八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「政治・行政」の検索結果は以下のとおりです。

西表島の世界自然遺産登録向け きょうカデロ氏を任命

西表島の世界自然遺産登録向け 各島の魅力、世界にPR期待
 ことし夏ごろに西表島の世界自然遺産登録を控える竹富町は16日、世界文化遺産を有するサンマリノ共和国の駐日特命全権大使マンリオ・カデロ氏を町応援大使に任命する。世界154カ国の駐日大使を代表する駐日外交団長も務めるカデロ大使を通して町内各島の歴史や自然、文化などの魅力を発信したい考え。西大舛髙旬竹富町長は取材に「カデロ大使の力をお借りし、西表島、そして竹富町を世界にPRしていきたい」と期待を寄せ...
本文を読む

石垣市長選 砂川氏擁立の動き表面化

八重山タクシー協会の伊良皆高司会長から出馬要請を受ける砂川利勝氏(中央左)=13日午後、字登野城の県議事務所八重山タクシー協会の伊良皆高司会長から出馬要請を受ける砂川利勝氏(中央左)=13日午後、字登野城の県議事務所
タクシー協会が出馬要請 24日の表明を準備
 保守系現職の中山義隆氏(50)と革新系新人の宮良操氏(61)が立候補を予定している3月の石垣市長選(3月4日告示、同11日投開票)で、自民党県議の砂川利勝氏(54)は13日、八重山タクシー協会(伊良皆高司会長、石垣市12社、乗務員約500人)から出馬要請を受け、「しっかり熟慮し、前向きに検討したい」と応じた。同協会の要請で砂川氏擁立の動きが表面化、他団体からの要請も予定されているという。関係者...
本文を読む

用地調査など結果公表 竹富町役場移転

新規出張所用地の調査結果新規出張所用地の調査結果
石垣支所や新規出張所
 役場移転を進める竹富町は9日、昨年11月末に完了した石垣支所と新規出張所に関する土地・施設等調査委託業務の結果をホームページ上で公表した。石垣支所の候補地は2カ所で、民間事業者への一括発注による▽スピード性▽コスト低減▽支出の平準化ーの観点からリース方式で進める考えを改めて示し、「来年度の事業着手を最優先に石垣支所の整備を進めたい」としている。  石垣支所の用地調査は、石垣港離島ターミナル...
本文を読む

中山陣営、分裂回避に躍起

石垣市長選、共倒れ懸念 砂川氏、今月末表明か
 石垣市長選(3月4日告示、同11日投開票)で3期目の当選を目指す保守系現職中山義隆氏(50)の陣営が、自民党の県議砂川利勝氏(54)の擁立の動きに神経をとがらせている。保守分裂となれば共倒れとなるとの懸念があるからだ。このため後援会幹部が、砂川氏に近い市議や支持者らに接触するなど分裂を回避しようと躍起になっている。10日の自民党県連新春の集いを終えた後がヤマ場とみられており、砂川支持者らには今...
本文を読む

石垣市長選 宮良後援会が事務所開き

市長選に向け、「頑張ろう」をする宮良操氏(中)と支持者たち=6日夜、後援会事務所市長選に向け、「頑張ろう」をする宮良操氏(中)と支持者たち=6日夜、後援会事務所
「若い力と年配者の知恵融合を」
 石垣市長選(3月4日告示、同11日投開票)に出馬を予定している宮良操氏(61)の「市民の力・宮良みさお後援会」(共同代表・入嵩西整、高嶺善伸、平地ますみ、多宇元、次呂久成崇)は6日夜、字登野城の元下地脳神経外科で事務所開きを行った。多宇共同代表が「若い力と年配者の知恵を融合させ、この力で集票を重ねてほしい」と呼び掛け、宮良氏は「人生を懸けて戦う」と決意を表明、全員で「頑張ろう」と気勢を上げた。...
本文を読む

市消防救急出動 17年過去最多の2493件

搬送なしは50件増の374件 要請迷いQ助など利用を
 石垣市消防本部がまとめた2017年の年間救急出動件数は2493件(前年比1件増)で過去最多。このうち搬送件数は2119件(同49件減)、搬送を伴わない出動は374件で50件増えた。火災は冬場に急増し、同7件増の20件。宇根規光消防長は「救急車の要請に迷う際は、全国版救急受診アプリQ助の利用や、119番で相談を。空気の乾燥が続くので火の管理、始末を徹底し、火災警報器を設置してほしい」と呼び掛けて...
本文を読む

市長選 保守分裂濃厚に

ともに鏡開きを行う中山義隆氏(中央左)と砂川利勝氏(右から2人目)。どんな心境だったのか=4日夕、アートホテル石垣島ともに鏡開きを行う中山義隆氏(中央左)と砂川利勝氏(右から2人目)。どんな心境だったのか=4日夕、アートホテル石垣島
水面下で動き 飛び交う臆測
砂川氏動向、10日以降にヤマ場
 ことし3月の石垣市長選は、新人で革新系市議の宮良操氏(61)と3期目を目指す保守系現職の中山義隆氏(50)に加え、自民党県議の砂川利勝氏(54)を擁立する動きが具体化しているため、保守分裂選挙の可能性が濃厚となっている。「保守分裂は革新を利するだけ。共倒れになる」との見方が一般的だが、なぜ分裂を招く第三の候補を担ぎ出そうとするのか、勝算はあるのか。さまざまな臆測が飛び交っている。  ■保守...
本文を読む

保守分裂で三つどもえか 石垣市長選

右から宮良操氏(61)、中山義隆氏(50)、砂川利勝氏(54)右から宮良操氏(61)、中山義隆氏(50)、砂川利勝氏(54)
砂川氏擁立の動き
 3月4日告示、同11日投開票の石垣市長選で、出馬を表明している革新系市議の宮良操氏(61)と3期目を目指す保守系現職の中山義隆氏(50)のほか、現職に反発する保守支持層に自民党県議の砂川利勝氏(54)を擁立する動きが具体化していることが4日までに分かった。関係者によると、本人も意思を固めたという。出馬表明の時期も近いとみられている。今市長選は、保守分裂による三つどもえの戦いになる可能性が出てき...
本文を読む

市長選、第三極の動きも

保守支持層に求める声
 石垣市長選(来年3月4日告示、同11日投開票)は、新人で革新系市議の宮良操氏(61)、3期目を目指す保守系現職の中山義隆氏(50)が相次いで出馬を表明し、両氏の一騎打ちの様相を呈しているが、自民党石垣市支部内の不協和音を反映して保守支持層から「どちらの予定候補者も受け皿にならない」として第三の候補者を求める声が出始めている。関係者は「年明けに一波乱起きるだろう」と示唆しており、第三極の動きが具...
本文を読む

前哨戦本格化へ

任期満了に伴う石垣市長選に出馬表明した現職3期目の中山義隆氏(左)と市議会議員で新人の宮良操氏任期満了に伴う石垣市長選に出馬表明した現職3期目の中山義隆氏(左)と市議会議員で新人の宮良操氏
石垣市長選に2氏表明
来年3月11日投開票
 任期満了に伴う石垣市長選(3月4日告示、11日投開票)は、市議で新人の宮良操氏(61)、現職で3期目を目指す中山義隆氏(50)が相次いで出馬を表明し、保守系現職に、一部保守を加えた革新系新人が挑む構図となっている。宮良氏は新たに後援会組織を結成、中山氏は従来の組織を継続するなど、支持母体も整った。今後、各地区での懇談会や集会など年明けから動きが本格化、2カ月余りにわたる前哨戦を展開する。 ...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム