜、意見交換会を開いた。大浜集落を含めた課題として津波浸水が想定されると明記、津波災害対策として建築物の高さに制限のない中層という考え方を追加した。年内にプランを改定した後、来年3月までには用途地域を確定したい考え。発効は...
本文を読む

署名4000筆超に 住民投票求める会

今後の署名運動について話し合う石垣市住民投票を求める会若者事務局のスタッフら=17日午後、登野城の事務所今後の署名運動について話し合う石垣市住民投票を求める会若者事務局のスタッフら=17日午後、登野城の事務所
陸自配備の賛否問う 今月末までに1万筆目指す
 平得大俣地域への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票条例の制定を求める直接請求に向け、石垣市住民投票を求める会(金城龍太郎代表)が10月31日から行っている「市民大署名運動会」は中間地点を過ぎ、後半の運動に突入している。期限は11月30日。未回収分もあるため正確な数字は把握できていないが、17日までに4000筆を超える見通しという。すでに地方自治法で定める有権者の50分の1を大きくクリアして...
本文を読む

子育て支援の担い手に 竹富町が支援員研修開講

開講式終了後、「頑張るぞ」と意気込む受講生ら=17日午前、竹富町役場2階小会議室開講式終了後、「頑張るぞ」と意気込む受講生ら=17日午前、竹富町役場2階小会議室
 2015年4月にスタートした子ども・子育て支援制度に基づく支援員の育成を目的に竹富町は17日、初の子育て支援員研修を町役場内で開講、4島から13人が受講を開始した。これまで行ってきたファミリーサポートセンター事業に加え、一時預かり事業と地域子育て拠点事業の分野にまで支援を拡大し、子育て支援のニーズに対応する考え。研修終了後は子育て支援員として居住地に配置する予定だ。  町福祉支援課によると...
本文を読む

市有地取得、市長に調整依頼 石垣陸自

石垣市有地 取得計画範囲石垣市有地 取得計画範囲
防衛局、計画範囲を確定
 石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、防衛省沖縄防衛局は、取得計画範囲が確定したとして市有地の取得に向けた調整を石垣市長に依頼していることが分かった。市が15日、同局の13日付依頼文書をホームページで公表した。中山義隆市長は配備計画に協力する考えを示しており、今後、防衛局側と調整を進め、12月議会にも市有地の処分案を提出する可能性がある。  市有地は12筆合計約22・4㌶。防衛局が...
本文を読む

事業執行率 わずか14% ふるさと納税活用

与那国町議会一般質問
町「仕組み見直す」
 【与那国】9月定例与那国町議会(前西原武三議長)は8日、一般質問を行い、崎元俊男、與那覇英作、田里千代基の3氏が登壇した。2008年度から始まった町の「ふるさと納税」はことし10月末現在、寄付3485件総額2億2742万円に上ったが、これを財源に事業を執行した額は3260万円で、執行率が14%にとどまっていることが分かった。質問した與那覇、田里両氏は「有効利用がなされていない」と指摘、小嶺長典...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム