八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

大型で非常に強い台風25号は3日午後9時には…

 大型で非常に強い台風25号は3日午後9時には宮古島の南東海上を時速15㌔で北北西に進んでいる。このままの進路で進むと八重山地方は暴風域を避けられそうだが、宮古島や沖縄本島は暴風となりそうだ▼両地域は先週、台風24号でも被害を受け、特に沖縄本島は、直撃に遭い、南城市で最大瞬間風速56・2㍍を記録。全域で合計20万戸以上が停電するなど大きな被害が出た▼工事業者が一日も早い復旧に全力を挙げ、ようやく...
本文を読む

沖縄にこそ日本の民主主義がある。…

 沖縄にこそ日本の民主主義がある。県知事選で玉城デニー氏が当選したことを受けて先輩や後輩から寄せられた熱い思い▼国家権力が放つ〝アメ〟に揺らぐことなく、不動の信念を持って誇りある平和な未来のために貴い一票を託した県民。危機に直面したときに、ウチナーンチュは底力を発揮するという歴史の教訓を思い起こさせる選挙結果だった▼戦後の沖縄で米国は、強制的に奪った土地で基地を建設する際、事実上買い上げる「軍用...
本文を読む

おぞましい報道にふれて…

 おぞましい報道にふれて気がめいった。先週25日付「離島防衛に超音速滑空弾」「石垣島などに配備か」である▼滑空弾とはミサイルで高高度に打ち上げられ、超音速で攻撃する弾頭という。第三国に離島が占領された場合、日本版「海兵隊」と呼ぶ陸上自衛隊水陸機動団が上陸して奪還する戦略だが、事前に滑空弾で占領部隊を対地攻撃する▼「奪われる島」とはどこか。上陸すれば撃つ、という態勢を整えておくべき島とはどこか。容...
本文を読む

樹齢1000年というアカギの老樹を神木とする廟が…

 樹齢1000年というアカギの老樹を神木とする廟(びょう)が台中市にあり、中秋節の9月24日に恒例の祭事があった。周辺は約6000平方㍍の公園となっており、今年は整備が8月に終わってから最初の祭事となった▼台中市は台湾中部を代表する都市。周辺の市町村を吸収する形で市域を拡大し、現在は人口約270万人を数える。高層ビルの建築や都市交通の整備も進む。2013年、この老樹のすぐそばでも28階建てビルの...
本文を読む

棄権を減らし投票率を上げるための呼びかけ工夫が…

 棄権を減らし投票率を上げるための呼びかけ工夫がなされているが、それで、大きく改善されたという話は聞かない▼選挙期日に仕事や用務がある人を対象に設けられている期日前投票では事由査問が緩くなり、投票率が毎回上昇傾向にあるが、この中に、これまで棄権していた人が積極的に投票してくれるようになったのかは、統計が公表されていないので知る由もない▼立候補者のいずれの公約も納得、同意できないので棄権で意思表示...
本文を読む

「本書を読み通せば、それが新しいどころか、…

 「本書を読み通せば、それが新しいどころか、民主主義のオーソドックスな原理に根ざした、ありきたりで、ごく正道の、新しくもなんともない提案だということが分かると思います」▼「沖縄発 新しい提案」を刊行した新しい提案実行委員会編・責任者の安里長従さん(46)から過日、書籍が送られてきた。そのおわりに、こうつづっていた▼米軍普天間飛行場の代替施設が必要かどうか広く国民的議論を行い、必要と言うなら本土で...
本文を読む

「台風24号はどこに行くのだろう」。…

 「台風24号はどこに行くのだろう」。非常に強い勢力のまま石垣島の南東約700㌔の海上でほとんど停滞している台風24号の進路にやきもきしている人も多いことだろう。26日になってゆっくりと北に動きだしたが、再度停滞する予報もあり、まだまだ動きに予断が許せそうにない▼この時期、県内、八重山では30日に県知事選挙、県議補選の投開票、10月2日に外来診療を開始する新しい県立八重山病院への引っ越し作業が予...
本文を読む

先月の小欄でスマホに熱中する子どもや大人…

 先月の小欄でスマホに熱中する子どもや大人の異様な様子について懸念を示したが、国内の衝撃的な結果が明らかになった▼厚生労働省研究班の調査によると、病的なインターネット依存が疑われる中高生が5年前と比較してほぼ倍増し、全国で93万人に上ることが分かった。中高生全体約650万人の7人に1人当たり、特に女子の割合が高い▼ネット依存とはパソコンやスマートフォンでのインターネット、会員制交流サイト(SNS...
本文を読む

昨夜は十五夜。幻想的な月夜を思い、遠い日の…

 昨夜は十五夜。幻想的な月夜を思い、遠い日の記憶が浮かんだ。満月のもと祈りのある風景である▼わが家は祖父母を早く亡くしたものの曽祖父母が健在であった。お二人が元気なころ、十五夜は庭にゴザを敷きススキとふちゃぎ餅、天ぷらなどを飾り、東天に名月の上がるのを待った▼家族が居並ぶなか、曾祖母が一家の繁栄と家族や親族の健康、平安を祈る願い言葉を低く、小さく月に唱える。祈りを終えると曽祖父と向き合い、願いが...
本文を読む

田舎館(いなかだて)村は青森県弘前市の近く。…

 田舎館(いなかだて)村は青森県弘前市の近く。村の名は一度見覚えたら忘れられない。役場が城造りで屋上に展望台を持つ▼1993年に始めた田をキャンバスに見立て、葉や実の色の異なる稲で絵や文字を作る田んぼアートの元祖村で知られる。絵は食用米、古代米、観賞用米の組み合わせで描く▼二つの会場があり、今が見ごろなので、つがる市の全国凧あげ大会の折、ぜひ立ち寄ってみてと勧められた。田んぼアートは遠近法による...
本文を読む
キーワード検索フォーム