八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

わが子を危険な状況、あるいは有害な環境から…

 わが子を危険な状況、あるいは有害な環境から遠ざけたいと思うのが世の親たちの願いであろう▼辺野古の米軍基地建設現場で座り込みを続ける高齢者たちは、沖縄戦において私たちの想像を超える経験をしてきた人たちである。子や孫らの時代に同じようなことがあってはならないとの信念から、老骨にむち打って連日の抗議行動に参加している▼子や孫たちが活躍する未来は平和であってほしい。いかなる理由があろうとも人間が人間を...
本文を読む

残存。なくならないで残る。防衛省用語の…

 残存。なくならないで残る。防衛省用語の「残存率」とは、自衛隊員が戦闘で生き残る確率を意味するという。言葉のまがまがしさよ▼しかも、その戦場は石垣島である(1日付本紙)。自衛隊が配備された島に敵戦力が侵攻し、市街地など6カ所で戦車を使った戦闘により兵力が3割に消耗するまでシミュレーションした「南西諸島での将来における戦い方」の作戦分析。私たち住民は眼中になく、戦闘の巻き添えにされていく▼これが陸...
本文を読む

台湾では大抵の都市に大手コーヒーチェーンが…

 台湾では大抵の都市に大手コーヒーチェーンが進出し、都心部では空席が見つけられないほどにぎわっていることも。その一方で、若者が個性的な喫茶店を開くことも多い▼台湾へのコーヒー豆の輸入量は10年間で2・8倍伸び、2016年には3万㌧余りに達した。台湾のカフェブームは数字の上でも明白だ▼沖縄のカフェ8店舗が参加するイベントが先月、台北市内のカフェで開かれた。台湾でコーヒーが関心を集めていることを反映...
本文を読む

小欄には、電話や郵便だけでなくホームページ…

 小欄には、電話や郵便だけでなくホームページのコメント欄からも読者の声が届く。この欄は国内の新聞社では、いち早く開設されたもので好評。時々ドキッとするようなことが書き込まれる▼先週の「戦争を身近に感じさせる基地はいらない」に対し「火事を連想させるから消防署はいらない? 犯罪を連想させるから警察署はいらない? 病や死を連想させるから病院はいらない?」うまい連想につい、うんうんと感心▼しかし基地と消...
本文を読む

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は11月29日、…

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は11月29日、宮古島のパーントゥなど国内10件の伝統行事で構成する「来訪神 仮面・仮装の神々」を無形文化遺産に登録することを決定した▼仮面をかぶったり仮装をしたりした人が神として家々を訪れ、怠け者を戒めたり、幸福をもたらしたりする行事。東北地方では、幼児に対する教育の手段として理解されており、ユネスコも「子供たちのしつけ」を評価の一つに挙げた▼「泣ぐ子はいねが...
本文を読む

かくも無残に劣化してしまったのか、石垣市議会は。…

 かくも無残に劣化してしまったのか、石垣市議会は。県民投票に反対する意見書の可決のことだ▼玉城デニー知事は27日、米軍のための新たな基地建設の是非を問う県民投票条例の公布を受け、投票日を来年2月24日に実施すると発表した▼沖縄に新たな米軍基地負担を強いることは許されるのか、許せないのか。敗戦から今日まで米軍基地の重圧に苦しみ、基地から派生する絶えない事件事故の恐怖を、この先ずっと甘受するのか、拒...
本文を読む

もうすぐ師走。1年で最も忙しい時期を迎え…

 もうすぐ師走。1年で最も忙しい時期を迎え、街も徐々に慌ただしさが増してきそうだ▼その一方で、1年の締めくくりとして本格的な忘年会シーズンも始まる。各店は料理内容を充実させたり、飲み放題プランを用意するなど趣向を凝らした忘年会メニューでお客獲得に躍起だ▼だが最近ニュースで、予約しておきながら来店しない「無断キャンセル」に飲食店業界が頭を抱えている実情が報道された。材料代に人件費など店側の損害は年...
本文を読む

石垣島への陸上自衛隊配備計画をめぐり、…

 石垣島への陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣市住民投票を求める会(金城龍太郎代表)の署名運動に取り組む若者たちの声が、本紙に掲載された▼自衛隊が「なぜ必要か、なぜあの場所か。市長や議員だけで決めるのではなく、みんなが住民投票を通してよく理解した上で意思を示すほうがいい」。配備先の問題には「周辺4地区の声が届かないし、なんだか4地区限定になっている感じ」と島内の温度差を危惧する▼配備先が四カ字や子...
本文を読む

名護親方作と伝わるいろは教訓歌第1句に

 名護親方作と伝わるいろは教訓歌第1句に「意見寄せ言や身の上の宝 耳の根を開けて肝に留めれ」とある。黄金言葉である▼兵庫県篠山(ささやま)市が住民投票によって市名を「丹波篠山市」に変えることを決めた。「丹波篠山」といえば丹波黒豆などの特産品を誇り、その知名度もブランド力も篠山市民が築いてきたもの。ところが市町村合併により隣に「丹波市」が誕生し、混同されたことから市民も市長も住民投票を選んだ▼自分...
本文を読む

八重山毎日駅伝は石垣島を東回りで一周する…

 八重山毎日駅伝は石垣島を東回りで一周する。だけど、本当に東回り? 伊原間を過ぎると、コースは西向きではない?▼八重山は東西南北という表現を好む土地だ。道順は「石中の東通りから産業道路を西へ」といった具合である▼本土出身の筆者の感覚では、東西南北は、距離のある場所の方角を示すもの。「日本は台湾の東にある」といったスケール感だ▼だから、八重山毎日在職中に同僚から「あんたが使っている机の北側の机に〇...
本文を読む
キーワード検索フォーム