八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

県知事や参院議員として反戦・平和を貫き…

 県知事や参院議員として反戦・平和を貫き、米軍基地問題などに取り組んだ大田昌秀氏が12日、死去した。誕生日を迎え、92歳での旅立ちだった▼太田さんは、沖縄師範学校在学中に学徒動員され、悲惨な沖縄戦で多くの学友を失った。自らも死線をさまよい、追い詰められた住民の無念の死、軍隊というものの徹底した非人間性を思い知らされる▼戦後、一貫して「沖縄戦で生き残って私がはっきり心に誓ったのは、われわれの体験し...
本文を読む

「ギを言うな!」とは、いかにも薩摩風を

 「ギを言うな!」とは、いかにも薩摩風を思わせる戒めことばである。議の字があてられ「へ理屈を言うな」や「言い訳するな」の意で使われる▼ところ変わって南国土佐では「たっすいことをすな!」という。薄っぺら、しょぼい、意気地がない、張り合いがないことをするなという、こちらも豪胆な教訓▼ビールの販売戦略にも用いられ、キリンが「たっすいがはいかんぜよ」と仕掛ければ、アサヒは「こじゃんとうまい」と応戦。「た...
本文を読む

一般人を乗せた自動運転バスが今月25日から…

 一般人を乗せた自動運転バスが今月25日から来月7日まで、初めて石垣島の公道を走る。乗車モニターを募集中なので、早速乗ってみたいと思う▼空港と離島ターミナル間を結び、途中の白保小前バス停、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートバス停で止まる実証テスト▼受託するバス会社に問い合わせたら、完全自動ではなく、ハンドルには触らないが、万一に備えてブレーキ担当の着席が求められているとのこと。高速道路のよ...
本文を読む

「離島でこそインターネットの活用効果は高い」。…

 「離島でこそインターネットの活用効果は高い」。中学卒業と同時に島を離れ、2015年1月に与那国島にUターンしたときの感想だ▼「僕らの中学時代は物を買うにしても石垣や那覇に行かなければならなかったが、今は違う。ネットで購入できる」と情報通信技術(ICT)のありがたさを感じた。同時に、離島でこそ生かさなければと思った▼池間有人さん(32)はことし4月、町教育委員会教育課に採用され、ICTを担当する...
本文を読む

これも今年の「流行語大賞」になりそうな「忖度」…

 これも今年の「流行語大賞」になりそうな「忖度」(そんたく)の一つなのだろうか▼加盟10団体、162社を誇る八重山建設産業団体連合会(米盛博明会長)が先月末の総会で、中山市長を支えるため陸自配備推進で組織としての意思を取りまとめる方針を示したことに疑問や戸惑いが出ている▼自衛隊問題ではかつての同士や友人までが不幸にも賛否で対立するなど、市長の受け入れ表明が島を二分し分断の溝を深めている。それを大...
本文を読む

県は、県花「デイゴ」に深刻な被害を及ぼしている…

 県は、県花「デイゴ」に深刻な被害を及ぼしているデイゴヒメコバチの防除に天敵を利用した生物農薬の実用化に向けた調査・研究を本格化した、という▼ヒメコバチによるデイゴ被害は、2005年5月に石垣島で初めて確認。その後、県内全域に急速に拡大。被害を受けたデイゴの大木が樹皮が剥がれ無残に朽ちていく様が各地で見られた▼これまで、防除には県森林資源研究センターが開発したアトラック液剤を樹幹注入し、各地で高...
本文を読む

石垣市平得大俣東で計画中の…

 石垣市平得大俣東で計画中の自衛隊基地配備をめぐり、周辺4地区の公民館が防衛省の説明会を拒否することを表明した▼まずは、中山市長に対し、受け入れ表明を撤回した上での直接対話を求めている。市長は計画についてこれまでの議会で、4地区と意見交換した上で判断したい旨の答弁をしているが、住民側からするといまだに対話もせずに、配備に向けた諸手続きの開始を了承するという本末転倒の市政運営に不信感を募らせるのは...
本文を読む

ほろほろと落ち、樹下を薄黄色に彩っていた…

 ほろほろと落ち、樹下を薄黄色に彩っていた福木の花も散り終える頃。梅雨明けが近いか。その福木にちなむ昔やいまの言葉遊びを教えてもらった。「とーどぅとーどぅ、のーと(なあに)?」▼その心は真っすぐに天に向かって両手を合わせ、うーとーとぅしている福木の葉。なるほど。「うふゆべま」など、昔やいまの子らの遊びは心豊かだ。まさしくけがれない世界▼言葉遊びがしゃれにもならないのは政治家か。「総理のご意向」で...
本文を読む

台湾の人たちのバイタリティに舌を巻く…

 台湾の人たちのバイタリティに舌を巻くことは少なくないが、遠藤周作の同名作品を映画化した「沈黙―サイレンス―」もある意味そうである。やられたと思った▼主題となっている特定の信仰という枠を超えて、信念や葛藤といった心の内面に迫った作品。映し出される風景に見慣れたものを感じたものだが、エンドロールを見て納得である。ロケ地が台湾だったのだ▼本編でロケ地がちゃんと分かる作品もある。日台合作の「ママ、ごは...
本文を読む

今週は虫歯のない子どもと母親の表彰の…

 今週は虫歯のない子どもと母親の表彰の話題で盛り上がる。8020運動もある。80歳になっても自身の歯が20本も残っているのはすごいことと、これまた称賛される▼誠にお恥ずかしいですが私たち団塊世代は甘党も多く歯が悪い。同窓会で大口を開けて笑うと、銀のかぶせもの、詰め物、差し歯、ブリッジ、入れ歯と多彩な眺めが認められ壮観です▼たまに、奥歯まできれいに並んだ歯を見て「おおっ!、8020候補?」と感嘆し...
本文を読む
キーワード検索フォーム